人気ブログランキング |


来年のバンコク、ローズウッドにカペラと

新世代ラグジュアリーホテル開業の最終フェーズに入りますが・・・


以前宿泊した事のある
昔の高級ホテルも黙って見過ごしている訳ではありません。

いつの間にか改装を終えているホテルがありました。




まずは、みんな大好きスコータイ。

プール沿いにある別棟の客室を、クラブカテゴリーにリニューアルしたようです。(画像は2014年)

e0365419_18552803.jpg





以前の客室は、チーク材がふんだんに使われた内装でしたが・・・

e0365419_18471209.jpg




改装後は少しシャープでモダンな雰囲気に。

e0365419_18470294.jpg




以前の落ち着きを残してはいますが、改装しなくても良かった部分もあるような・・・
??

e0365419_18470274.jpg




そして、改装された客室は高い! これで税抜なので、約5万~ですね・・・

e0365419_18470103.jpg

70㎡のスイートに2万円台で泊まれていただけに、クラブカテとは言え

最新のパークHやWAのスイートより値が張るのはちょっと・・・


しかし飲食に定評のあるスコータイ、クラブラウンジはさぞ素晴らしい事でしょう。



プールもリニューアル、横のテニスコートを無くしてパラソル&チェアに。タイルも全て張り替えていますね。

綺麗ですが、以前のしっとりとした空間は損なわれていないかな・・・??

e0365419_18470156.jpg







チャオプラヤ川向こうのミレニアムヒルトン。

e0365419_18470153.jpg




元々ハード・眺めは素晴らしいホテルですが、客室はちょっとひと昔感がありました。

e0365419_18470150.jpg




しかし全客室を改装、ブルーをアクセントにしたすっかり今風のインテリアに。

e0365419_18553422.jpg




川沿いのコーナースイートも素敵♪

e0365419_18553486.jpg


隣にアイコンサイアムがオープンしたので、買物&食事の選択肢も増えました。

というか、もうサパーンタクシン側に渡らなくても良さそう??

その代わり、客室の半分がリバービューで無くなったのは残念ではあります。


勝手な妄想で申し訳ありませんが、あとはペニンシュラだな・・・

流行りの白やグレー基調のコロニアルテイストに改装すれば、元々のハードが良いだけに大化けしそうです。






こちらは2014年に開業したアドリブ。

スタイリッシュながら、ナチュラルテイストで評価の高いブティックホテル。

e0365419_18471389.jpg




2015年に宿泊した時には2タイプのお部屋しかありませんでした。

オシャレなんですが、少々狭くてステイケーションを楽しむとまではいきませんでした。

e0365419_18470160.jpg




しかしいつの間にか、何処をどう弄ったのか増築したのかは不明ですが、

客室のバリエーションがメチャクチャ増えていました。

e0365419_18471272.jpg


開業して4年で改装は早すぎる
()

『オシャレなんだけど客室つまんないよね』という声が多数上がっていたのかもしれません。



25㎡しか無かったお部屋が、30~89㎡まで様々なカテゴリーに。

内装もストイックなミニマルテイストから、少し装飾的なものに変わったようです。

e0365419_18470212.jpg



全室バスタブ無しだったのに、こんな大きなバスタブがあるお部屋も。こちらのカテゴリーは約2.2万~

e0365419_18470282.jpg

高級ホテルの一番狭いお部屋に泊まるより、同じ価格帯でこんなお部屋も楽しそうです^^






最後に、来月16日開業のニッコーホテル。

e0365419_18471262.jpg




レートを見ると・・・ふぁっ!
お得!?

e0365419_18470193.jpg




このクオリティなのに・・・本当??

e0365419_18471329.jpg


場所がトンローだし、『どうせスクンビットの奥の奥だから安いのよね』

と思っていると、BTSトンロー駅から徒歩1~2分の駅近物件。


何処に行くにも渋滞するバンコク、都心にあるかよりBTSに近い方が重要です。

トンローだけでも今では楽しめますしね^^

他にも今月20日にはハイアットリージェンシーがナナ駅そばに。
2件目のダブルツリーヒルトンがプルンチットの都市高添いにと、バンコクのホテルラッシュはまだまだ続きます。



どこまで追えるかわかりませんが、来年以降はこのあたりのホテルにも泊まってみようと思います。

(スコータイ除く)





.


by hotelogg | 2018-12-21 09:00 | その他 | Comments(6)



BTSに乗ってアーリーまでやってきました。

e0365419_14493576.jpg




今回は、場所を気にせず気になったお店の料理を食べ歩こうという計画。

e0365419_14493542.jpg



既出の飲茶店も含め参考にさせていただいたのは、
続・Weekender Bangkok” というブログ。

情報量が多く説明も丁寧で、最近のバックナンバーを読むだけで、バンコクの食事の予定がすぐに埋まってしまいそう。


駅からほど近い、『
Ongtong Khaosoi』へやってきました。チェンマイにあるカオソーイが有名なお店らしいです。

e0365419_14493513.jpg




小さな店内は、15時過ぎという中途半端な時間にもかかわらず、
お客さんが次々にやってきます。2階席もある模様。

e0365419_14493443.jpg


ちなみにスタッフの愛想は良くないです
()

頼んだ事はやってくれますが無表情、地元客にも同じだったのでローカル仕様なんでしょう。


メニューは鶏・豚・牛から選べるカオソーイの他に、汁無しカオソーイもあります。

e0365419_14493564.jpg

価格はローカルエリアにしてはお高めですが、常に満席なのを見るとそれでも納得のお味という事でしょう。

テーブルにあるマークシートに印を付けて店員に渡します。


ドリンクはレモングラス・パンダンティー(35B) パンダンの香ばしさが少々くどかった・・・
甘いコーン茶を飲んでいる感じといいましょうか。

e0365419_14493483.jpg




『カオソーイ
ムー() 79B』です。美味しそう~♪

e0365419_14493465.jpg




薄切りの豚肉がたっぷり。麺は相変わらずブツブツ切れたものがちょこっと。

具材と麺、どちらが主役なのかわかりませんが、カオソーイは何処でも麺少なめです。おやつや間食向け。

e0365419_14493512.jpg


スパイシーでクリーミーなカレースープですが、

ココナツミルクのせいでしょうか? 後口にはほんのりとした甘味も。


わたくしカオーソーイ経験が少ないので・・・

美味しいけれどわざわざアーリーまで行く美味しさかどうかは判断しかねますが、

綺麗な店内、ローカルに人気のお店で本場チェンマイのカオソーイという話題性はありますね^^




次に、アーリーからやっとこタクシーを拾い川向こうのウォンウェンヤイへ。


ちょっと離れているので高速を使いましたが、チャオプラヤ川を渡ってからが大渋滞。

1時間程度、250Bもかかってしまいました・・・

e0365419_14584557.jpg




BTSウォンウェンヤイからも徒歩15~20分かかりそうな、

外国人など1人も歩いていないどローカル地区にあるパッタイのお店『Pad Thai Narok Taek』にやってきました。

e0365419_14584462.jpg

調理は歩道で。かなりの人気店なので、ここだけテイクアウト待ちの人だかりが出来ています。



カウボーイハットを被ったオーナーが、勢いよくパッタイを炒めています。

e0365419_15005872.jpg





e0365419_14584476.jpg




店先にあるメニューから選んで(タイ語オンリーだけど)、横のテーブルのスタッフにお金を支払い

テイクアウト or 店内食事を伝える仕組みだと思います。

e0365419_14584435.jpg





店員が全然構ってくれないので
(ここもどローカル仕様) 私はジェスチャーで注文・後払いしました。

e0365419_14584521.jpg




十数席程度の素朴な店内です。

e0365419_14584469.jpg


パッタイを炒めるのはオーナー1
人なので、1度に作れる量は決まっています。

そして、店内客より多いテイクアウトの注文・・・



注文を受けたかどうかもわからない混雑した店内と忙しないスタッフ。

料理が運ばれるまでにかなり待つそうで、色々不安だわ~

e0365419_14584550.jpg




と思っていたら、10分ほどでちゃんと運ばれて来ました。
大きめの海老が2つ添えられた『スペシャルパッタイ(95B)』です。美味しそう~バナナの葉っぱが雰囲気ありますね!

e0365419_15035333.jpg




薄焼き卵を破ると・・・もうなにがなんだかわからない
() パッタイも、店によっては麺少なめですよね。

e0365419_15035361.jpg


一口目は辛いと思いましたが、慣れてくるとズバリ一言『濃い』。

美味しいとかマズいとかではなく、味付けが濃いです。それでも大人気なのは、ローカル好みの味付けなんでしょうね。


私が代表するのもなんですが、日本人ならパッタイ・ティップサマイの方がお口に合うでしょう。

都心に支店も出来て、アクセスも容易ですし。


正直、タクシーで市内中心部から往復1000円近くかけて来るのは時間の無駄。

このあたりの雰囲気を楽しみたい方、そう離れていないワットパクナム観光のついでに良ければという感想です。




夕暮れ時、やっと拾ったタクシーもまた渋滞にハマりました・・・

e0365419_15040077.jpg



途中で降りて、BTSウォンウェンヤイ駅へ歩いて向かいました。

e0365419_15040150.jpg




夕焼けが綺麗・・・2日目にしてもう帰国、あっという間だったわ。

e0365419_15040104.jpg





ウォルドーフ・アストリアのスタッフは、『深夜のフライトなら、22時までにスパのサウナをぜひご利用下さい』
と、
大変親切な説明があったのですが・・・

フライトまでは、いつものチョンノンシー路地裏水シャワーサウナへ。

e0365419_15040100.jpg

今回は久々の惨敗・・・2015~16年のスランプを思い出します。
(スポーツ選手かww)

終わりがダメなら全てダメと思うぐらい帰国後もモヤモヤ・・・リスキーだわ。



予想外の、深夜の大渋滞に焦りながらスワンナプーム到着。

もちろん機内食は出ないので、恒例のマンツリでのガイヤーン♪

e0365419_15040045.jpg



免税店に
HARRNのコーナーもあったので、人気のハンドクリームも購入しました。

お値段は755B。市内だと790Bなので免税の旨味少なめ・・・

e0365419_15111555.jpg


以前エンポリで買ったら15%オフだったので、時期によっては市内購入の方がお得かも。


しかし大体この手のお店は、巨大モールやデパートの上層階の奥にある事が多いので、

搭乗時間待ちにサクっと買えるのが便利ですね^^


青い容器のシンボポゴンシリーズは、レモングラスの香り強めで、

塗った瞬間タイのホテルやスパに居る気分に・・・(うっとり)

伸びが良くベタつかないので、私は顔にも塗ります~お風呂上りに塗って寝ると、翌朝しっとりサラサラ肌に。


これにて今回
今年の旅行記は終了です、次回は来年の正月明け連休後の予定です。

今年も1年、お読み下さりありがとうございました^^





.


by hotelogg | 2018-12-14 09:00 | 2018年11月 バンコク | Comments(6)

乾季のバンコク散歩


ウォルドーフ
アストリアを12時にチェックアウト。しかし帰りのフライトは夜中の2時前・・・

ヒマ過ぎる~という事で、ルンピニ公園探索&郊外の人気タイ料理店食べ歩きをする事に。


WAのプールサイドから見える、アナンタラ・サイアムのプールがとても素敵だったので・・・

e0365419_16314708.jpg




今まで風格があるエントランスに気が引けていましたが、お邪魔してみる事にしました。

e0365419_16295884.jpg




エントランスからもうリゾート風♪

e0365419_16295830.jpg




ロビーラウンジは・・・すごいの一言。

e0365419_16295808.jpg


華やかでタイらしくて風格があって・・・新しいホテルばかり泊まっていると

こういう雰囲気に身を置きたくなります。



正面の大階段の壁画は圧巻。

e0365419_16295792.jpg




建物自体は鉄筋コンクリートですが、もうヒストリカルホテルと呼んでいいぐらいですね。

e0365419_16295726.jpg




2階の中庭にあるプールへやってきました。

e0365419_16295790.jpg




いや~絵に描いたような、『バンコクの高級ホテルのガーデンプール』

e0365419_16295773.jpg




周囲は高層コンドミニアムに囲まれてはいるものの、程よく日光も差し込み

なにより今では貴重なガーデンプールなのも素晴らしい。

e0365419_16295898.jpg


やっぱり南国のホテルのプールは、ぐわーんと伸びたココヤシがないと☆



蓮池の奥にはヴィラ棟があります。

e0365419_16295824.jpg




バンコク市内でリゾートを感じたいなら、リバーサイドのホテルでないとダメだなと思っていましたが・・・

都心中の都心でも味わえるんですね。もっと早く気付けば良かった!

e0365419_16295809.jpg




客室も前室改装済みですが、バスルームだけは昔のままでいつも見送ってしまうんです。
(一部改装済みですが、それでもバスルームはパッとしない・・・)

でも来年あたり、プール目当てに予約してみようかしらん?

e0365419_16344351.jpg




乾季といえども、長く外に居ると汗をかくので、ゆっくりと歩きながらルンピニ公園に入りました。

e0365419_16362192.jpg




日本は寒くなったし、ヤシの木に南国の花々、トロピカルガーデンの中に身を置きたいと色々調べてみましたが・・・

やはり気軽に行けて、南国の植栽が濃いのはここになります。

e0365419_16362127.jpg




寛げる場所を探して公園内をてくてく・・・

e0365419_16362167.jpg




芝生寝も気持ちよさそう~でも虫刺されが気になる。

e0365419_16362207.jpg




公園北側はイマイチだったので、南東側にあるいつもの中国風東屋に行こうと思ったら・・・

公園中央側から南半分は、屋台フェスティバルで大賑わい。

e0365419_16362251.jpg




ファーマーズマーケットからタイ料理、衣類や雑貨まで、ありとあらゆる出店がありました。
こんな大型テントがいくつも連なり・・・乾季は雨が降らないせいか、屋外イベント盛りだくさん?

e0365419_16362205.jpg

そういえばこの週末、ロイクラトンだったんですね~知らなかった・・・
オープンしたばかりのアイコンサイアムも、面倒で行かなかった(汗)





気の向くままに食べ歩くのも楽しそうですね♪

e0365419_16362223.jpg




中国東屋も今回は屋台に埋もれ、内部は物置に・・・

e0365419_16362266.jpg


というか、この辺りの通路は全部お店が並んでいて

呼びこみのBGMで鳥の鳴き声も聞こえないし、沢山居るニャンコもどこかへ消えています。


やっとこ、ウィッタユ通り沿いにお店も人も居ないベンチを見つけました。

その代わりすぐ後ろが大通りで車の音がするけど・・・

e0365419_16362321.jpg




そういえば、第四土曜の今日は
SOソフィテルのプール、
Gパーティーだったわよね~まだやってるのかしら?

シャイニーGを気取っていた頃からもう長い事経った今、行く勇気もないわ。

e0365419_16405581.jpg





ベンチに座っていても、2
mmぐらいの極小アリンコがくるぶしを噛んでくるので
小一時間程で公園を出ます。

e0365419_16362354.jpg




ウィッタユ通りをタクシーでサクっと移動して、セントラルエンバシーへ。

パークHでちょっとお願い事をして、EATHAIでお土産を買って・・・

e0365419_16405500.jpg




いつのまにかバレンシアガの大型店も出来ていました。

店舗も服と同様、あえてのLux感を排したデザインだわ~でも欲しい!高い!入れない・・・
おばちゃんバレンシアガのヤッケとDADスニーカーが欲しいの。

e0365419_16405469.jpg




秋の風物詩、ザクロジュースを道端で購入し水分補給(小ボトル50B)

e0365419_16405553.jpg


最近日本で買った、〇ジャータのザクロ
100%ジュースが衝撃のマズさだったので、

親の敵がごとく毎日飲んでいました()






.


by hotelogg | 2018-12-12 09:00 | 2018年11月 バンコク | Comments(0)



おはようございます。久々の乾季滞在、毎日晴れて気持ちが良いです^ ^

e0365419_13513180.jpg




今回も素泊まりキャンセル不可プランを選んだので朝食は有料、『The Brasserie』へやってきました。

e0365419_13513144.jpg




何度見ても、爽やかでエレガントな入口です♪

e0365419_13513124.jpg




e0365419_13513095.jpg




前回はソフトオープンで、ゲストは3組程度でしたが今回は盛況。

ほぼ全てのテーブルが埋まる時もありました。しかし他のお手頃5星ホテルみたいに騒々しさは皆無。

e0365419_13513101.jpg




今回はチットロム方向のテーブルに座ってみました。

e0365419_13513140.jpg




まずは、前回滞在後に気付いて気になりまくっていた、トリュフエッグベネディクト。

e0365419_13551421.jpg




トリュフが薫るリッチな味わい…キャビアも載っています。

しかし凄く美味しいかと言われると…?? トリュフの風味を生かす為か、ソースが薄味なのでそこまでは(笑)

e0365419_13551221.jpg




こちらも次回は絶対組み合わせてみようと思っていた、イチジク生ハム。
(ちなみにザクロとビーツのスムージーは、ビーツ抜きでお願いした方が美味しく飲めると思います。)

e0365419_13551314.jpg




ハモンセラーノ(イベリコもあります)にイチジクを載せ、

切り分けたブルーチーズとコムハニーを付けると・・・うーんワインが飲みたくなるオトナの味わい。

e0365419_13551327.jpg




前回見送ったビーフヌードル、今回は楽しみにしていましたが・・・麺を頼むと、普通の魚団子麺。

e0365419_13551371.jpg


最初はガッカリしましたがスープを口に含んだ途端『美味い!いい出汁でとるわ~』

と唸ってしまいました。流石WAの朝食。



アジア料理コーナーには美味しそうなパッタイや、

e0365419_13551337.jpg




マッサマンカレーもありました。

e0365419_13551326.jpg


そんなに種類は多くないんですが、どれも質が高そうで美味しそうなんですよね~



4年前1度食べて以来、苦手で避けていたマッサマンにもう一度トライしてみましたが・・・

e0365419_13551472.jpg

やっぱり塩気がある料理に、シナモンやナツメグを使う事自体が私の舌に合わないと再認識。

さよならマッサマン、多分人生最後のマッサマン。



余談ですが、WAはマナオの切り口さえもカービング。

e0365419_14000066.jpg





デザートのエッグ系スイーツ、迷っていると

『オレンジキュラソーを使ったフレンチトーストを試してみませんか?』と言われて選んでみました。

e0365419_13595943.jpg

好みの卵液染み染みタイプではありませんでしたが
丁寧に作られたフレンチトーストでした。



カプチーノのラテアートも美しい♪

e0365419_13595929.jpg




フルーツコーナーには、乾季の旬で無い時期にもかかわらず、大きくぷっくりとしたナムドクマイマンゴーがてんこ盛り!

e0365419_14000049.jpg




興奮気味に『マンゴーくだせぇ』とお願いし、冷蔵庫から取り出されたマンゴーは小さい!?

e0365419_14000092.jpg





あの大粒を見た後では・・・と、もう一度取りに行き追いマンしました()

マリアージュフレールのマルコポーロも追加してのんびり・・・

e0365419_14000009.jpg




魅力的なホテル朝食だと、1時間の予定のつもりがいつも90分程度滞在してしまいます。
隣のテーブルなんて、もう2組のゲストが入れ替わりました。

e0365419_13595986.jpg


素敵な空間の中でいただく、質の高い朝食。

お値段もその内容に相応しく、バンコク市内最高額の1236Bとなっております。

パークHの朝食も素晴らしいですが、あちらより800円も高いのね・・・



最後に恒例のお手洗いチェック、さすがアンドレ様デザインだわ~手抜かり無し。
タイのブティックホテル系もこういう雰囲気、じゃんじゃん影響受けていただきたいです。

e0365419_14000094.jpg



これにて2度目のWA宿泊記は終了です。

今回も楽しく快適に滞在出来ました^^







.


by hotelogg | 2018-12-10 09:00 | 2018年11月 バンコク | Comments(4)

e0365419_19203188.jpg




この日は遠出もせず、ホテル周辺で過ごす予定です。
e0365419_19203138.jpg

前回の宿泊はソフトオープン中で、最上階のルーフトップダイニングとバーはまだ準備中でした。

画像を見る限り、どちらも大変フォーマルな雰囲気ですが…1度は見て見たくて伺う事に。

もちろんグリルダイニングはお高いので、バーで一杯のみ。



The Loft』は56階。客室やレセプションからはアクセス出来ず、
一旦地上階に降り、奥の専用エレベーターでアクセスします。
e0365419_19203086.jpg




エレベーターの扉が開くと…わお、ゴージャスかつスノッブ感がハンパない(汗)

e0365419_19203006.jpg




e0365419_19203119.jpg




階下のダイニングとを繋ぐ階段は、小さめながらかなりドラマチック。

e0365419_19203004.jpg




e0365419_19203040.jpg





天井にはパイナップルみたいなシャンデリア。普通のクリスタルタイプでは無いのが、アンドレ・フーらしいこだわり。

e0365419_19203000.jpg




週末の夜、ドレスアップしたハイソーがインスタ用の撮影にいそしんでおりました。

e0365419_19203012.jpg




片側にワインセラーのある、長めのアプローチに期待が高まります。

e0365419_19255661.jpg




アプローチを抜けると、窓際にカウンターのある小さめのコーナースペース。

e0365419_19255454.jpg




e0365419_19255421.jpg




フルハイトの窓からはバンコク市内が一望出来ます。
e0365419_19255545.jpg




奥にはバーカウンターと個室。1人なのでここから奥には入りませんでした。

e0365419_19255560.jpg




奥の個室からは、スクンビット方面が眺められるようです。
重厚な雰囲気ですね〜パークハイアットのバーに似ている気がします。

e0365419_19255546.jpg




私は手前の窓際カウンターで、ホテル名が付いた『ウォルドーフ(529B)』を注文。

e0365419_19294227.jpg

"バーボン・タイバジル・ベルモット・チョコレート・コリアンダー・メープル"

とレシピにはありました。複雑で深い味を想像してしまいます♪


ついカクテルと聞くと、飲みやすいものを想像しがちですが…素人の私にはただのウイスキー。

強い…疲れた体に悪いわ(汗)まだまだ勉強が足りませんね、帰国したら詳しく調べようと思いました。

スタッフも『いかがですか? 強いですよね〜それ。』と(笑)




高層ビルの少ない北西側だし、最初は暗く感じましたが…目が慣れてくるとなかなか華やか。

e0365419_19255519.jpg




セントラルワールド、プラナトゥームと、サイアム方面が見渡せます。

e0365419_19255586.jpg




e0365419_19255624.jpg




渋滞すごい…眺める分には沢山のテールランプが綺麗ですが今回の旅行、
タクシー移動はことごとく渋滞にはまり大変でした。本当に参ったしストレスフル。

e0365419_19260056.jpg




左に視線を移すとプルンチット方面。パークハイアットの上にはお月様。
建物のライティングが、月明かりに反射したさざ波のようで…偶然の光景にイマジネーションも膨らみます。

e0365419_19312201.jpg




こちらのバーですが、入口手前の階段を上るともうひとつのバーがあります。

e0365419_19313133.jpg

スタッフが出てきて扉が開いたので気付きましたが、普段は壁にしか見えない出入り口。
ラグジュアリーホテルによくあるシークレット感が…私が扉の前に立っても開きませんでした。

こちらはシャンパンバーでしょうか?


シャンパンを使ったカクテルは900B〜と、あまりの高さに間違ってこちらに案内されたらどうしましょう!?
とビビっていたんですよね…3万円のホテルはホイホイ予約するのに、3千円のお酒は注文出来ないわたし(汗)



最後に恒例のお手洗いチェック、扉もゴールド。

e0365419_19313008.jpg




やはり素敵過ぎますね♪ 細長いモザイクタイルが効果的。

e0365419_19313070.jpg




気になっていたシーロム方面はこちらから眺められました。

e0365419_19313022.jpg




こちら側が一番高層ビルが多くてダイナミックだと思いますが…少し遠いのでキラキラ感は弱めでした。

e0365419_19313005.jpg

ルーフトップながら、テラスは無く完全屋内タイプですが・・・この辺りでは最高層の56階からの眺めを楽しみました^ ^




ちなみに前回は気付かなかったのですが、地上階のラチャダムリ通り沿いに、

創作タイ料理のファインダイニング『Front Room』があります。

e0365419_19392384.jpg




入口はコンシェルジュデスクの奥だし、窓面は植栽で囲まれており気付きにくいです。

営業は夜のみ、コース料理は2354B~

e0365419_19392404.jpg




お食事された方のレポを見ると、なかなか興味深いプレゼンなのですが、やはり1人では気が引ける雰囲気で・・・

e0365419_19392483.jpg




近くのゲイソンプラザには、話題の『Paste』なんかもありますし、

一度は最先端のタイ ガストノロミーを試してみたいんですが(涙)

e0365419_19452115.jpg




前回は見ていなかった、夜のプールも撮影に。
e0365419_19405475.jpg




スパ・フィットネスエリアの夜も素敵です♪
e0365419_19405478.jpg




夜のプール、予想より雰囲気が良かったです。
e0365419_19405435.jpg




なにより、他のゲストが居ないのが落ち着けますね~
e0365419_19405402.jpg



連れがいた場合、お出かけ前のナイトプールなんか楽しそうです。
e0365419_19405433.jpg





夜のコーナースイートも素敵です。
e0365419_19452177.jpg

こんな広めで豪華なスイートに宿泊するのは今年で最後、今年も頑張りましたし楽しみました。
おやすみなさいzzz






.

by hotelogg | 2018-12-07 09:00 | 2018年11月 バンコク | Comments(0)

WAの周囲を探索


WAステイ中、小腹が空いた時の為に買い出しへ。


今まで気にも留めなかった隣のペニンシュラプラザにスーパーがあると知り、

初めて中に入ってみました。

e0365419_09044077.jpg

大きな吹き抜けの、年季は入っているけれどエレガントな雰囲気。

内部はアンティークショップやテーラー、宝飾店などが入っていますが・・・

上階は空き区画も多く寂しい印象です。お客さんもほとんどいません。



吹き抜け中央の『
Mai Mai』というカフェレストランは、

ボートヌードルと呼ばれる牛肉麺が有名みたいです。

e0365419_09044049.jpg

他にも代表的なタイ料理が揃っており、典型的な外国人観光客&地元ハイソー向けの店という感じ。

都心でゆっくり食事したい方はここは良さそうですね^^



ところで、スーパーが見当たりません。エスカレーターを上がったり下がったりぐるぐる・・・

『疲れた~多分閉店したのね帰りましょ』と外に出ると、

ラチャダムリ通り正面に独立した入口でありました。地味すぎ()

e0365419_09044042.jpg



ゴールデンプレイス、広さは大型のコンビニ程度なんですが、

青果からお菓子・飲み物など意外に種類豊富。立地上高品質のものしか置いていない雰囲気です。

お土産向けの商品も結構ありました。しかも24時間営業!

e0365419_09043997.jpg




時期外れですがマンゴーもありました。

しかし緑色で固かったので見送り・・・ソムタム用じゃないわよね??

e0365419_09043940.jpg




という事で、パック入りのカットマンゴーとチャーンソーダを購入。

e0365419_09043905.jpg

マンゴーはこんなに入って65B♪
と口に運ぶと・・・うーんそんなに甘くない。

多分ナムドクマイ種ではないマンゴーですね。



WAのコーナースイート、大変気に入りましたが午後からは西日が凄い・・・
折角見晴らしが良いのにカーテン無しでは過ごせません。

e0365419_09044894.jpg



遅いランチに、WAのルームサービスでアボカドチキンサンドを注文しました
(529B)

e0365419_09043928.jpg

マンゴーを買ったのでジュースはいらないと言ったのに、

なんとサービスでフレッシュオレンジジュースを付けてくれる・・・す、すみません(感謝)

もーこれだけでWA好きになりそう。



Lux
ホテルメイドらしい繊細な盛付け、お味は濃いめ。

フレンチフライもチーズとパセリが振り掛けられていました。

e0365419_09043929.jpg

サインドイッチのアボカドをカーペットに落としてしまい、緑色のシミが・・・

やだ、アンドレ様の素敵空間を汚してしまいました()


水を付けたティッシュで拭いても完全に取れず・・・

チャーンソーダを垂らしナプキンで叩いたら綺麗に取れました!

ついでに近くのケチャップらしきシミも取りました() 炭酸スゲー♪




2回目の滞在も満足ですが、
Luxホテルにしてはんん~??という所もあります。


これはバンコクというかアジア各国に言える事でしょうが、

アプローチの地面、白いタイルが既にシミだらけ。

ホテル利用者しか通らない歩道が、何をどうすればこんなに汚れてしまうのか疑問です。

e0365419_09062230.jpg

真ん中の客室エレベーターは既に傷あり。

また内部にシートを貼って、非常用スピーカーの穴を通すためにシートを切り欠いでいるのですが、

ありえないぐらいキザギザ(フリーハンドで切っている)


またある時は、廊下にドアストッパーと水のボトルが落ちたままでした。


まぁ普通に過ごしていれば気にならないですが・・・

バンコクで一番の最新Luxホテルを目指すなら、改善は必要ですね。



夜の街へお出かけ。うーん道路沿いのコーナースイート、カーテンが無いとバッチリ見えますね。

e0365419_15562251.jpg




夕食は近くのセントラルワールドへ。金曜の夜、街はクリスマスイルミネーションが華やか。

e0365419_15522345.jpg




このエリアでひときわスタイリッシュなゲイソンプラザ。

e0365419_15522372.jpg




今年新館のゲイソンビレッジが出来て、イルミネーションもパワーアップ。
なんとパンピューリのスパ銭(笑)もあるとか・・・

e0365419_15522264.jpg



e0365419_15522273.jpg




バンコクを初めて訪れたのは10年前ですが、オシャレ度の進化が凄いです。

e0365419_15522294.jpg




タイに興味無い人・海外旅行しない人は、未だに東南アジアの発展途上国のイメージのまま。

でも何度も訪れる私にとっては、流行を吸収する・大都市の洗練を楽しむ街になりました。

e0365419_15522268.jpg




セントラルワールド前の広場は、大変賑やかなイルミネーション。

e0365419_15522212.jpg



雨季の時期とは大違い、毎日がお祭りのようです。

e0365419_15522353.jpg



e0365419_15522354.jpg




夕食は3階の『タリンプリン』へ。閉店1時間前に行くとガラガラでした。

途中で片付けが始まって焦る・・・

e0365419_15584241.jpg



ライチティーは97B。
e0365419_15584177.jpg




シーフードと豚のひき肉・キノコのヤム
(128B)

e0365419_15584229.jpg




この手の味付け
(酸っぱ辛い)にしては料理が暖かいです。食材も良く、外国人にも食べやすい味付け。

e0365419_15584248.jpg




ご飯ものは鉄板のカニチャーハン『カオパップー』
(165B)

e0365419_15584209.jpg


やはりこちらのお店、メニューも豊富で外国人にも食べやすい味付け。

しかしこの手のお店(ちょっと相場より高くて上品なタイ料理店)、バンコク市内で増えていますね。

どこを選べば良いかわからないけど、きっとどの店もそれなりに美味しいはず。



ホテルへの帰り・・・3年前のあの事件当日にバンコクに居て、

BTSから現場も見てしまったせいか、未だに足早に通り過ぎてしまうエラワン祠。

e0365419_15584268.jpg

今では何事もなかったように賑わっていますが、私が立ち止まれるのはまだまだ先になりそうです。





.


by hotelogg | 2018-12-06 09:00 | 2018年11月 バンコク | Comments(4)



初めて宿泊した、前回のキングデラックススイート。

e0365419_13331779.jpg




e0365419_13331772.jpg




レイアウトもバスルームも素敵でしたが…スイートにしては狭めなのと、開放感に欠ける眺めが気になりました。
e0365419_09231066.jpg



視界が開ける、ロイヤルスポーツクラブ側のアストリアスイートは広過ぎるし…
と自分を納得させておりましたが…

e0365419_15244622.jpg




飛客茶館の投稿で、ラチャダムリ通り側にも同カテゴリーのスイートがある事が判明。もぉ〜早く言ってよ!
e0365419_09231016.jpg

しかしあちら側は広い上級スイートだけのはず…どうやら、低層2〜3フロアに数室あるみたいなんです。
しかしつい最近まで、この客室は公式HPでも画像や説明はありませんでした。


前回、デラックススイートでラチャダムリ通り側の客室があったらいいのにと思っていたので、
ホテルHPのライブチャットで問い合わせ。


『11月に再泊予定ですが、ラチャダムリ通り(BTS側)にもスタジオスイートありますよね?』


『確かにございますが、ご予約はお電話にて対応致します』


えっ
そんな特別なお部屋なの?? 数も少ないし、上級会員UG専用に隠しているのかしら?(被害妄想w)


『英語が上手く無くて電話はちょっと…』


『それなら直接ホテルフロントへお越し下さい』


『いや、日本からなんです』


と長々とやりとりして、どうも確証が得られないので今度は画像も添付してダイレクトメール。

e0365419_09231080.jpg

直ぐに返事が来て、『一旦公式HPで予約した後、その旨をメールでお伝え下さい』との事。

いやー心配だわ…ただでさえ少ないカテゴリー。前回と同じ向きに案内されたらどうしましょ??



バンコク出発前に何気なく公式HPを開くと…希望の客室が、
デラックススイートからコーナースイートに名を変え新カテゴリーとして表示されているでは無いですか!


e0365419_09313775.jpg



10月の予約時点ではデラックススイートなので。『カテゴリー違いますから〜』
とリクエストは却下され、前回と同じ向きの部屋に案内されたらたまったものではありません。

『ラチャダムリ通り側のデラックススイートをリクエストしていましたが、名前とカテゴリーが変わりましたね。
差額は支払いますので確約をお願いします』
と慌てて再メール。すぐに返事が来て、既に押さえているとの事。

追加料金は痛いですが588Bとそこまで差額は無かったので、安心してホテルへ向かった方が良いですよね^ ^


そんなこんなで、予約に大変な労力を使った客室。その分期待が高まります♪
e0365419_10152283.jpg

今ではコーナースイートとしてサクっと予約出来ますが…
開業してしばらくは、部屋カテゴリーが変動する高級ホテルは珍しくありません。



コーナースイートは、ラチャダムリ通りに面して、低層階にワンフロアあたり2部屋。
e0365419_10152261.jpg




扉を開けると広めのホワイエ。
e0365419_09230979.jpg




横にはリビング用のトイレが。
e0365419_09371606.jpg




e0365419_09371503.jpg





これですこれ! 1人滞在には丁度良い広さのリビングルーム。
e0365419_09230977.jpg





e0365419_09404986.jpg




HPでは90㎡と表記されていましたが、こちら側は建物平面の形状からして70〜80㎡程度でしょう。
90㎡は、隣接するエラワン廟側 (上に載せたレイアウト)のコーナースイートだと思います。
e0365419_09401837.jpg




コーナールームながら、カーテンを開けると生地が溜まり眺めは一方向になってしまいますが…十分開放感のあるリビング。
e0365419_09412538.jpg





このカテゴリーは、客室6〜15階のなかの低層階のみ。
今回は7階だったので、正面は大通りを挟み向かいのビルビュー。
e0365419_09413831.jpg




視線を左に移せば、ロイヤルスポーツクラブ越しのシーロムエリアのスカイスクレーパー。
e0365419_09414558.jpg



e0365419_09413965.jpg





目線のすぐ下をBTSが走り抜けます。
e0365419_09413866.jpg

車内から丸見えかなと心配になりますが、昼間は窓が反射するし、BTS車両の窓自体にも網掛けシートが貼ってあるので、
そこまで気にしなくて良いと思います。


ただし大通り沿いのせいか、車の音やサイレンは結構響きます。静けさを求めるなら、建物反対側が良いでしょうね。

窓のスクリーンは、自分で調整出来る以外に、ホテル側で時間帯によってコントロールされており、
昼間は部屋に入ると自動で開き、夜は閉じたままです。




備品や設備、アメニティは前回紹介したので省略します。
e0365419_09420709.jpg




相変わらず素敵なミニバー♪
e0365419_09420730.jpg




前回と違ったのは、ウェルカムフルーツ以外に美味しいバナナチップスが置いてありました。
e0365419_09413024.jpg




e0365419_09295658.jpg






リビングを進み奥を曲がるとベッドルーム。
e0365419_09463673.jpg





e0365419_09574114.jpg





e0365419_09574130.jpg




眺めはペニンシュラプラザ屋根越しの、アナンタラとセントレジスビュー。
e0365419_09574172.jpg




窓側に足が向く配置で開放感抜群。開放的過ぎるせいか、
夜になるとベッドルームのみカーテンが一括開閉出来なくなります。開けたい場合は、ベッドサイドのタブレットで。
e0365419_09574064.jpg





iPhone
ドッグ付の時計はベッドルームのみ…
e0365419_09574037.jpg

かと思っていましたが、リビングのデスク横にBluetoothのスイッチがあるし、
MyAwayというアプリをスマホでダウンロードすれば、テレビモニターとスマホをミラーリング出来ます。

でもねー繋げても音が出ないのよ…ハイテク過ぎて使い辛いわ(泣)



ベッド下のカーペットは床に埋め込まれています。パターンも上品だし、タイアンティークを意識したフローリングも凝っています。
e0365419_09574095.jpg





ベッド脇にクローゼットの入口。
e0365419_10015828.jpg





間口が狭いのでカメラに収まりませんが、横長のスイートに相応しい大きさです。
e0365419_10015813.jpg





e0365419_10015717.jpg






ベッドルーム奥にバスルーム。
e0365419_10015792.jpg





入口の正面向こうにバスタブ、両脇にトイレとシャワーブースと、シンメトリーを強調したレイアウト。
e0365419_10015782.jpg





e0365419_10015729.jpg





e0365419_10015799.jpg




バスタブは東側のデラックススイートに比べ、スタンダードルームと同じ形と大きさです。お湯はすぐに溜められます。
しかしこのクラスのホテルなのに、バスソルトは見当たりませんでした。
e0365419_10015898.jpg





洗面台もベッドルーム側の壁にシンメトリーな配置。
e0365419_10015843.jpg





ダブルシンクより特別な感じがしますよね^ ^
e0365419_10015802.jpg





前回は使えなかった、浴室のモニターも作動しました(笑)
e0365419_10063870.jpg



前回も載せましたでしょうか・・・? 凝ったディティールが素晴らしい。
前回のKLはやっつけインテリアばかりだったので、アンドレ・フー氏のこだわりに再び酔いしれてしまいます。
e0365419_10063817.jpg



シャワーブースはスイートなのに相変わらず普通サイズ。
ビューバスというかビューシャワー、本当に窓際に立つことになるのでブラインドは必須です。
e0365419_10063984.jpg





トイレタリーは、小さめ30mlのチューブが2セット。前回は50mlが1セットでした。
e0365419_10063902.jpg





洗練されたインテリアもさることながら、スイートならではのレイアウトに惚れぼれ。
これが自宅だったらな〜と想像しながらしみじみと眺めてしまいます。
e0365419_10114109.jpg




ここで一瞬を過ごす事は出来るけど、自分のものでは無いもどかしさよ…
e0365419_10063856.jpg


バンコクのど真ん中で立地最強、最新ラグジュアリーホテルのスイートにしては4万前半〜とお手頃。
思う存分ステイケーションを楽しめました^^

今回の予約は、ヒルトンのラグジュアリーブランドはポイント3倍キャンペーン中でした。
たった1泊で一気に12000Pゲット♪
少なすぎて眠っていたオナーズポイント、DTスクンビットに無料宿泊出来るぐらいには貯まりました♪








.


by hotelogg | 2018-12-04 09:00 | 2018年11月 バンコク | Comments(2)



バンコク2泊目にして最終泊のホテルは、ウォルドーフアストリア。

e0365419_18590075.jpg




8月のソフトオープン時に宿泊したばかりですが・・・エディションは開業中止だし、
お部屋選びに心残りがあったので早々にリピート滞在。

e0365419_18590055.jpg




そうでなくとも、モダンでエレガント。
今現在のラグジュアリーテイストのお手本のようなインテリアは、何度でも泊まりたいホテル。

e0365419_18590150.jpg



もちろんチェックイン前の対応も前回のまま、素晴らしい流れです。

e0365419_18585908.jpg



…と言いたいところですが、ベルボーイは私が外国人宿泊者と思っていなかったらしく、
タクシーから降りても挨拶のみ、チェックインを告げて初めてエスコートしてくれました。

e0365419_18452544.jpg
『えっ日本人ですか? 見えね〜』と言わました(笑)



今回も、11時半頃到着しダメ元アーリーチェックイン。

e0365419_18590143.jpg




しかしお部屋は空いていたみたいです。
また何度もお部屋のリクエストを行なったので、スタッフには伝わっていたらしく、
『眺めの良い素晴らしい客室ですよ〜』とスムーズに手続きは進みます。

e0365419_18452539.jpg




ウェルカムドリンクはバタフライピーですが、前回と同じくジンジャー風味強め。急いで飲み干したら
『もう一杯いかがですか?』と言われて恥ずかしい…

e0365419_18590024.jpg





前回より早めに客室に入れました。

e0365419_18590012.jpg



天気も良いので、撮影を終えてすぐに水着に着替えプールへ。

e0365419_19063267.jpg




e0365419_19063247.jpg



e0365419_19080108.jpg



e0365419_19080565.jpg




厚手の生地で裏起毛なので暑いですが…(バンコクでこの厚さ必要?)

グレーのバスローブは外に出てもあまり恥ずかしくなく良いですね。

e0365419_19152696.jpg




前回は曇り空でしたが、今回は晴れ。

e0365419_19071850.jpg




正式開業してゲストも増えましたが、プールサイドは多くても常時3組前後。

e0365419_19063244.jpg




ちょうど先端の水上デイベッドが空いたので、軽く泳いだあとはこちらで軽く仮眠zzz

e0365419_19063329.jpg



e0365419_19063349.jpg



乾季のバンコク、晴れの日が多いのは良いですがプールの水が冷たいのが残念。

しかしこちらのプールは温い(笑)ガシガシ泳げます。前回は気付きませんでしたが塩水でした。

e0365419_19063370.jpg




寒さが厳しくなってきた日本を離れ、つかの間の夏気分♪
e0365419_19063338.jpg






.


by hotelogg | 2018-12-03 09:00 | 2018年11月 バンコク | Comments(0)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31