人気ブログランキング |

万象城購物中心(Mix-C Mall)


パークハイアット杭州に隣接するMix-cモール(万象城購物中心)。
その規模・テナントの充実度・高級感のあるデザインから、杭州で一番グレードが高いショッピングモールです。
e0365419_15231892.jpg

テナントはラグジュアリーブランドから無印、ファストファッションまで幅広く。
多くの飲食店(高級系からファストフードまで)や食品スーパー、映画館からスケートリンクまである巨大施設。


ホテル外で食事や買物をしたいなら、まずはこちら。
というか、こちらしか選択肢は無いし、余程の事が無い限りこちらで全て用が済んでしまいます(笑)
e0365419_1524524.jpg




モールの周囲はオフィスやレジデンス棟、中国らしからぬ洗練された街並み・・・と言いたいところですが、
最近ではどの街もこのぐらいの風景は当たり前になってきました。
e0365419_15242959.jpg




杭州では2軒目のアップルストアも隣接。
今や世界的にこの店が在る事が、一流ショッピングエリアである証明みたいな存在に。
e0365419_1526067.jpg




モールの中に入ると、春節前で催事が無いせいかガラーンとした広い吹き抜け。
やたら床が磨き上げられている事が強調されます。
e0365419_15285395.jpg




巨大なので、適当に歩いただけでは目当ての店は見つかりません。
各所にある案内パンフや、タッチスクリーン式のインフォメーションが頼りです。
e0365419_15292311.jpg




柱までファッションショーの映像が・・・
e0365419_1530466.jpg




初日は、買い出しに地下2階の 『Ole』 という高級スーパーに行きました。
地下2階は中央部分が駐車場なので、適当に下りると迷います(笑)
e0365419_15303341.jpg




日本人でも安心して買物が出来る、綺麗で高品質のものしか置いていないスーパー。
皮肉な事に、生鮮・日配以外はほぼ全てが輸入品ですが(笑)もちろん値段は高く、日本のデパ地下並みかそれ以上。
e0365419_15305247.jpg




ただホテル内よりはかなりマシなので、お菓子やドリンク・ワインを買いこみます。
e0365419_15312381.jpg




しかし中国、ワインは高いです。お手頃な銘柄は日本の2倍近くしますね・・・
e0365419_15313849.jpg




綺麗な店内、欧米や日本製品が並ぶ店内。安心だわ〜とブラブラしていると、
思い切り人前で鼻をほじりながら歩くうら若き女性店員(笑) ここが中国である事を思い知らされます。
e0365419_15333243.jpg




こちらのモール、地下鉄駅やパークハイアットとも地下一階の通路で繋がっています。
ただこれが、初めてだと非常に見つけにくい。
地下鉄へ向かう通路の途中にこんな地味な ''酒店" の看板が。
e0365419_1534582.jpg




従業員用の連絡通路入口みたいな、地味な扉を開けると・・・
e0365419_15342010.jpg




ビシッと決まったラグジュアリーホテルのエレベーターホール。隠し扉みたいで冒険気分(笑)
このエレベーターで1階に上がればホテルのグランドフロアです。
e0365419_15344116.jpg




ホテル側からは、このバンケット入口エスカレーターの横を抜ければ先程のエレベーターに、
地下1階に降りるとモールに出ます。特に案内サインも無いので、真剣に探さないと気付かないんです。
e0365419_1535811.jpg




それにしても、この天井照明も凄いですね。
e0365419_15352169.jpg




綺麗で大きなモールが隣接していれば、中国でのホテルステイも安心です。
ホテル朝食がイマイチだったので、次回宿泊時は、地下1階モール入口付近にある韓国系の
『TOUR les JOURS』 でパンを買ったり・・・
e0365419_15363372.jpg




スタバでカプチーノを買って、部屋で飲もうかなと思いました。
e0365419_15365125.jpg






by hotelogg | 2017-01-31 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(0)

西湖の畔を探索


3日目の朝、ようやく太陽が見えました。前日までの雨で大気も比較的クリアに、早速西湖観光に向かいましょう。
e0365419_9363162.jpg




杭州といえば西湖、街の中心に位置する湖です。
e0365419_1174181.jpg

中国有数の観光名所になった理由は、湖の周囲に寺院やお屋敷など沢山の名所がある事。
東側には中心街が控えておりアクセスしやすい事。西側は自然が豊かな山々が連なり美しい眺めだという事でしょうか?

そんな性格もあるせいか、今までの杭州のラグジュアリーホテルは全て景観地区の中にあるリゾートタイプ。

湖畔にフォーシーズンズ、山奥にアマン。北西の湿地帯にバンヤンツリー。
それらは全て1泊6万~10万。もちろん手が出ません・・・


今回の探索ルートはこちら、湖畔の南側から繁華街まで歩き、地下鉄でホテルへ帰るコース。
パークHから長橋公園までは、タクシーにて渋滞無し15分、27元。
e0365419_9391344.png




地下鉄でも湖畔に行けるのに、何故わざわざタクシーを使ってここまで来たかというと、
湖越しの霊峰塔を間近で眺められる場所はここしか無いから。
e0365419_9394596.jpg




さらに湖畔沿いに橋が張り巡らされており、景観を豊かにしております。
e0365419_9395950.jpg




e0365419_9401137.jpg




霊峰塔自体は鉄筋コンクリート造らしいのですが・・・いや~絵に描いたような中国の風景。
e0365419_1183962.jpg




ここからは特に見どころも無く、ひたすら湖畔沿いの遊歩道を歩きます。茶館も点在しております。
e0365419_9404993.jpg

所々に警官が立っているし、防犯カメラもかなりの数が設置されているので治安も問題無いでしょう。
さすが中国有数の観光地というか、プライドを感じます。



湖の周囲は、周遊カートが走っており好きな所で乗り降り出来るようです。
ただ、降りて乗る度に料金を取られるせいか乗車している人はまばら。
e0365419_9421644.jpg




タクシーに乗っている時から感じましたが・・・昨日からの雨で埃が洗い流されたからかもしれませんが、
杭州の中心街と西湖の公園はかなり清潔で良く整備されています。
e0365419_9423612.jpg




北京の冬は埃っぽいし、昔の上海は白いスニーカーを履いて外出すると、ソールが真っ黒になったもの。
杭州は中国らしからぬ清潔感、日本とそう大差ない・・・ですが、たまに痰を吐く人が居るのは相変わらず。
e0365419_11152814.jpg




西湖の周囲は、様々な彫刻を施したり、変化を付けた貼り方の敷石で埋め尽くされています。
e0365419_9432930.jpg




真冬なのに芝生もフサフサ、青々と・・・本当に感心しました。
e0365419_9434770.jpg




湖は、渡し船が色んな場所から出ております。
e0365419_9441610.jpg




e0365419_9443721.jpg




なんとなく料金はわかる・・・?
e0365419_944464.jpg




こちらが遊覧船の料金表、一応参考までに撮影しておきました。
e0365419_945014.jpg




公園内には寺院もありますが・・・有料なので入らず。
もう中国の歴史的建造物、割と飽きてます。今は風景として見れたら満足。
e0365419_9452469.jpg




市内中心部が見えてきました。湖畔まで市街地が迫っている様子がわかりますね。
e0365419_1091788.jpg




対岸は丘や山々が連なります、フォーシーズンズやアマンはあちら側。龍井茶の茶畑もあります。
e0365419_10105584.jpg




点在する茶館もオシャレな外観です。中国だからお得に楽しめるというわけでもないらしく、
ポットで1000円ぐらいするみたい・・・観光地価格ですね。
e0365419_9541222.jpg




だいぶ市内中心部まで歩いてきました、こちらも西湖の名所のひとつ 『金牛出水』 。
e0365419_9492044.jpg




湖が干れそうになると、湖に棲む金の牛が水を吐いてくれるという言い伝えがあるとか・・・
e0365419_952785.jpg




市内中心部の湖畔沿いには、『西湖天地』 という飲食店を集めた施設があります。
e0365419_9553385.jpg




公園内に、昔の建物を再現したレストランやカフェが点在。こういう店は観光客も利用しやすいですね^^
e0365419_957126.jpg




西湖天地を抜けると、一番人が集まる繁華街に接するエリア。老人が集い・・・
e0365419_9582823.jpg




カラオケ集会や、
e0365419_9584694.jpg




ダンス集会。中国の公園、こういう人の賑わいは本当に面白いし、皆さん元気で楽しそう。
e0365419_102837.jpg




夏になれば美しい花を咲かせる湖畔の蓮も、今は枯れた茎のみ。
e0365419_1063131.jpg




あの遊覧船・・・さすが中国(笑)
e0365419_1072020.jpg




散歩を終える頃、岸辺に到着していました。
e0365419_108187.jpg




余談ですが我がまち福岡の大濠公園は、こちら杭州の西湖を模して造られたらしいです。似てますか・・・??
e0365419_10251886.jpg




確かに公園のデザイン(中央に大きな池・中国風の橋・畔の柳並木)や、すぐ傍に中心市街地が控えている様子・
南側は山々が連なる様子など地形や状況はそっくり。
e0365419_10254185.jpg

本場の西湖に行けばデジャブ感が湧き上がるかと思いましたが・・・規模が全く違うので別物でした(笑)



さらに余談ですが、その大濠公園沿いに、パークハイアット杭州と同じデザイナーの
Yabu Pushelberg設計の高級マンションがあります。
e0365419_10381813.jpg



大濠公園の西側は、アメリカ領事館も控える九州一の高級住宅地。地方都市とは思えない外観のマンションや住宅が並びます。
こちらもそのひとつ、1フロア1戸の構成です・・・価格は億超えるでしょう。
e0365419_10383981.jpg

なんでYabuデザインの建築が福岡に!? と思ったら、ディベロッパーは福岡地所でした。
昔から欧米の先進建築家・デザイナーを起用する手法は凄い。上層部に相当の建築・インテリア通がいるんでしょうね。

Yabuさんらしいデザインかどうかは言われないとわからないですが、他と大きく違う事だけは見てとれます。
e0365419_10391497.jpg


杭州と福岡、ささやかな共通点でした。ちなみに姉妹都市は杭州ではなく広州です(笑)





by hotelogg | 2017-01-30 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(6)

こちらのホテル、夜の客室も美しかったのでアングルは同じですが画像を載せます。そして、前回書き忘れた事なども・・・


リバービューキング

e0365419_20101666.jpg




e0365419_20102914.jpg




e0365419_2013237.jpg




e0365419_20134732.jpg




e0365419_2013347.jpg




e0365419_20142760.jpg




e0365419_20143834.jpg




e0365419_20144763.jpg




e0365419_20145654.jpg




e0365419_2015580.jpg




ウェルカムフルーツは小みかんでした。
毎日部屋を替えたせいか、2日目は置いてありませんでした。3日目は入室後持って来ました。
e0365419_20153836.jpg




部屋からの夜景です。
e0365419_2016041.jpg




e0365419_2016976.jpg




週末だったのでオフィスの灯りが少ないですが・・・(というより、毎日ちょっと虚無感が漂うぐらい外は人が少ないです。)
十分に見応えのある夜景。
e0365419_20163020.jpg




福岡からの直線距離は仙台と同じ位。進む方角が違うだけ、
海を渡るだけで、自分の知らない大都市が存在する様子を体感するだけで刺激的。
e0365419_20164967.jpg




金色に輝くインターコンチネンタル、行くまでは 『ケバッ! ダッサ!!』 と思っていましたが、
風景の良いランドマークやアクセントになっていて、妙なありがたみが(笑)
e0365419_20172882.jpg

ちなみに画像川(橋)向こうに見えるネオン群も、再開発地域です。
初日はあちら側にある新しいシェラトンに宿泊予定でしたが、料金がパークと大差ないので止めました。



中国でいつも感心するのは、高層ビルの外壁自体がモニターのように光る事。
e0365419_20175012.jpg

しかも1つではなく複数、政府機関の建物まで参加しちゃって・・・社会主義なんて信じられませんわ。
いや社会主義だからこそ出来る強引さ・統率力!?


映像は連動していました。パンダに・・・
e0365419_2018153.jpg




ミニーちゃんなどのディズニーキャラクター。(ライセンス取ってる!?)
e0365419_20185024.jpg




花火に・・・
e0365419_20185964.jpg




"我愛中国" 的な映像。昼間は普通の高層ビル、どこに照明を仕込んでいるのでしょう?
e0365419_2019191.jpg

この映像ショー、決まった時間ではなく2日間で全く違う時間に行っていました(20分ぐらい)。
時間がわかれば、地上に出て行って間近で見るのも良さそうです。






デラックスリバービュー
e0365419_20194834.jpg




ターンダウン完了後、天井から床までカーテンが閉められていると空間が引き締まって見えます。
やはり窓がフルハイトって重要です。
e0365419_202034100.jpg

ちなみにターンダウン、1泊目は夜と翌朝のなんと2回!
2泊目は無し(多分ハウスキーパーにゲスト入室認識されてなかったと思われます)
3泊目は夜1回。何も言わないと20時頃がその時間です。

あと気になった事として、部屋・ダイニング共に小バエ(夏場キッチンやバス掃除を怠ると湧いてくるアレ) が居た事です。
真冬なのに何故・・・!? 確かにお部屋内、暖房を付けなくても暖かめでしたが。


やっぱり、パークらしい "モダン・クール" より "美しい" と思います。(小バエから強引に引き戻しますww)
e0365419_20212629.jpg




e0365419_20213674.jpg




e0365419_20214576.jpg




e0365419_20223543.jpg




特にミニバーボックスまわりは、何度見てもうっとり・・・
e0365419_20215629.jpg




e0365419_2022571.jpg




バスルームも、陰影が際立ちさらにドラマチックに。
e0365419_20222349.jpg




e0365419_20225555.jpg



e0365419_2023991.jpg





こちらも、見下ろして撮るから夜景が映りますが、バスタブに浸かるとほとんど空だけ(笑)
e0365419_20231876.jpg




e0365419_20232753.jpg




銭塘江の両岸は、夜になると途切れなく一列の光が。しかも色が変わる・・・
e0365419_20234337.jpg




大陸というのは何でもスケールがデカイです。
e0365419_20235326.jpg


到着から出発まで、4日間のほとんどをホテルで過ごしました。
いつも1泊だけで忙しなく移動するので、どんな気持ちになるだろうと試してみましたが・・・結果として。

・ ビューや部屋タイプに拘り毎日部屋を替えたので相変わらず気持ちは忙しない。
・ といいつつ結構ヒマ。PH広州では使えたLINEやYoutubeは、PH杭州ではやはり無理(政府が規制している)。
・ いくらベッドで横になっても、相変わらず不眠症(何度も目が覚めて疲れが取れていない)
・ 飽きるかなと思ったが、意外に飽きない。あと2~3日は欲しい。

という感想になりました。しかし連泊出来たのも、オフシーズンのお得なレートがあってこそ。
こんなホテルに泊まると、次のホテルへのハードルが上がるというか・・・この値段でこれ以上のクオリティのホテルは無いので困ります。
今年は下半期に集中する、気になるホテルの開業ラッシュ。GWの行先選びに悩んでます。

これにてホテルレポは終了です。あとはおまけの観光が少々続きます。





by hotelogg | 2017-01-27 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(2)


2日目の昼下がり、部屋も飽きたしプールも寒かったしで
雨ですが少し外を散歩してみる事にしました。コースは下の画像通りです。
e0365419_145242.jpg




Mix-Cモールを抜け、交差点向こうの公園へ。
e0365419_1452431.jpg




綺麗に整備されていますが、雨なので誰も居ません。
e0365419_1453859.jpg




レイクハウスっぽい建物はレストランでしょうか?
e0365419_145504.jpg




今日は土曜日という事もあり、誰も居ない・・・
e0365419_1471713.jpg

月曜にホテルから外を見ても、そう賑わっている様子はありませんでした。
旅情を味わいたい方は、西湖寄りの繁華街近くの宿が良いでしょう。


出発前は宿泊候補だったマリオットに着きました、こちらも昨年開業したばかりです。杭州も地味にホテル開業ラッシュ中。
e0365419_147535.jpg




アプローチが長いだけでなく坂道・・・この周囲は完全に車社会です。
e0365419_1483978.jpg




最近中国で増殖中の ”色味を抑えたモダンシックなマリオット” のひとつ。
広くて明るいロビーです。山水画をモチーフにしたようなオブジェや造作がポイント。
e0365419_1485963.jpg




レセプションの壁面は凄まじいですね・・・これ、光が移ろいます。
e0365419_1492256.jpg




こういう細かいものがギューっと(うじゃうじゃ!?) 集まったデザイン、中国人の嗜好に合うでしょうね。
日本なら 『やりすぎ・キモイ』 で却下されそう。
e0365419_1494122.jpg




こちらはイベントスペースのホールです。画像でみると 『おおっ!』 と思いますが
実際見るとやはりLuxではなく高級ホテル。パークHから来るとその差を感じます。
でも宿泊代、3000円ぐらいしか違わなかったんです。
e0365419_1410419.jpg




トイレは素敵♪ ・・・って、パークHと同じ柄の石が使われているではないですか!
やはりこの周辺で採れる石種なんでしょうか?
e0365419_1410293.jpg




ホテルを出ると川岸が見えたので、とりあえず行ってみましょう。
広くて綺麗なデッキが何キロにもわたって整備されていました、警察官も立っており治安も良さそう。
e0365419_14105179.jpg




銭塘江、とても大きな川なので対岸の景色もぼんやり・・・
e0365419_1411558.jpg




e0365419_14112177.jpg




あちら側も、こちらと同じ新興開発地域。新しい高層ビルが沢山建っています。
e0365419_14115352.jpg




振り返るとこの風景。もう中国、地方都市でもいちいち首都クラスの街並みで呆れるほど(笑)
e0365419_14145850.jpg

でもこういう地区、急速に開発しただけあってどこか人の気配や文化の重なりを感じないんですよね。
現代建築好きなので、私は眺めるだけで楽しいんですが・・・


広場の中心には杭州大劇院。画像右の看板でおわかりのように、広場の下はアウトレットモールになっております。
でもあまり流行ってないみたい。
e0365419_14151785.jpg

写真を撮っていると、中国人の観光客に次々とシャッターを頼まれます。
杭州、私の事を全く外国人扱いしてくれません。自分の目的を果たせれば何人でも構わないという事や、
広大な中国、様々な見た目の人が居て、東アジア系なら全て自国民に見えてしまうのかもしれません。


川岸にはもう一軒、宿泊候補だった『釣魚台ホテル』 がありました。
e0365419_14153824.jpg

国内でも北京・成都・杭州だけ。国賓クラスが泊まる由緒あるホテルらしいです。
外観はまさに、中国のご年配のお金持ちや権力者が好みそうなデザイン。



内部のロビーもそういう雰囲気ですが・・・よく見ると何気にディティールがモダンなんです。
e0365419_14591377.jpg




おそらくデザイナー、欧米人か留学経験のある中国人ではないでしょうか?
中国でもこういう地元ブランドのラグジュアリーホテルが増えています。こちらはカジノで有名なMGM傘下らしいですが。
e0365419_14594795.jpg




グランドルームのバスルームに惹かれたんですが・・・スタンダード2万に対しこの部屋は4万。
去年の私なら予約してたでしょうね~
e0365419_1511612.jpg





いやいや・・・好き嫌いはともかく、これを目の前にすると入らずにはいられない。金球コンチです(笑)
e0365419_1416990.jpg




ホテルエントランスは広場の向こうで歩き疲れました・・・
地上階はぐるりとホワイエで囲われており、会議場などが配されております。
e0365419_1417847.jpg




エレベーターで上階に上がると・・・そっくりと中身をくり抜いたような巨大な吹き抜け。
e0365419_14172496.jpg




大きすぎてカメラに収まりません(ピンボケ・・・)
e0365419_1417363.jpg

こちらも宿泊料金はパークHより少しお安い程度。お部屋も広くてモダンですが・・・同じ値段ならパークよね。
一昔前のモダンチャイナテイストですが、さすがの質感でした。


インターコンチナンタルを出て広場に戻ると、正面には市民中心と呼ばれるお役所(多分市庁舎)。
公共施設らしからぬ斬新なデザインにビックリ。中国人円形好きですね~
e0365419_14182457.jpg




結構遠くまで来てしまいました、ホテルに戻りましょう。
e0365419_14184475.jpg




昨年9月、杭州でG20が開催されました。ニュースでも報じていたように、街全体を相当にお化粧直し(と戒厳令)したそうで・・・
中心部は大変綺麗でよく整備されていました。
よほど誇らしいのか、閉会後4ヶ月経った今でも街の至るところに看板を見かけます。
e0365419_1419291.jpg




建設中のラッフルズシティ前に来ました。水面から空に向かって立ち上るトルネード!? をイメージしたデザインだそうで・・・
e0365419_14195388.jpg

こちらにも大きなショッピングモールが併設。既設のMix-Cモール、ほぼ全ての有名ブランド・メーカーを網羅しているので
どんなテナントを誘致するのでしょうね・・・


こちらがプロモーション動画、見応えあります。


ちなみにこちらに入居する、来年開業予定のコンラッドとサービスアパートのアスコット、
動画でほんの少しですが様子がうかがえます。


杭州は自転車・原付専用車線が整備されていて、こういう所は日本以上。
ただ原付が全て電動で音がしないので、間近に来るまで全く気付かず危ないです。
e0365419_14201530.jpg

しばらく行かないと忘れるのよね・・・到着早々『うわっ危ね!』で思い出す、中国あるある(笑)
というか画像の子達、バイク用じゃなくて工事用ヘルメットでは・・・??


この辺りまで来ると、パークハイアットも良く見えます。私の泊まっている部屋は〇印の辺りです。
e0365419_14203264.jpg




最終日、チェックアウトからフライトまで時間が空いたので、今度は団地風の北側を歩いてみました。
e0365419_14204762.jpg




こちら側も綺麗に整備されていますが住宅地、見るべき所は何もありません。
e0365419_14211254.jpg

月曜正午過ぎなのに、道路を行き交う車も少なく・・・空港から渋滞の心配が無いのはいいですけどね。
誰も居ないと治安が心配ですが・・・とりあえず警察所は近くにあるしよく巡回しているので良好な様子。


団地 (といっても、中国では十分豊かな中産階級の分譲マンションでしょうが) の中に入ると
旧市街にあるような食堂や便利店(コンビニ)が並んでいました。小吃店では麺が10元~
e0365419_1422750.jpg

地元の雰囲気を味わいたいならこちらへどうぞ・・・なんて、外国人観光客は絶対来ないでしょうね。


パークHに宿泊した場合、外出するのは目の前のモールぐらいでしょう。
これは杭州に限らず、上海・北京・広州でも似たような(というかほぼ同じ)立地なので慣れてしまいました。
e0365419_14222147.jpg

今回の旅行、ホテル以外は画ヅラが地味めですみません・・・しかし街の様子を切り取った画像が少ない杭州。
こんな所だと認識さえしていただければと思います。この後も何回か続きます(笑)




by hotelogg | 2017-01-26 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(0)


2泊目の夜は、37階の 『ダイニングルーム』 へ。杭州料理メインのチャイニーズダイニングです。
e0365419_953522.jpg

高級店の特性上、さらに小吃やカフェ以外では絶対に1人で食事しない中国。
エントランスでスタッフを見つめるも完全放置。話しかけてやっと対応してくれました 『(えっ!?)1人ですね』


広州のパークはガラガラでしたが、杭州は土曜19時過ぎという事もあり、多くのゲストで賑わっておりました。
スタッフも常に忙しく動きまわっております。
e0365419_9541875.jpg




夜になるとさらに天井のペンダント照明が輝きを増します。
e0365419_9591141.jpg




こちらも48階同様、窓際だけガラススクリーンで隔てられている変わったレイアウト。(ピンボケすいません)
e0365419_955021.jpg




窓一面には杭州新都心の夜景が・・・連れがいたらここに座れるのね、ぐすん(涙) 私は奥壁沿いの死に席でした。
e0365419_9552461.jpg




一番奥の客席スペースは空けられておりましたが、それ以外は満席。
e0365419_9583691.jpg




ただ中国人、レストランでの夕食は早いので20時過ぎ辺りから空き始めます。
静かに食事したいなら、20時半辺りに行くのがオススメです。
e0365419_9544291.jpg




メニューは写真が無いですが、今回は昼に一度メニューを見せてもらい、
気になる料理画像を中国の食べログ的なサイト 『大衆点評』 から保存し、画像を見せてメニュー名と価格を確認して注文しました。
e0365419_9581016.jpg




まずはアサヒビールで乾杯(350ml 57元)
e0365419_9585554.jpg




アルコールのおつまみが美味。ピーナツ&おかきは別として、インゲンの唐辛子炒め、
ナツメのコンポートは箸休めにもぴったり。盛り付けもさすがパークのダイニング。
e0365419_1005141.jpg




まずやって来たのは、季節野菜の炒め物(90元)。
画像からもわかるように、野菜が新鮮、火加減が絶妙。味付けもあっさり塩味なのに物足りない事は全く無い。
e0365419_1015869.jpg

ブロッコリーは程よくコリコリ、スナックエンドウや百合根はシャクシャク、香りの良いフクロダケも入っています。
黄色いものは何でしょう? キクラゲかな・・・2人分の量ですが、飽きる事無く完食できました。
実は杭州旅行中、一番美味しかったのはこの料理でした。



次に、是非食べてみたかった杭州名物の金牌扣肉(1人前102元)。"ジンパイコーロー" と呼びます。
普通2〜3人前サイズしか無いんですが、こちらは1人前から提供していたので嬉しかったです。
e0365419_1042232.jpg

普通は丸いお皿、下にチンゲン菜を円形に敷き詰め、包子は別皿ですが、プチサイズなので竹の容器に全載せバージョン。


見よこの緻密なピラミッド盛り!薄切りの豚バラ肉を重ねたもので、叉焼と角煮の中間みたいな味。
心配していた八角も使っておらず、もっちりトロッとした食感が最高です。
e0365419_1044476.jpg

ただ1人前は量が少なく、あっという間に無くなりました。
包子やチンゲン菜と一緒に食べるのも、豚肉の旨味が分散して勿体ない程。あと2人前は余裕でいけたな〜ただ追加するたび1700円上乗せ・・・止めておきましょう。

もうひとつ、小海老を杭州で採れた龍井茶と炒めた 『龍井蝦仁』 も食べたかったのですが、
こちらも量が多いうえにパークでは6人前約7000円から提供・・・で諦めもました。



うーん、肉が少なかった・・・満腹度低し(泣)ということで、そこそこお腹に溜まりそうでお得な小鳩の丸焼きを追加注文(79元)
e0365419_107680.jpg




きゃ〜そのまんま・・・鳩さんごめんなさい。
e0365419_1072127.jpg

初めて食べる鳩ですが、鴨に似て赤身の風味が強かったです。
さすが高級店だけに表面はパリっと焼き上がっていましたが、やはり独特の香辛料で中華圏街角の香りが。

高級ホテルの客室はホイホイ予約するくせに、ダイニングでは一品一品が
日常でささやかなご褒美の、刺身天ぷら定食やらステーキ定食並みの価格なのでビクビクソワソワしますね。
一皿頼むたび、『1日分の食事代チャリーン↓↓↓ 』 みたいな(汗)

しかし、週末とはいえこれだけの値段でもテーブルの埋まりは良く、他の料理も美味しいのでしょうね。
盛り付けもオシャレで美しいものが沢山あるので、宿泊された際は是非一度食事される事をオススメ致します^^





食事後は、ホテルのパブリックスペースを探索。
e0365419_1010558.jpg




e0365419_10102812.jpg




モダンな暖炉にも火が灯され・・・
e0365419_10112933.jpg




パークラウンジにもピアノとボーカルの生演奏が入っておりました。
e0365419_10115273.jpg




e0365419_1012487.jpg




各所でデザイナーは変われど、やはり演出はパークらしいというか・・・細かい部分で何かが共通しているんでしょうね。
e0365419_10135623.jpg




e0365419_101464.jpg




驚いたのは、夜遅い時間でもチェックイン客が絶えないという事。
e0365419_10143028.jpg




画像は人が居ない時に撮影しましたが、週末の夜は常にカウンターにゲストが居る状態でした。
e0365419_10144483.jpg



そんな仕事〜飲み帰りのビジホみたいな使い方・・・本当に余裕のあるゲストが多いのね。
e0365419_10154954.jpg




夜の外観を撮影しに地上へ降ります。
e0365419_10162015.jpg




イベントや食事で訪れるゲストで賑わうエントランス。(ちなみにイベントの名称は『富財之道』でした。露骨過ぎるわw)
e0365419_10164683.jpg




デザイン自体は割と普通ですが、ライティングが凝っているというか、誰が撮ってもシャープに写る夜の外観。
e0365419_10165872.jpg




ホテルロゴは工事中なのか・・・『パーク ハイ ト』 になっていました(笑)
e0365419_10172157.jpg




こちらはホテルからショッピングモールへ通じる、オフィス棟のエントランス。
田舎っ子な私はこんな空間でもテンション上がります(笑) 福岡にこんな都市空間無いし・・・
e0365419_10351838.jpg




そろそろ部屋へ戻りましょう。
e0365419_10174862.jpg




空間が沢山仕切られていると、アプローチがいちいちドラマチックですね。やっぱり超オシャレな要塞!?(笑)
もしかして、中国のお城の遺構もデザインモチーフなのかなと思いました。
e0365419_1018050.jpg

杭州一のハイエンドスポットの1つではありますが、外国人観光客では無くほぼ中国人だけで賑わう
ホテルの様子に、内需でも十分潤っているんだなと実感させられました。


食後のデザートはお部屋でルームサービス。ようは食後のお茶代が浮くというだけの理由です。
ホテルダイニングでアフターコーヒー or お茶するとそれだけで1000円ぐらい追加されるでしょう・・・(ドケチ)
e0365419_10251345.jpg

パーク杭州オリジナルメニュー、龍井茶のクレームブリュレです(79元)。
ミニバーのティーバッグも龍井をチョイスして、ロンジンスペシャルに。



クレームブリュレは、ほのかにお茶の苦味が感じられる程度。添えられたフルーツはほおづきです。
e0365419_10313567.jpg

龍井茶とは杭州名産の緑茶、中国というと烏龍茶のイメージが強いですが、実は緑茶の方がよく飲まれているのだそう。
日本茶みたいに茶葉の青臭さが少なく、また違う風味で美味しいです^^




by hotelogg | 2017-01-25 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(2)

プールの記事でも書きましたが、36階にあるはずのフィットネスが見当たらず同フロアをうろうろ・・・

どうやら36階、半分は客室になっているみたいです。しかし扉が全て空いています。
ハウスキーピング中かなと思いましたが、入口に工具が置かれていたり・・・どうやらこちらには宿泊ゲストを通していない模様。

ホテルやマンションのショールームが大好き(人様のマンションもww)な私。
スイートらしき角部屋も空いていたので・・・お、お邪魔させていただきますよ~
e0365419_1414842.jpg

1フロアに1つしかないパークスイート(109㎡)。スイートとしては1番下のランクですが、
杭州は数が少ないので約6.5万~と、スタンダードとは大きな差があります。フロアの四隅にあって比較的お得だった広州とは大違い。


まずは広いホワイエがあり、横長のリビングルーム。
e0365419_1421287.jpg




家具・調度品はモダンで素敵ですが、何処かサービスアパート感のある物足りない空間です。
パークハイアットのスイートといえば凄いものを期待してしまいますが・・・
e0365419_1432884.jpg

元々何処でも、経験上パークスイート程度なら部屋が広く多くなるだけで、
インテリアや設備が大幅にグレードアップする事は無いと思います。
ハイアット自体が高級ホテルの派手さより、レジデンシャルな雰囲気作りをポリシーにしている事もありますし。


でも何処がそんなに物足りないのか考えてみると、スタンダードにはある飾り棚が無い・天井を囲む間接照明が無い
壁に白い部分が多い・窓面が多い分、フルハイトではない野暮ったさが強調される。といったところでしょうか。
e0365419_142407.jpg




唯一グッと来たのはダイニングテーブル上のスタイリッシュな照明。
e0365419_143524.jpg




トレンドの枝風デザインがカッコイイですね♪ これ、デラックスルームにも欲しかったなぁ・・・
e0365419_1441964.jpg




私が見たスイート画像には無かった、キッチンのある部屋でした。ここにあるはずのミニバーボックスが無かったので、
もしかしてレジデンス用なのかもしれません。部屋位置も基準階とは違い南東側でしたし。
e0365419_1445458.jpg




奥に進むと、途中に広めのウォークインクローゼット。さらに進むと右手に角部屋のベッドルーム。
オットマンに積まれた大量のタオルは・・・??
e0365419_1451183.jpg




左手は広いビューバス。大きな洗面台も対面式です、
ホテル予約サイトや、投稿画像ではバスタブは窓側でなく壁向きでした。
e0365419_1453147.jpg




しかし洗面ボウルに積まれたグラス類・・・ここ、ハススキーピングの洗い場?
もしかすると、前日ここでパーティーが開かれたのでしょうか??
e0365419_146781.jpg

勝手に潜入した使用されていない客室ですので、この記事を見て予約を判断なさらぬ様お願い致します。
あくまでオマケ画像という事で・・・


杭州での3泊によって、私のゴールドパスポートも12000ポイント超え確定。
スイートアップグレード権6000ポイントをここで1回行使しようと悩みましたが・・・(残りはバンコクで)

リビングの広さ、照明以外に特別な感じを受けなかったので、無理してUG依頼しなくて良かったかなと思いました。
もしかすると、部屋数が少ないのでAndaz東京みたいにUGさえ不可かもしれませんが・・・??

もうひとつ、3泊目のコーナーデラックスとこちらのパークスイートの間に『エグゼクティブデラックス』 なるお部屋が存在するらしいのですが
今回はフロアプランからも確認出来ませんでした。"65-84㎡"って、随分部屋によって広さが違いますね。
e0365419_14232323.jpg


この日はドキドキしながら慌てて撮影したので、最終日ゆっくり見ようと再訪(再潜入!?) しようと36階に降りると、
スタッフと遭遇 『どちらへご用ですか?』
私 『プールに行きたいんですが何処かわからなくて・・・』

という事で、難解だった36階からのプールへ降りるエレベーターを教えていただいた訳です。
スタッフが視界から消えた途端、引きかえしました(汗)

※よい子の皆さんは、ちゃんとショールームをお願いしましょう。




by hotelogg | 2017-01-24 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(2)


2日目の昼下がり、プールで寛いでみる事にしました。客室専用エレベーターで36階のフィットネスフロアへ。
e0365419_18121553.jpg




扉が開くと・・・あれ? 客室フロアと同じデザイン。しかも表示サインもありません。
e0365419_18122762.jpg




とりあえずそれらしき方向に進んで行くと、受付カウンター。しかし誰も居なければ業務用のPCも置いてありません。
e0365419_18124374.jpg




さらに奥に進むと・・・回廊の隙間から階下にプールが。どうやって行くのよ~!?
e0365419_1813163.jpg

色んな扉を開けてみかしたが、プライベートダイニングがあったり、ジムやロッカーも見当たりません。


後日分かった事なんですが、プールの吹き抜け回廊横に、35階に降りるエレベーターがありました。
この廊下の中ほどに小さなホールがあります。
e0365419_18132210.jpg




スタッフもおらず表示サインも無いのでこれは困ります。
e0365419_18142757.jpg




この日は一旦37階のレセプションに戻り尋ねてみました。
『同フロアのダイニングルーム入口前から下りて下さい』 との事。
e0365419_18144696.jpg




35階に降りるとすぐにプールが見えます、スタッフに案内されロッカールームへ。プール横を通りぬけ・・・
e0365419_1815987.jpg




アプローチが長いですね、照明の関係で黄色く映ってしまいますが
サウナやシャワー・パウダールームが並ぶ真白な総マーブルの廊下を進みます。
e0365419_1815217.jpg




突き当りの角がロッカールーム。センサーバンド式なので操作も楽々♪
ちょっと狭苦しいですが・・・2面が窓で、ここで着替えるのが恥ずかしくなるほどの開放感です(笑)
e0365419_18153471.jpg




プールへ戻る途中にスチームサウナと天井壁からお湯が出るマッサージシャワールーム。
サウナは水のせいでしょうか・・・ちょっと生臭かったです、死んだ水の臭いというか。
e0365419_18154662.jpg




同じ部屋にジャグジー。
e0365419_18155857.jpg




ジェット水流は座面からのみ、お尻に当ててもあまり意味ない気がしますが・・・
窓際で眺めは最高ですが、湯温も低めであまり寛げませんでした。デザイン自体は良いのですが。
e0365419_18161187.jpg




プールに入りました。高い天井、ロビー同様個性的な石目に短冊形の木パネルがメインのディティール。
e0365419_18163180.jpg




シティホテルタイプとしては非常に素敵な造作です。
e0365419_18171596.jpg




真冬だったせいかプールには他のゲストがおらず・・・スタッフが付きっきり。
e0365419_1818846.jpg




中国はゲストが居る以上、常に監視するスタイルのホテルがありますが、ここはその方針のようで・・・視線が気になる(汗)
泳いでる時なんか3人に増えていました。ヒマか(笑)
e0365419_18182490.jpg

ちなみに前回あれ程実感したのに、またスイミングキャップを買うのを忘れていました。
『次回から用意して下さいね』と許してもらいました。水温はなんとか我慢出来る冷たさ、冬でも温水ではありません。


チェアは、プールから一段下がった窓際に張り出したようなデッキに配されておりました。
e0365419_18174910.jpg




この数なら夏場でも完全に埋まる事は無いかな・・・ゆったりした配置で素敵です。
e0365419_18183845.jpg




プールサイドは一番眺めの良い新都心側、この日はどん曇りですが、天気の良い日は日差しが眩しすぎる程でしょう。
e0365419_18185573.jpg




風景を眺めながらのんびり・・・のはずが、プールは冷たいし濡れた体、水着一枚でチェアに寝そべるのも寒いし
なにより天気が・・・やはりいくら素敵なプールでも、真冬は寒々しいですね。スタッフの視線も気になります。
e0365419_1819236.jpg

という事で、楽しみにしていたプールですが20分もしないうちに出ました。3泊して利用したのは1回のみ。


ランタンも沢山置いてあったし、夜のライティングも絶対素敵なんでしょうが、
どうせ泳がないしスタッフとのやりとりが面倒で見学には行きませんでした。
e0365419_18213594.jpg

杭州観光も、こちらのプールも、西湖周辺の新緑が生い茂り、暑過ぎない5~6月梅雨入り前がベストシーズンだと思われます。
本当はその時期に行きたかったんですが、杭州は3連休を絡めないとスケジュール的に厳しいし
その時期は宿泊レートも大幅に上がりそうな予感がしたので、オフシーズン真っ只中の今を選びました。
(ちなみに今5・6月のレートを表示すると約37000円から。おったまげ~)

まぁ、とにかく早く泊まりたかったというのが本音ですが(笑)




by hotelogg | 2017-01-23 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(0)

今回の滞在は3泊。2泊をリバービューキング、最終日にデラックスリバービューキングを予約しました。

ヒマだったので、メモとボールペンを持って調べ上げた基準階の部屋割りはこちら(笑)
e0365419_17522677.jpg

番号の前に、階数を足せばそれぞれの部屋番号に(40階+01=4001のように)。
最上級スイートのあるフロアと、フィットネス・プライベートダイニングが入りこむ36階は例外だと思います。

●末尾05がパークスイート。
●末尾11・17・25がデラックスルーム。うち11番がリバービューで少し高め(ツインベッド無し)。
●他の番号がパークキング・ツイン。
うち06~10がリバービューで、リバービューではないデラックスルームより高いです。
●末尾12~16番ですが、高層ビル群の奥に川が見える眺めなので、普通のパークルームなのかリバー ビューなのか不明です。

ちなみに東アジア圏らしく、"4"は排除されております。


私が泊まりたかったのは、Mix-Cモールやラッフルズシティ(建設中)、インターコンチネンタルが見える末尾12~16番の南東側。
e0365419_1755430.jpg

街並みも一番迫力があるし、川も見えるので一番お安いパークルームより約2000円高いリバービューを予約。
レイアウトや広さ、設備はパークルームと同じです。
もう片方の北東側リバービューは、街の景色が少し寂しいので、予約時に
『I would like stay Mix-c and Intercontinental hotel side』 とリクエストしておきました。


まず初日、リクエスト通っているかしらと思ったら・・・Oh! Nooooo!! プアリバービュー・・・
e0365419_1756585.jpg


レセプションに戻りルームチェンジをお願いすると、初日は希望する向きは満室との事。

ちょっと言葉の行き違いで、末尾23番の部屋に一旦案内されたのですが、
こちらと末尾10・18番の部屋はベッドが窓向きで、最下カテゴリーながらビューバスでした。
e0365419_17562670.jpg

『初日はこの部屋にしますか?』 と聞かれましたが、料金的にダウングレードなのでとっさに
元の部屋に戻りますと伝えてしまいましたが・・・1~2日目は雨でビュー指定が意味無いぐらい視界が悪かったので、
初日はここにしておけば、3つの部屋タイプを紹介出来たのに・・・と後悔。

ベッドルームは少し手狭でしたが、部屋の入口を開けるといきなりビューバスが視界に入る楽しいレイアウトだったのに(汗)


しかしスタッフの対応には感心しました、『明日は御希望のお部屋向きをご用意します、何時に移動されますか?』
と聞かれたので、12時と答えると翌日その時間きっかりに電話が掛かって来て、スタッフがルームキーの交換と荷物移動に来てくれました。

逆に3日目、デラックスリバービューの移動は少し不満が残りました。
西湖観光後、13時にホテルへ戻りルームチェンジの旨を伝えると
『今案内出来るのは喫煙ルームのみです、禁煙なら1時間後』 と言われました。
前の部屋で待っているから電話してとお願いするも、14時を過ぎても連絡無し・・・

まぁこちらのチェックイン時間は15時なので強い文句も言えず、15時にこちらから連絡すると
すぐにルームキーを持ってやって来ました。なんだ、忘れたてのね・・・

末尾11~17番の銭塘江と新都心が見える部屋は、ワンフロアに数部屋しかないので、眺めに拘る場合は結構手間取ります。
さらにキング・ツインとベッドのタイプによっても選択が狭まりますしね。

特に角部屋のデラックスリバービュー、おそらく10室程度しかないうえに
禁煙・喫煙で分かれているので、ダメモトのアーリーチェックインは厳しそう。



最後にもう一度おさらいです。

末尾25・26・01~05方面の眺め。(いちばん魅力の無い眺め) パークラウンジの1辺もこの眺め。
e0365419_1804629.jpg




末尾18~25方面の眺め。杭州の中心街や西湖が見えますが、距離があるので空がクリアでないとよく見えず
また景観条例のせいか高い建物が少なく迫力はありません。パークラウンジのもう1辺もこの眺め。
e0365419_181974.jpg




末尾05~11方面、壮大なリバービューですが私は追加料金を払う程の魅力は感じません。
e0365419_1813235.jpg




末尾11~17方面が、1番見応えがあると思いますが・・・皆さんはいかが思いますか??
e0365419_181515.jpg




ちなみに末尾16~18番は、隣接するオフィス棟が迫っているので平日は視線が気になるところ。
e0365419_18161530.jpg

それさえ気にならなければ、末尾17番のデラックスルームなんて角部屋だし広いしビューバスだし
正面は新都心ビューだし、その割には安いし。次回はここと、末尾23番指定かな・・・


公式HPは未だに画像が一切掲載されていないし(開業して4ヶ月経つのにどういう事!?)

画像中心の私のブログ、SNS全盛の今はどんな最新ホテルでもすぐに体験画像で溢れかえる今
(中国のホテルならPictaramとCtripの感想欄を見れば、もうトリップアドバイザーの投稿よりずっと早くて画像が多いです。)
画像だけならその早さ・情報量では存在意義が無くなってしまいます。

さらにYoutubeの動画だと、十数時間かけて作成する宿泊レポが、数分で済んでしまいますしね・・・



という事で、こういう詳しいレポートこそ今のホテル宿泊ブログの存在意義なのではないかと思い
今回は頑張って作成して見ました、でも疲れた(笑)

チェックアウトの際も 『眺めはいかがでしたか?』 と聞かれて・・・
多分フロントスタッフの間で 『えらい部屋向きに拘る日本人がいる』 と噂になっていた事でしょう(汗)

※あくまでも個人での調査によるものですので、リクエストの際はご注意下さい。





by hotelogg | 2017-01-21 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(4)

最終泊は角部屋の 『デラックス リバービュー(63㎡)』 に移動。末尾11番のお部屋です。

扉を開けると廊下、入口付近は部屋割り上デッドスペースになるみたいです。
e0365419_10484826.jpg




角を曲がると、またまた長めの廊下。
e0365419_104901.jpg




右手にウォークインクローゼット。パークルームの2倍程あり、身支度も楽々♪
e0365419_10492432.jpg




どの部屋も大きなミラー付です。
e0365419_1050096.jpg




廊下を出ると・・・明るいコーナールームです。
e0365419_10502885.jpg




ただ窓がフルハイトでない上に、構造上仕方がない躯体柱が窓の角に。
e0365419_10512334.jpg




その柱も飾り棚やアート、ミラーなどで装飾していないし、窓際のテレビもハイアットお得意の独立スタンドタイプなので、
内側から眺めるとすごく締まりが無い。オフィスビルを成り行きで改装したホテルみたい。
e0365419_10533220.jpg




画像で初めて見た時、『デラックスルーム無いわ〜』 と思っていましたが、予約した理由はビューバス付だという事。
e0365419_1052293.jpg




ただ実際その空間に居ると、パークルームに比べ窓が多いし、少し広くなったし、
レイアウトが普通と違って楽しく、ダテにワンランク上のカテゴリーじゃないわと実感。
e0365419_10523030.jpg

柱が無くてソファセットが置いてあれば・・・スイートなんて予約する必要が無いぐらい。


見た目は素敵な1人掛けソファチェア、座ると柱ビューだし、横の眺めは迫力の無いリバービューだしで1度も利用せず。
e0365419_105306.jpg




43階と高層なうえに窓は腰壁があるので、ベッドやチェアに居ても意外に街の風景が見えないです。この部屋なら低層階が良いのかも。
e0365419_10554152.jpg




眺めは、長手方向が前日と同じ新都心ビュー。
e0365419_1056599.jpg




短手方向は銭塘江ビュー。
e0365419_10562622.jpg




川の対岸にもこちら側のような再開発地区が2つもあります。本当に中国、気が遠くなる程の開発っぷり。
e0365419_1056423.jpg




設備・アメニティはパークルームと同じです。よく見ると、デスクの脚もアシンメトリーデザイン。
e0365419_10572138.jpg




寂しい窓際のデザインに対し、内側は表情豊かです。
e0365419_10575541.jpg




ミニバーボックスはベッド横に、なんとも美しい並びでございます。
e0365419_10581122.jpg




バスルームは、両開き引戸の開放的な入口。
e0365419_10582936.jpg




e0365419_1059103.jpg




e0365419_10593671.jpg




芸が細かいというか・・・引手までアシンメトリー。引手が重い割に細いので
指に食い込んで機能的では無いのですが、まぁ長期滞在するわけでは無いのでデザインを楽しみます♪
e0365419_10595164.jpg




パークルームに比べて随分と広くなった洗面スペース。美しい洗面台を、ベッドルームから見渡せるというのも良いですね^^
e0365419_1102113.jpg

それにしても脚が細い・・・もしかすると、天板は壁の方で支えているかもしれません。荷重凄そうだし。



ミラーにもベッドが映って・・・ふとした瞬間に気分が上がります♪
e0365419_112299.jpg




眺めは気にしなかったとしても、やはりビューバスは素敵です。
e0365419_1125370.jpg




空間に奥行きや豊かさが生まれますよね。
e0365419_1131636.jpg




e0365419_1141959.jpg




この部屋では夜と翌朝、2回バスタイムを楽しみました。
e0365419_1142952.jpg




パークHのトイレは何処も入口付近に独立して配されるのですが、この部屋はバス・シャワーブースと反対側に。
e0365419_1123869.jpg




パークルームより少し広くなっています。
e0365419_1162499.jpg




こちらのお部屋は素泊まり返金無しで約25000円。
最初は期待していなかった部屋でしたが、いざ宿泊してみると・・・もうパークルームには戻れないと思う程気に入りました♪
e0365419_1165181.jpg

リバービューでなければ、パークルームに少し上乗せすれば予約出来るので(リバービューのパークルームより安い)
レイアウトを楽しみたい方にはこちらがお勧めです。



最終日の朝食は、前日モール内で買ったパンで軽く済まし、
チェックアウト前にハンバーガー(170元)と、朝食ブッフェで感動したオレンジジュース(55元)をルームサービスでいただきました。
e0365419_1174286.jpg

自分でテーブルを窓際に動かして、眺めを堪能しながら食事します。


トッピングはチーズ以外別皿で。全載せも追加無しで可能ですが、目玉焼きだけ抜いてオーダーしました。
e0365419_118145.jpg

ハンバーガーは何処のホテルでも外さないですよね。ボリュームたっぷり、ポテトも盛り盛り、ディップも無駄に沢山入ってます(笑)
特にこちらのフレンチフライ、カットが大きく量も大くてお腹パンパンになりました。




by hotelogg | 2017-01-20 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(0)

朝食ブッフェは、ホテル最上階である48階の 『潮』 にて。
朝食以外ではウェスタン料理がメインのオールデイダイニングです。

階下の凄味あるデザインに比べ、エレベーターホールからしてタイル貼りのカジュアルな雰囲気。
e0365419_9592783.jpg




カフェ寄りのテイストですね。向かいのバー 『Fourty8』 は工事中。
e0365419_1005018.jpg




スタッフに案内されながら、長めのアプローチを進みます。
e0365419_1032144.jpg




壁面いっぱいに引出しが貼り付けられた、現代アート風の廊下です。
e0365419_1034692.jpg




手前には、中央部分をガラススクリーンで囲まれた客席スペース。
e0365419_10462.jpg




テーブルに置いてあるグラスもカラフルで、カジュアルさを演出しています。
e0365419_1043644.jpg




さらに窓沿いには、内部のスクリーンに挟まれた、サンルーフのようなテーブル席。
e0365419_1045048.jpg




変わった空間の仕切り方ですね、他ではあまり見た事ありません。
e0365419_1052088.jpg




店内真ん中の、ビュッフェカウンターがあるメインの客席へ。
e0365419_106481.jpg




高い天井、片側の壁には木箱がびっしり。
e0365419_1062894.jpg




e0365419_1064268.jpg




テーブル席の、天井まで届くボリュームのあるパーテーションは既視感あるなと思ったら、W広州のロビーと同様でした。
設計者同じなんですよね。
e0365419_107053.jpg

こちらも現代アートっぽい演出ですが、少しイージーというかカジュアル過ぎな感じもします。
パークHのオールデイダイニング、ソウル・釜山・広州などはLuxホテルにしてはあっさりした雰囲気です。
バンコクも似た感じになるのでしょう。


リクエストが無ければ、こちら中央のテーブルの好きな所に座っていいみたいです。
案内中にビュッフェの簡単な説明と、ドリンクのオーダーがあるのみ。
e0365419_10105285.jpg

ただ中央はテーブル間が狭く、多くのゲストやスタッフが行き交うので少し落ちつかないかも。
ゆっくりと最上階からの景色を楽しみながら食事したいなら、手前のスペースが良いでしょう。


さらに奥にも、広いテーブル席が。朝食時は使用されていませんでした。
e0365419_10112543.jpg




長手方向の窓は新都心向き・・・ですが、高層過ぎて雨や大気汚染が酷い時には何も見えなくなる事も。
e0365419_1011528.jpg






多くのパークハイアットが半アラカルトオーダー式のなか、こちらは珍しく完全セルフ方式。美味しいのかな〜ちょっと心配・・・
e0365419_10121413.jpg




大きなカウンターが2つ、ひとつはエッグステーション・点心・粥・ホットミール・コールドミールが並びます。
e0365419_10124279.jpg




これまたパークがよく採用している、ライブキッチンになっております。
小柄な白人のチーフシェフが熱心に指導しながら動きまわっていました。
e0365419_1013851.jpg




元々パークは朝食の種類が少なめですが、こちらは高級ホテルとして最低限のものが置かれているといった印象。
e0365419_1014144.jpg




エッグベネディクトは無いし、パンケーキ・ワッフルも作り置き。
e0365419_10142723.jpg

しかもカウンターでオーダーした料理は自分でテーブルまで運ぶという、Luxホテルらしからぬセルフっぷり。


点心に小籠包があるのは江南地方らしいです。作り置きなので皮が厚めでしたが、餡にはスープがそこそこ入っていました。
e0365419_10145120.jpg




もうひとつのカウンターにはパン・デニッシュ・サラダ。
e0365419_1015695.jpg




デニッシュ・焼き菓子系も種類少なめです。
e0365419_10152829.jpg




焼き野菜のサラダ、盛り付けが大変美しいです。思わずカメラを構えたら、前にいたゲストにかき回されました(笑)
e0365419_10154841.jpg




ヌードルステーションもあります。『片儿川』 と呼ばれる杭州独特の麺料理と、ワンタン麺の2種類。
e0365419_1018478.jpg




壁沿いの冷蔵庫にはフルーツ・ジュース・ヨーグルト。詰め込み過ぎて、スタイリッシュさに欠ける気も・・・
e0365419_10184524.jpg




e0365419_1020676.jpg




フルーツはLuxホテルらしい珍しかったり高価なものはありませんでした。
東アジアなら、この時期苺ぐらいは置いて欲しいところ。
e0365419_1019098.jpg




ジュースはオレンジ・メロン・スイカの3種とこちらも少ない。仕方なくオレンジを選択しましたが・・・
このオレンジジュースが大変美味しい!果実を生搾りするだけであの甘さが出るんでしょうか?ついお代わりしました。
e0365419_10204424.jpg






野菜のグリルが美味しいです。程よい火加減と控えめな味付け。
オムレツも上手な焼き加減でした。ポークソーセージは油っこいだけでダメでした。
e0365419_1021327.jpg




杭州名物片儿川。茶濁したスープは薄い豚骨醤油みたいな味。細かく刻んだ雪菜(水草だそうです)と炒めた薄切りの豚肉、筍がトッピング。
e0365419_1022829.jpg

日本人には馴染みやすい味だと思います。太麺が小麦粉の粉っぽさが強く独特でした。見た目よりあっさりした味です。



パンケーキ、ワッフルはやはり作り置きのせいかイマイチ。ホイップクリームもありませんでした。
パンの焼き上がりを確認する為に取ったチョコクロワッサンも、専門店と比べるのは酷ですが・・・サクサクしてない。
フルーツタルトも普通、カプチーノは◎
e0365419_1023990.jpg




うーん・・・美味しい料理もありましたが、記憶に残っているのは野菜グリルとオレンジジュース・カプチーノ。
e0365419_1024896.jpg

昨年泊まったパーク広州みたいに、思い出すだけでワクワクする朝食ではありません。
やはりアラカルト形式でないという事もあるのでしょう。

高級ホテルでの朝食は大好きな時間。気に入れば3日間、最低でも2回は通おうと思っていましたが、
税込216元(約3700円)の価値があるかと言われれば・・・だったので、今回1度きりの利用となりました。


2回目の朝は、ルームサービスでフレンチトーストを注文し、ミニバーのネスプレッソを淹れました。
e0365419_10245465.jpg




ベーコンが添えてあるので、どちからと言えば食事系。丁寧に作られてはいますが、これで113元(約2000円)かぁ・・・
e0365419_10251316.jpg

単品自体はお得でも、複数頼んだりドリンクを注文するとすぐに朝食ビュッフェ代に並びますね。

今回は全泊朝食無しプラン。追加で支払いだったので、ついシビアに評価してしまいました。




by hotelogg | 2017-01-18 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(4)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです