人気ブログランキング |



今年開業予定の、ローズウッドバンコクの客室画像を見つけました。

画像はおそらく一般的なデラックスルーム、なかなか良いですね♪

e0365419_17050678.jpg

外観はエッジ効きまくりですが
()

ローズウッドブランド自体が、他社と同じくモダンコンテンポタリー&エレガントですので

室内は誰でも心地よく感じそうな優しい雰囲気ですね。



2面採光、スクンビット通りがバーンと視界に入るマナースイートは是非泊まってみたいですが

ちょっとお高そうな予感・・・

e0365419_17070054.jpg


バスルームの画像などもアップされています。

公式HPではないので確実にこの仕上がりかは保証出来ませんが、上記の画像含め
以下の cventというサイトで見る事が出来ます。

https://www.cvent.com/venues/bangkok/hotel/rosewood-bangkok/venue-00ebc84c-8216-4a35-9a43-0a18f1189147






.


by hotelogg | 2019-01-21 17:10 | ホテルトピック | Comments(4)

PH JKT SZ



パークハイアット
ジャカルタの客室画像が、公式HPにて公開されました。

e0365419_16044188.jpg


一番下のパークルームでも57㎡、画像で見るかぎりゆったりしていますね。

大きめのソファも置かれ、ここでも十分にステイケーションが楽しめそう♪


インテリアはシンプル、家具はかなり良いものを使っていそう。アンダーズ東京っぽくもありますね。

目立った造作は、ヘッドボードの木格子ぐらいでしょうか?

ちょっと和風・・・? 個人的にはもっと厳ついインドネシアテイストでもOKですが・・・



昨今の明るい色調の流行から一転、バスルームは黒マーブル。そこにゴールドの水栓なんて・・・90年代リバイバルかしら?

e0365419_16044175.jpg




127㎡のパークデラックススイートは、コーナールーム。うーん・・・やっぱり内装自体はかなりシンプル。

e0365419_16044119.jpg




バスルームは対面式の洗面台。スイートなのにバスタブは普通サイズなのね。

e0365419_16044193.jpg

Open2019idということで、5月なのか10月なのか・・・midって言い方曖昧だわ~





深圳のパークハイアット、やっと公式ホームページが出来ました。

e0365419_16044226.jpg

しかし画像はこれだけ。なんだか雰囲気のある寺院で撮影されていますが、
深圳にこんな歴史遺産、一切ございませんからね()



以前も紹介しましたが、こちらはPH杭州と同じデザイナーが手掛けている様子、

客室画像も流出しています。うーん杭州にそっくり。

e0365419_16443627.jpg

こちらは Open 2019 2nd quaterとの表示。

やだ、駆け付けたい時期、華南~西日本は台風祭りの時期じゃない・・・


2つとも巡れると良いですが、バンコクもカペラ・ローズWが出来るし、迷うわ~






.


by hotelogg | 2019-01-20 09:00 | ホテルトピック | Comments(0)


今度は現実に予約したいと思えるホテルです。




カペラ バンコク

e0365419_17340961.jpg



チャオプラヤ川沿いに開業予定のカペラ。

どの場所でも、大手LUXホテルブランドよりワンランク上の価格帯で展開しておりますが、バンコクでは5万~と予想しております。

e0365419_17342047.jpg




お部屋も広くてモダンで素敵なんですが、ウブドのカペラを見てしまうと普通に見えるという()

e0365419_17342058.jpg



あと川沿いには、ヴィラみたいなコテージが配置されるのかしら? なんかガチャガチャしていますね。

広いお庭にプールドーン! みたいな演出では無さそうです。

e0365419_17341307.jpg






ローズウッド バンコク

e0365419_17365079.jpg

2019年開業予定、未だ内装の画像は出回っておりませんが、

客室は台湾のCelina Chu、ダイニングはNYのAvroKOが手がけている模様。


そういえば、グランドハイアット福岡のブライダル施設のリニューアル

台湾のデザイナーだったなと思い出しました。昨年、内部に入る機会がありましたがなかなか素敵でした。

e0365419_15183304.jpg



(下の画像、CGに見えますが私がiPhoneで撮ったものです)
e0365419_15183300.jpg




調べてみると、ハイアットリージェンシーダナンのダイニング等、今まで目にしていましたね。

ひと目でガツンを来るのではなく、抑制の効いたデザインといいましょうか・・・

e0365419_18385290.jpg




ダイニングを手掛けるデザイナーAvroKOは、FSソウルのレストランやWAバンコクのバーなど

こちらも利用したことのある空間を手掛けておりました。

e0365419_18335184.jpg


良く言えば、素敵なのは確実。逆を言えば新鮮味は薄いといったところでしょうか?

しかしあの外観、どういう客室の配置なのか想像がつきませんね・・・


ローズウッドはミャンマーの首都ヤンゴンにも開業予定があり、

初ミャンマー旅行というのも楽しみです。



そしてバンコク行き、来月タイライオンエアが福岡~バンコクに就航します♪


福岡08:0011:55バンコク 

バンコク23:5507:00+1福岡


という素晴らしいタイムスケジュール。気合いで土日のみ、1泊3日弾丸旅行も可能です()






ローズウッド広州

e0365419_17502043.jpg




今年春に、やっと開業する事が確実になりそうです。

e0365419_17502873.jpg





e0365419_17502865.jpg




広州一高いビルの最上層に入居、デザインはWA北京・PH杭州・PHバンコクを手掛けたヤブ・プシェルバーグ。

レートはPHやMO、FSと同等で3万~からでしょう。

e0365419_17502853.jpg


あと深圳のパークハイアットは、求人募集は見かけるものの、公式HPは立ち上がっておらず動きは無し。


香港のローズウッドやSt.レジスは諦めて、

新しく開通した新幹線で一気に広州・深圳を回ってみたいです。

(しかし西九龍から出る新幹線、停車する広州南駅は中心街から遠すぎるので、今まで通り九広鉄道で行くのと変わらない気もします。)






ホテルジェン 北京

e0365419_17515650.jpg


シャングリラホテルが手掛けるカジュアルブランド。

シャングリラには、旅慣れた方の支持が高いのは分かっているのですが、デザインのテイストが驚く程私には響かないんです・・・



こちらのホテルも、ナチュラルモダンとストリートのミックステイストがなんともちくはぐで・・・

(真面目で頭の良い人が、無理して悪ぶった感じといいましょうか)

e0365419_17555216.jpg



しかしこちらのコーナースイートはレイアウト良し眺め良し、インテリア良しでしかも3万~とスイートにしてはお手頃。

e0365419_17380168.jpg




マイルで北京に行って、MOとセットで宿泊というプランも悪くなさそうです^^

e0365419_17380186.jpg






星のや バリ

e0365419_21492372.jpg



なぜバリ島くんだりまで来て和風旅館テイストのホテルに??
e0365419_21494042.jpg



しかもこんな立派なヴィラばかりなんて、お高いんでしょう??
e0365419_21490927.jpg



・・・と思って公式HPをチェックしてみると、なんとお1人様割引プランがある! しかもガッツリ、ほぼ半額♪
e0365419_21510002.jpg
『hoteloGよ、そろそろ今年は誰かと素敵リゾート、行くべきではないのか?』
とホテルの神様のお告げが聞こえてきそうですが・・・
シングルユースプランを出しているだけで、星のやが好きになりました(笑)





パークハイアットジャカルタ
e0365419_17370369.jpg


昨年末開業予定から、今年の中頃に延期されました。

未だ内装の画像は公開されておりません。



同じホテルブランドでも早々公開したり、開業直前まで出さなかったり、この差はなんなんでしょう??

しかしルームカテゴリーの説明は早々に公開されています。

e0365419_17365831.jpg

最低57㎡~から、スイートでもないのにパークデラックスなんて85㎡もあるみたいで。

ジャカルタはバンコク以上のホテル天国(価格面で) スイートでも3万程度なのではと予想しております。






フォーシーズンズ ジャカルタ

e0365419_17370352.jpg

ずっと泊まってみたいんですが、ジャカルタ遠い・渋滞でスケジュールが読めない

と、毎回見送っていたホテル。



インドネシアンコロニアルとでもいいましょうか、

ただ優美なだけでは無い、渋さや力強さが感じられるインテリア。

e0365419_17365747.jpg




e0365419_17365888.jpg




全室スイート仕様なのに、お値段は2.2万~と大変お得。(立地があまり良くないみたいですが・・・)

e0365419_17370330.jpg

今年3月に、エアアジアが福岡~KL線を就航させるので、インドネシア方面がより身近になります。



限りある休暇と予算のなか、どこを選ぶのか、どこまで追えるのか・・・

リサーチや宿泊体験を生き甲斐として、今年も過ごしていきたいと思います^^





.


by hotelogg | 2019-01-01 08:59 | ホテルトピック | Comments(4)


2018年開業とアナウンスがあったまま動きが無かったブルガリホテル上海。6月20日より予約が開始されました。
e0365419_15571976.jpg

敷地内に租界時代の洋館もあるようですね。恵比寿ガーデンプレイス感が(笑)



客室は、スタンダードルーム約50㎡より。CGのせいもあるでしょうが随分広く見えますね。
e0365419_15582535.png




ベッドに天蓋・・・というかパーゴラの付いたスイートはモダンラグジュアリーな雰囲気がすごい。
といいつつ結構シンプル、ブルガリホテルは何処も、安定感のあるミニマルモダンといったテイストですね。
e0365419_1612812.png




こちらはスイートのバスルームでしょうか・・・客室だけだとグッとくるものはありませんが、
このアイランド型の洗面台、天板とバスタブ周りのグリーンオニキス仕上げが大変特別な感じがします。
e0365419_16402739.png

色的にも翡翠が好まれる中国人ゲストにもウケが良さそうですし、希少性があって良いですね♪



気になるお値段、中国だし5万ぐらいからかな・・・と思ったら約7万超えより。はい終了~
カペラ・アマンに続き、スーパーラグジュアリーホテルが上海に加わりました(恨)
e0365419_16235327.jpg
ブルガリホテル、東京にも進出するようですね^ ^





そしてこれは不意打でした。マンダリンオリエンタルが2020年にホーチミンに開業のニュース。
e0365419_1624971.jpg

場所はホーチミンど真ん中、オペラ座とホーチミン像で有名な人民委員会庁舎の間。
ユニオンスクエアという高級モールの一部を改装して開業するようです。


この建物、2015年に通りかかるとボッテガやらアルマーニカーサやら、
ベトナムや周囲の街並みからは明らかに浮きまくったハイエンドテナントが入居していたのですが、
さらに輪をかけてMOとは・・・(偶然、私の撮った画像にも収まっていました)
e0365419_16242742.jpg

ホーチミンのシンボルロード的なグエンフエ通りに面しており、最高のロケーションですね。
建物の外観から、MO台北と似たテイストになるのではと推測してしまいます。

ラグジュアリーホテルはパークハイアットの独壇場といった印象のホーチミン。
(レヴェリーもあるけど・・・アクが強すぎるので私は未だ受け入れられません) 街一番の高級ホテルとして君臨しそうな予感がします。
MOって、ホテル好きの間でも悪く言う人がいない。言ってはいけないような雰囲気ありますよね(笑)





以前もお伝えしたWクアラルンプール。開業アナウンスがどんどん押して・・・現在8月31日に。
お盆にKL行きのフライト、予約しないで良かった~
e0365419_1623868.jpg




一般的なワンダフルルームの画像が公開されました。
e0365419_16255657.jpg




Wって、都市によって好き嫌いがハッキリ分かれるデザインですが・・・KLは個人的に当たり♪
e0365419_16271599.jpg

ポップながら台北や上海みたいに、木目を使い安定感もあります。
遊んでいるのは色やグラフィック使いだけで、フォルム自体は普通に高級ホテルというのがフィットする要素。
楽しみにしていたW蘇州は・・・行きませんっ!


流線型の壁や造作と、パターングラフィックが施されたガラスがKLの特徴でしょうか。バスタブや洗面台もカッコイイですね^^
e0365419_16494554.jpg

KLはフォーシーズンも開業が遅れ、9月頃になる模様。
とにかくKLはホテル代がお得なので、暖かさも求めて冬に行こうかな・・・と検討中です^^



最後に・・・GMが5月開業と言っているのをネットで見かけたのに・・・結局年末のパークハイアットジャカルタ。
e0365419_16543126.jpg

画像もこの一枚のみ。楽しみですが、ロケーションが少し不安・・・中心部から少し離れているので。

バンコクやシンガポールは絶対に空きがないANAマイル特典、使いたくても使えない状況が続いております。ジャカルタあたりで使おうかな~と思っています。






by hotelogg | 2018-05-27 09:00 | ホテルトピック | Comments(2)



以前コメントで教えていただいた、福岡市大名小学校跡地の再開発計画。
e0365419_10373366.jpg




積水ハウス・西鉄などの企業グループが優先交渉権を獲得したそうで、
施設内上層階にリッツカールトンを誘致する予定みたいです。福岡にリッツ・・・想像出来ないですね~(笑)




競合他社は、JR九州やホテルオークラ連合とハイアット系を地元に展開する福岡地所。
前者ならオークラプレステージ、後者ならパークHかアンダーズあたりを誘致する予定だったかもしれません。
個人的には、” PARK HYATT FUKUOKA” という姿を生きているうちに目にしたかったんですが・・・

e0365419_11161940.png

まぁハイアットもオークラも既に進出済みですし、土地の所有者である福岡市側が、
世界的に有名なラグジュアリーブランドを欲しがっていた模様。

e0365419_11161576.jpg


西鉄さんもホテル経営はお手のもの、しかしグループ最高級の西鉄グランドホテル(かなり古いけれど)
の真横に開発予定地があるにもかかわらず、西鉄ブランドを捨てたのはこんな経緯があったようで・・・

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28658870X20C18A3LX0000/


画像でもおわかりのように、開発予定地は目抜き通りである明治通りに面している部分に、
中層の古い消防署とオフィスビルが建っております。
e0365419_10361537.jpg


このビルの敷地を買い取り、一体の開発を目論んだ西鉄に市側が難色を示したなんて、
市側はどういう都市計画のセンスをお持ちなのか疑問に思います。
天神最大の複合施設が、大通りの奥にあって見えないのはダメでしょう~!?

話しは戻りホテルですが・・・天神はすぐそこ、大濠公園も近く
地下鉄駅は少し離れますが地下通路で直結され立地はまずまずでしょう。
(あ、計画イメージではオンワードビル残ってますね・・・消防署が移転すれば、それなりの間口は確保出来ますね。)
e0365419_10294137.jpg

客室は147室、開業は2022年という事でまだまだ先。
ブランドの変更も考えられますし、正式決定では無いですが楽しみですね^^






by hotelogg | 2018-04-04 09:00 | ホテルトピック | Comments(2)


以前コメントで教えていただいた、パークハイアット深圳の開業予定。
一応2018年とのアナウンスがありますが、HPはまだ開設されておりません。

場所を調べてみると、2年前に宿泊したフォーシーズンズの斜め後ろ。
クラブラウンジから見えていた筈なんですが、当時は知らなかったので写真も撮っておりません・・・
(画像は飛客茶館よりお借りしております)
e0365419_16282233.jpg

完成して間もない、600メートルを超える深圳一高い高層ビル 『平安金融中心』 の南棟の上層階に入居。
(南棟はそこまで高くありません)
建物は米KPF、インテリアはYabu Pushelbergと、PH杭州と同じ組合せです。


この外観、期待出来ますね~♪ 天窓部分にロビーやダイニングが入るんでしょうか?
e0365419_16294316.jpg




こちらのホテル、検索すると画像や平面プラン等は結構見付ける事が出来て
(こんなに流出してて大丈夫なんでしょうか・・・?)
以下のサイトより、エントランスまわりのパースやパブリックフロアの平面図などが確認出来ます。
(春節休暇で24日迄閉鎖的な文字が・・・)
http://www.mt-bbs.com/thread-411939-1-1.html



スタンダードルームの様子です。設計者が同じだけあって、杭州に似ている・・・
そしてパブリックエリア同様、結構中国テイストが盛り込まれていますね。
e0365419_16443627.jpg

深圳は、寂れた農村から急激に発展した街。 歴史や伝統文化の記憶は薄い・・・というかほぼ感じない場所なので、
シノワズリに囚われず、思い切り無国籍でモダンなスタイルを期待していました。

とはいえ、こちらもハイアットが贔屓にしているスーパーポテト設計だと近隣の広州と被るし、
先月開業したばかりのMUJIホテル深圳なんか、PH釜山やソウルにそっくりなので、
Yabuさんで良かったのかな・・・なんて思います。
e0365419_16372177.jpg

スーパーポテト、デザインの使いまわし作風がすごい。ハイアットから抗議来ないのかしらん?


個人的には、ランドマーク・マンダリンオリエンタルの改装を手掛けたJoyce Wang氏みたいなテイストが
見てみたかったですね^^
e0365419_163848.jpg



凄いですよね~ラグジュアリーでモダンで官能的でトレンド盛り盛り。
息が詰まりそうなぐらい、好きな要素ばかりが詰め込まれております(笑)
e0365419_16381892.jpg



大陸の最新ホテルを熱く語っても、『先月のトイレブラシでコップ事件を聞くと、全く泊まる気になれないわ』
という方がほとんどかと思いますが・・・

香港は今や往復1万ちょっとで行けるので、泊まらない訳にはいきません。
最新Luxホテル体験の為なら、大〇菌でもなんでも来い!という心構えでございます。




by hotelogg | 2018-02-17 09:00 | ホテルトピック | Comments(8)


あけましておめでとうございます。

今年はどんな街に行き・どんなホテルに泊まるんでしょう?
年始早々、暖かいタイなんかに行ってみたかったんですが、タイミングを逃してしまいました…
という事で今のところGWまで予定はありません。

GWは、一応香港往復のエアは押さえました。
連休真っ只中でも、香港エクスプレスなら1.7万円!日本が高いなら、香港から出発すれば良いじゃなーい♪
まぁ、5月頭は東アジア中が連休なのでホテル代高騰の心配はありますが…

今まで様々なホテルに泊まり、私が予約出来る範囲ではそうそう心躍るホテルも見付けにくいですが、
GWに行ってみたいホテルをピックアップ。
一年に一度の長期旅行ですから、気軽に行けるシティタイプよりリゾート地が良いかな〜??

JWマリオット フーコック (ベトナム・フーコック島)
e0365419_16442277.jpg
ベトナム最南端の島に昨年開業しています。
ダナンのインターコンチネンタルで大成功を収めた、ビル・ベンズレーデザイン。


いつものごとく、ロビーや客室は独特のコロニアルスタイルが素敵過ぎるんですが…
e0365419_16442158.jpg


何故か、大学がテーマというランドスケープデザイン。
e0365419_16442204.jpg



ハリボテ感&ベトナムの成金感漂う色とりどりの客室棟が並ぶ様に『げげっ! ないわー(汗)』と思ってしまいます。
これで高級リゾートホテルなんて…と。
e0365419_16442281.jpg




しかし、ベトナムの古い街並を再現したような施設は楽しそう♪ 引きで見るとケバめですが、細部はやっぱり素敵です。
e0365419_16442301.jpg




こういう施設には、全部お店やダイニングが入っているのかな??
e0365419_16442302.jpg




客室はベトナムにしてはお高めで約5万〜。いいなと思う部屋は上級カテゴリーでさらにお値段アップ↗︎
e0365419_16442138.jpg




おお〜この部屋すげぇ!と思ったらスイートだし…
e0365419_16442201.jpg


【泊まってみたい点】
・ビル・ベンズレーワールドに浸れる。
・敷地が広く、飽きなさそう。

【気になる点】
・フーコック島までのアクセスが良く無い。
(国内線が充実のベトナム航空、最近は高いし、バンコクからもLCCは無く行くまでが高くつく)
・飛客茶館の投稿頻度が多いことから、C国人率高めの予感。




アリラ ヤンシュオ(中国 桂林)
e0365419_16460023.jpg
中国は桂林にオープンしたばかり、砂糖工場をリノベーションしたパブリック棟と
背後に広がるカルスト地形の山々が独特の雰囲気。



客室は55平米で約28000円〜、アリラだけにスタイリッシュなインテリア。
e0365419_16460038.jpg


こういう工場リノベーション系ってインダストリアルテイストが強過ぎて、見る分にはカッコ良いけど泊まるには…
という印象ですが、こちらはラグジュアリーさや新築の清潔感も十分に感じます。

こちらの宿泊レポ見てみて下さい。周囲の風景や工場跡の雰囲気を壊さず、それでいて新しい。
中国の山間リゾート系で惹かれるものはあまり無かったのですが、ここは訪れてみたい。


【泊まってみたい点】
・建築、インテリアデザインが素晴らしい。
・中国有数の景勝地、桂林は未訪なので行ってみたい。
・意外に宿泊料金が高くない。
・香港から割と近い(キャセイ直行便ありで安心)

【気になる点】
・市内からかなり離れている。どうやって行くの?? 三亜でもドキドキだったのに山奥なんてどうなるのよ!?
 (何度訪れても、中国の初めての街は緊張するのです…)





ローズウッド ルアンパバーン(ラオス)
e0365419_16442132.jpg



中国資本になりアジア地区急展開中のローズウッド、総ヴィラタイプのホテルを2018年第一四半期に開業予定です。
このパースを見るだけで、絶対に素敵な雰囲気なのがわかります。
e0365419_16442190.jpg
2015〜16年にかけて、色々巡った東南アジア、ラオスは最後の未訪国という事で(ミャンマーは…まだ興味持てません)
ずっと行ってみたい所でもあります。

【泊まってみたい点】
・地域性の強そうなデザイン。
・ルアンパバーンに行ってみたい、バンコクからならアクセスもしやすい。

【気になる点】
・総ヴィラタイプだけに、プーケットのように1泊7〜8万円の予感…
・アナウンス通り開業するとは思えない。




ローズウッド三亜(中国 海南島)
e0365419_16461047.jpg
昨年宿泊したエディションと同じ海岸線に、昨年秋開業したばかり。
ビルディング棟とヴィラがあり多彩な客室タイプから選択出来ます。

ビルディング棟なのに、バルコニーにプールが付いているお部屋なんかもあります。
ゆとりある敷地と客室、お手頃な料金が魅力の三亜リゾートホテルですが、デザインが雑然としているホテルが多いのも事実。
こちらはスッキリとしていて統一感があり、エディションに続くモダンスタイリッシュ系として期待が持てます。


客室は60平米から、料金も2万前半〜とお手頃♪
バスタブの配置以外はインテリアに目新しさは無いですが、落ち着いた色合いでモダンな雰囲気。
(ローズウッドって、インテリアでそんなに冒険しないという事が最近わかりました)
e0365419_16460956.jpg


ビルディング棟屋上のプールも気持ち良さそうです。
三亜の新しいホテル、パークHといいエディションといい、シティホテルみたいなテイストを持ち込むのが流行っているんでしょうか?
地上に十分大きなプールがあるのに、贅沢ですよね^^


【泊まってみたい点】
・ソツの無いモダンなインテリア、多彩なプール
・安い

【気になる点】
・去年行ったばかりで新鮮味が無い
・中国のLuxホテル、宿泊料は安いのに食事代が高い


毎年隔絶系リゾートホテルに行くたび 『夜はする事無いし1人は浮くし、しんどいな…』と思うのに、
時間が経つと好奇心が勝ってしまいまた妄想→実行パターン(笑)

WAやエディションがGWまでに確実に開業していれば、バンコクでも全然問題無いんすが…
航空券は早めに押さえないといけないし今年も悩ましいホテル選び。
こうやって色々悩み迷える自体を楽しまないといけないにかもしれませんね^^









by hotelogg | 2018-01-01 09:00 | ホテルトピック | Comments(17)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30