ハイアットプレイス深圳東門にチェックイン



深圳での滞在は、『ハイアットプレイス深圳東門』
e0365419_11462396.jpg

香港との国境? 羅湖から地下鉄で2駅、老街駅の真上にある新しい複合施設内にあるホテルです。


この日は雨、なんとか濡れずにホテル内へ入ろうかと思いましたが無理でした。地上H出口を出てすぐ左に回り込めばエントランスです。
e0365419_11464793.jpg




最も低価格の部類であるハイアットのカジュアルブランドですが・・・入口はなかなかじゃなーい♪
e0365419_11471228.jpg




デスクはありますがベルはおらず、(というか警備員兼用のタクシー係っぽいおじさん1人)。 ロビーのある6階へ上がります。
e0365419_1147381.jpg




見た目はハイアットタッチでも、中国のせいかエレベーター内の細かい部分で施工のアラが目立ちます。
e0365419_1148458.jpg




6階に上がると、目の前にピアノと大きなグラフィックアート。
e0365419_11481858.jpg




ロビーは天井低めですが広く、ソファも沢山置いてあります。
e0365419_11514854.jpg




e0365419_1152774.jpg




天窓風の照明はスーパーポテトデザインに似ていますね。スタンド照明もアンダーズ上海に似てるし、もしかしてここも監修してるかも。
e0365419_11522737.jpg




e0365419_11524115.jpg




質感や艶っぽさはパークやグランドと比べるまでも無いですが、ここだけ見ると何の不満もありません。
e0365419_11525761.jpg




深圳のこのエリア、最新外資系ホテルが少ないのでひときわ洗練された空間に映ります。
e0365419_11541351.jpg




質感は低くても、フォルムはハイアットタッチらしい洒脱感が。
e0365419_11542929.jpg




奥にはレセプションからショップ、バーラウンジとカウンターがひと続きに。
e0365419_11545195.jpg




こちらのホテル、政府の意向なのかチェックインの際に写真を撮られます。深圳だけなのかしら・・・?
e0365419_11551564.jpg




e0365419_11552538.jpg




24時間スナックや軽食を購入出来る 『24/7 Gallery Market 』、 見てみるとパンやサラダは種類が少ないし高い。
ケーキなんて38元もします。
e0365419_115624100.jpg




あとはお菓子やドリンク、カップラーメンばかり。外はお手頃グルメ満載の東門エリアなので利用価値は低め。
e0365419_11565387.jpg




e0365419_1157682.jpg




少しキッチュな茶器なんかも販売しております。
e0365419_11574011.jpg




こちらはバーラウンジエリア。誰もいないなか、男性が1人ご飯を食べていました。
e0365419_11581842.jpg




奥まで進み左に曲がるとダイニングの 『Gallery Menu』。天井が高くて開放感のある空間。
e0365419_11583916.jpg




e0365419_11585053.jpg




ビュッフェカウンターも、簡素ですがオシャレに演出してあるのは流石ハイアット。
というか、最近は何処のホテルブランドの低価格ラインでもデザインは上手いですよね^^
e0365419_11594467.jpg

こちらは全プランが朝食付きという嬉しいホテルなんですが、翌朝はオープン前にチェックアウトしなければならず・・・残念です。




他の方のブログで見かけましたが、日本人フレンドリーな男性スタッフが居てチェックインの際の印象は上々♪

ロビー階のエレベーターホールです。
e0365419_1202743.jpg




エレベーター内もかなりあっさりめ。
e0365419_1204196.jpg




e0365419_1204996.jpg




客室フロアのエレベーターホールは廊下兼用。
e0365419_1212494.jpg




私の客室までは、片方に窓がありました。
e0365419_1213830.jpg



深圳は香港よりホテル代は安いんですがここは中国。地元系のビジネスホテルだと色々不安だし、
意外に3〜4星系の外資系が少ない(あっても少々不便な場所にある)。
羅湖からすぐ、地下鉄直結という事だけで選びましたが・・・トランジット滞在で寝るだけなのに、お部屋選びは無駄使いしました(笑)
客室の紹介は次回に^^





客室でシャワーを浴びたあと、夕暮れのパブリックエリアを探索。
e0365419_1225732.jpg




今回の旅行、以前にも増してピンボケが多いです・・・何度撮ってもピントが定まらない、カメラの寿命かな。
e0365419_1231495.jpg




誰も居ないのに、館内に鳴り響くピアノ演奏。
e0365419_1234554.jpg




鍵盤を見ると自動演奏でした。
e0365419_1235816.jpg




地上階のエントランスは、やはり夜の方が艶やかな雰囲気。アートな照明が効いています。
e0365419_1242134.jpg




e0365419_1261750.jpg


ハイアットプレイス、深圳ではこちらが先発開業。昨年空港近くに、ハイアットハウスとセットでもう一軒開業しました。
パークハイアット以下のブランドの中国進出は勢いがありますね〜





[PR]
by hotelogg | 2018-05-31 09:00 | 2018年5月 香港・深セン | Comments(0)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31