マリオット スリウォンのデラックスキングルーム



予約したのは最もお安い『デラックスキング(35㎡)』

マリオット公式HPにて20%オフのセール期間中に、キャンセル返金・朝食無しで約16000円でした。

e0365419_17593105.jpg




それでも、この立地でこの広さでは割高感があります。なんと2万円の日も…
いや、それならGHエラワンとかスコータイ泊まれるし。

e0365419_17593146.jpg



客室レイアウトはごく標準的。
e0365419_17593118.jpg



インテリアも、最近のアジアでオープンさせるマリオットは全て、グレーベージュやライトグレー基調のモダンで上品な色使い。

e0365419_17593178.jpg



特別な造作や素材は使っておりませんが、十分に高級ホテルらしさを味わえる設えとなっております。
e0365419_17593131.jpg

この辺りの、"沢山の人が今良いと思うインテリアデザイン"
"コストを掛け過ぎず、最大限に高見せする" ことを数値化して大量生産する最大手チェーン。


『何処も似たようなテイストでつまらない、魂がこもっていない』
という言い方も出来ますが、良く出来ている事は事実。日本を含む、アジア系のホテルチェーンとは完成度が違います。




こんなタイらしい壁画もグラフィックプリント。
塗装ベタ塗りでは無く、クロス貼りに目地を設けているのも高級感があります。

e0365419_17593257.jpg
ようは手仕事か否かでは無く、置くか置かないかのセンスの大切さ。

ただの壁だったり、何処にでもある額縁より余程雰囲気でますよね^ ^





bluetooth
JBL、なんだかんだで一番使いやすいですね。

e0365419_17593005.jpg




面積は35㎡と、バンコクの高級ホテルとしては決して広いとは言えませんが、
窓側にはデイベッド並みに大きなソファベンチが。

e0365419_17593243.jpg




これはかなり快適♪ スタンダードルームでもソファは欲しいですよね^ ^

正直これがあると、わざわざスイートを予約しなくてもいいかなと思うくらい。

e0365419_17593002.jpg



窓の外は北側で、一番高層ビルの少ないエリアです。

e0365419_17593195.jpg



左に視線を移せば、チャオプラヤ川沿いのホテルも見えます。
ミレニアムヒルトンよりはるかに高い、アイコンサイアム(画像左端)も外観は完成しています。
私がヒルトンに泊まったのは2014年、その時は更地でした。もう4年経ったのか・・・
e0365419_17594488.jpg



とにかく、シーロム・サトーンの超高層ビルが見えるお部屋は
上級カテゴリーだけという事だけは、このレイアウトでわかりました。
e0365419_17595345.jpg



ミニバーとクローゼットは入口すぐの廊下沿い。
e0365419_18343654.jpg




扉が無く、棚が多いので使いやすいし、ラゲッジラックも大理石貼りで安定感があります。

e0365419_17594436.jpg




ミニバーのお菓子は上段に。

e0365419_17594380.jpg




引出しにはオリジナルのお茶とドリップコーヒー。

e0365419_17594378.jpg




ネスプレッソが無いホテルは、フレンチプレスを置くホテルをよく見ますが、

私は苦手なのでドリップ式は嬉しいです。

e0365419_17594442.jpg




冷蔵庫の中身はこんな感じです。

e0365419_17594376.jpg




クローゼットです。この広さの客室なら、扉が無い方が部屋が広く見えていいですね。

e0365419_17594474.jpg




最後にバスルーム。
e0365419_17594445.jpg




総大理石貼りの床や壁面。海外にありがちな目地の荒さや汚れも無く、大変クリーンな状態です。

e0365419_18200456.jpg




ごくスタンダードな洗面台ですが、アメニティは色々揃っております。

e0365419_17595386.jpg



e0365419_17595347.jpg




シャワーはバスタブ横の洗い場式です。

e0365419_17595475.jpg




トイレタリーはマリオット標準のTHANN・・・
って、置き方雑〜(笑)
e0365419_17595306.jpg
私はこのブランドの赤ボトルシリーズが苦手なので(香りが濃くて強過ぎる)、

アンダーズから持ち帰ったものを使用しました。





バスタブは、忙しくて入る事は出来ませんでしたが快適そう♪

e0365419_17595485.jpg




ガラス越しにテレビも見られます。
e0365419_18165428.jpg


35㎡、高級ホテルとしては低めのカテゴリーのブランドですが・・・
インテリアの質感や洗練度、居住性から設備、アメニティに至るまで何ひとつ不満の無い客室。
レイアウト的にも、これ以上手の付けようが無い完璧さです。


ロケーションを除けばここはいいですよ! タクシー移動なら、慣れればそこまでの不便は感じませんし…

これなら通常2万近い宿泊料金も納得!?

いや、やはりバンコクなら1.5万程度が妥当な気がします。それでも館内は大賑わい、人気のホテルなんでしょうね^ ^


お籠りステイには物足りないかもしれませんが・・・
インフィニティープールやルーフトップバーなど施設も楽しいので、リピートしたいと思いました。






.


[PR]
by hotelogg | 2018-09-11 09:00 | 2018年8月 バンコク | Comments(0)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31