人気ブログランキング |


あけましておめでとうございます。

今年はどんな街に行き・どんなホテルに泊まるんでしょう?
年始早々、暖かいタイなんかに行ってみたかったんですが、タイミングを逃してしまいました…
という事で今のところGWまで予定はありません。

GWは、一応香港往復のエアは押さえました。
連休真っ只中でも、香港エクスプレスなら1.7万円!日本が高いなら、香港から出発すれば良いじゃなーい♪
まぁ、5月頭は東アジア中が連休なのでホテル代高騰の心配はありますが…

今まで様々なホテルに泊まり、私が予約出来る範囲ではそうそう心躍るホテルも見付けにくいですが、
GWに行ってみたいホテルをピックアップ。
一年に一度の長期旅行ですから、気軽に行けるシティタイプよりリゾート地が良いかな〜??

JWマリオット フーコック (ベトナム・フーコック島)
e0365419_16442277.jpg
ベトナム最南端の島に昨年開業しています。
ダナンのインターコンチネンタルで大成功を収めた、ビル・ベンズレーデザイン。


いつものごとく、ロビーや客室は独特のコロニアルスタイルが素敵過ぎるんですが…
e0365419_16442158.jpg


何故か、大学がテーマというランドスケープデザイン。
e0365419_16442204.jpg



ハリボテ感&ベトナムの成金感漂う色とりどりの客室棟が並ぶ様に『げげっ! ないわー(汗)』と思ってしまいます。
これで高級リゾートホテルなんて…と。
e0365419_16442281.jpg




しかし、ベトナムの古い街並を再現したような施設は楽しそう♪ 引きで見るとケバめですが、細部はやっぱり素敵です。
e0365419_16442301.jpg




こういう施設には、全部お店やダイニングが入っているのかな??
e0365419_16442302.jpg




客室はベトナムにしてはお高めで約5万〜。いいなと思う部屋は上級カテゴリーでさらにお値段アップ↗︎
e0365419_16442138.jpg




おお〜この部屋すげぇ!と思ったらスイートだし…
e0365419_16442201.jpg


【泊まってみたい点】
・ビル・ベンズレーワールドに浸れる。
・敷地が広く、飽きなさそう。

【気になる点】
・フーコック島までのアクセスが良く無い。
(国内線が充実のベトナム航空、最近は高いし、バンコクからもLCCは無く行くまでが高くつく)
・飛客茶館の投稿頻度が多いことから、C国人率高めの予感。




アリラ ヤンシュオ(中国 桂林)
e0365419_16460023.jpg
中国は桂林にオープンしたばかり、砂糖工場をリノベーションしたパブリック棟と
背後に広がるカルスト地形の山々が独特の雰囲気。



客室は55平米で約28000円〜、アリラだけにスタイリッシュなインテリア。
e0365419_16460038.jpg


こういう工場リノベーション系ってインダストリアルテイストが強過ぎて、見る分にはカッコ良いけど泊まるには…
という印象ですが、こちらはラグジュアリーさや新築の清潔感も十分に感じます。

こちらの宿泊レポ見てみて下さい。周囲の風景や工場跡の雰囲気を壊さず、それでいて新しい。
中国の山間リゾート系で惹かれるものはあまり無かったのですが、ここは訪れてみたい。


【泊まってみたい点】
・建築、インテリアデザインが素晴らしい。
・中国有数の景勝地、桂林は未訪なので行ってみたい。
・意外に宿泊料金が高くない。
・香港から割と近い(キャセイ直行便ありで安心)

【気になる点】
・市内からかなり離れている。どうやって行くの?? 三亜でもドキドキだったのに山奥なんてどうなるのよ!?
 (何度訪れても、中国の初めての街は緊張するのです…)





ローズウッド ルアンパバーン(ラオス)
e0365419_16442132.jpg



中国資本になりアジア地区急展開中のローズウッド、総ヴィラタイプのホテルを2018年第一四半期に開業予定です。
このパースを見るだけで、絶対に素敵な雰囲気なのがわかります。
e0365419_16442190.jpg
2015〜16年にかけて、色々巡った東南アジア、ラオスは最後の未訪国という事で(ミャンマーは…まだ興味持てません)
ずっと行ってみたい所でもあります。

【泊まってみたい点】
・地域性の強そうなデザイン。
・ルアンパバーンに行ってみたい、バンコクからならアクセスもしやすい。

【気になる点】
・総ヴィラタイプだけに、プーケットのように1泊7〜8万円の予感…
・アナウンス通り開業するとは思えない。




ローズウッド三亜(中国 海南島)
e0365419_16461047.jpg
昨年宿泊したエディションと同じ海岸線に、昨年秋開業したばかり。
ビルディング棟とヴィラがあり多彩な客室タイプから選択出来ます。

ビルディング棟なのに、バルコニーにプールが付いているお部屋なんかもあります。
ゆとりある敷地と客室、お手頃な料金が魅力の三亜リゾートホテルですが、デザインが雑然としているホテルが多いのも事実。
こちらはスッキリとしていて統一感があり、エディションに続くモダンスタイリッシュ系として期待が持てます。


客室は60平米から、料金も2万前半〜とお手頃♪
バスタブの配置以外はインテリアに目新しさは無いですが、落ち着いた色合いでモダンな雰囲気。
(ローズウッドって、インテリアでそんなに冒険しないという事が最近わかりました)
e0365419_16460956.jpg


ビルディング棟屋上のプールも気持ち良さそうです。
三亜の新しいホテル、パークHといいエディションといい、シティホテルみたいなテイストを持ち込むのが流行っているんでしょうか?
地上に十分大きなプールがあるのに、贅沢ですよね^^


【泊まってみたい点】
・ソツの無いモダンなインテリア、多彩なプール
・安い

【気になる点】
・去年行ったばかりで新鮮味が無い
・中国のLuxホテル、宿泊料は安いのに食事代が高い


毎年隔絶系リゾートホテルに行くたび 『夜はする事無いし1人は浮くし、しんどいな…』と思うのに、
時間が経つと好奇心が勝ってしまいまた妄想→実行パターン(笑)

WAやエディションがGWまでに確実に開業していれば、バンコクでも全然問題無いんすが…
航空券は早めに押さえないといけないし今年も悩ましいホテル選び。
こうやって色々悩み迷える自体を楽しまないといけないにかもしれませんね^^









by hotelogg | 2018-01-01 09:00 | ホテルトピック | Comments(17)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31