人気ブログランキング |

ベトナム航空でフーコック島へ


旅行2日目は朝4時半に起床。ね・・・眠いというか、怠い(汗)
この旅行で1つ目のミッション。朝7時55分発、ホーチミン経由フーコック島行きのフライトが控えています。

時間を逆算すると、6時には空港に着いておきたいところなので、タクシーを使わない移動はすごく不安・・・

朝5時過ぎにホテルをチェックアウト。駅までのタクシーをお願いすると、
『電話で呼ぶタクシーは九龍駅には(近いから)行かない、自分で拾って』 と。
いや、地下鉄駅3つ分もあるんですが・・・こんな所が高級ホテルと安ホテルの差。

外はまだ真っ暗でしたが、モンコック中心部なので大通りに出るとタクシーはそこそこ走っていました。

朝早過ぎて渋滞が無いので、旺角から九龍駅までわずか5分、早っ!
e0365419_9492744.jpg




九龍駅のインタウンチェックインは朝5時半から。
ベトナム航空のカウンターも空いていました。しかし画面表示は無いので、入口表示板右下の案内で確認しましょう。
e0365419_9495735.jpg




ずっと7:20発だと思い込んでいましたが・・・7:55じゃん! もっとゆっくり来れたのに(泣)
e0365419_951798.jpg



ここでまたトラブル、インタウンチェックインはエアポートエクスプレス利用者のみ(有効のチケット保持者のみ)なんですが、
入口のゲートでスマホのモバイルチケット画面が反応せず・・・
多分、昨日一度入ったので(カウンターが閉まっていてチェックイン出来なかったけど)、入場権が無効になってしまっているんでしょう。

改札のボタンを押しスタッフを呼んで事情を話すと、サービスカウンターで記録を確認後、横の扉から入れてくれました。
海外旅行は予想外の連続、焦りましたが解決した時はスカッとしますね(笑)


インタウンチェックインはいつもガラガラなので良いですが、ベトナム航空担当の男性スタッフはかなり愛想が悪い・・・
e0365419_9523174.jpg


ベトナムの国際線⇒国内線の乗継は、荷物を到着先で一旦受け取り、再度国内線チェックインをしないといけないんですが、
『以前ベトナム行った事ありますか? 荷物はホーチミンまで』 だけ。

ホーチミンまでのフライトは窓側をリクエストしたんですが・・・窓の無い部分の列、
ガラガラなのに自分の列だけ赤の他人でぎゅうぎゅう詰め。

シートの配列は偶然かもしれないですが、あの愛想の無さだと意地悪されたとしか思えないわ(怒)


九龍駅の始発5:54に乗車しましたが、乗客はいっぱい。
e0365419_955513.jpg




何度みても、クールな空港ですこと・・・
e0365419_9564117.jpg




到着ロビーの太興で、焼味の朝食を・・・と思ったら、朝食専用メニューのみ。(焼味は11時より提供です)
e0365419_1004291.jpg




ホーチミン行は沖止めなのでバス移動、ゲートが500番台だとそうなります。
e0365419_10138100.jpg




ホーチミン行きのフライトはガラガラだったので、一列に固められた私達を不憫に思ったのか、
他の空席に案内していただきました。
e0365419_9583135.jpg



ホーチミンに到着、空港で両替を済ませ(手数料は5%程度)外に出ます。相変わらず迫力ある送迎待ちの方々(笑)
e0365419_10181475.jpg




到着口周辺はカオス。
e0365419_10182652.jpg




フーコック島行きの国内線に乗り換える為、歩いて出口左側の国内線ターミナルへ歩いて向かいます。
e0365419_10183925.jpg




e0365419_10185688.jpg




距離は150メートルぐらいでしょうか、すぐそこです。
e0365419_10191376.jpg




国際線に比べ、外も中も広告がカラフルです。
e0365419_10192850.jpg




e0365419_10213360.jpg




e0365419_10193887.jpg




e0365419_10195653.jpg




制限エリアのお店は高いかなと、外気に面したカフェでバーベキューバインミーとベトナムアイスコーヒーを(計7万ドン)。
e0365419_10201746.jpg




バインミーはやはり、ホイアンのバインミーフォンで食べた衝撃が忘れられず・・・お味は普通。
中に生の青ネギが入っていて、食後は結構匂いがキツかったです。
e0365419_10203314.jpg




ベトナム航空の国内線カウンターです。
国内線ですが、外国人なのでパスポートは提示しないといけません。
e0365419_1024062.jpg




2階に上がりセキュリティーチェック。こちらも搭乗券とパスポートを提示します。
e0365419_10242135.jpg




チェックインカウンター含め、国内線のせいか入口周辺は動線が変わっている制限エリア。
e0365419_10243943.jpg




あら、こちらにもフォーやバインミーが食べられるカフェがあるじゃん。値段は外より少しお高め。
e0365419_10245653.jpg




いよいよフーコック島へ♪
e0365419_1027508.jpg




e0365419_1028026.jpg




搭乗は定刻通りでしたが、何故か離陸が20分遅れ・・・フーコックにはそのままの時間遅れて到着。
とはいえホーチミンとフーコックの距離は約300km、飛行時間自体は40分程度であっという間。
e0365419_10263156.jpg




ターミナルビルは綺麗ですが、ブリッジは工事中。全てのフライトは沖止めです。時間かかるからイヤなのよね〜
e0365419_102769.jpg




といいつつ、荷物を預けていると結局空港を出られる時間は同じですけどね^^
e0365419_10281387.jpg




バゲッジクレームにアジア系のシャイニーGカップル発見。香港かシンガポールか・・・見た感じそっち系。
お高そうなオーラがプンプンします。
ホテル何処かしら・・・JWには来て欲しくないわ(自分は1人なので)。
e0365419_1029642.jpg




空港を出ると、JWマリオットのシャトルサービスの案内に立ち止まるシャイニーG達。
はい予感的中〜オカマがチョイスするホテルは世界共通。
e0365419_10294074.jpg

黒塗りSUVでの高いシャトルサービスではなく、私はメータータクシーで向かいます。


出口正面に沢山のタクシーが待ち構えています。
ホーチミンやダナンでは信頼のビナサン社一択ですが、フーコックではそれらしき姿が見当たらず・・・
e0365419_1030138.jpg

適当に案内された黄色いタクシーに乗り込みました。
不安でしたが、往復共フーコック島なら普通にメーターを倒したのでどの会社でも大丈夫そうです。






ついでに帰り・・・ホテルのチェックアウトでバギーをピックアップアップしたんですが、またまたシャイニーGカップルと乗り合わせ。
もぅ〜なんなのよ! って向こうは視界にも入ってないから。
e0365419_10303989.jpg

JWマリオットはチェックアウト時に時間指定すれば、ローカルタクシーを呼んでくれました。



空港の外観を車窓から。
e0365419_10323486.jpg




出発フロアのエントランス、かなりガラーンとしています。
e0365419_10325085.jpg




正面の風景も・・・丘だけ。
e0365419_1033767.jpg




中に入ると、ずらりと横に並んだチェックインカウンター。こちらもガラガラ・・・出発2時間前から開始です。
e0365419_10332316.jpg




かなりゆったりした雰囲気ですが、早く着き過ぎるとベンチは両端しかないので、常に占拠されていて座れません。
e0365419_10333790.jpg

国内線なら出発90分前でも十分だと思います。



ターミナル右端が国際線、左端が国内線の保安検査場です。

今回は国内線の制限エリア、こちらにもフォーとバインミーを出すカフェとバーガーキングがありました。
どちらも500円程度で食事+ドリンクがいただけます。ハノイやホーチミンより良心的♪ 国内線だからでしょうか?
e0365419_1034283.jpg




搭乗エリアの椅子は沢山ありますが、ベトナム人のお子様達、かなりうるさい・・・館内にずーっと嬌声が響きわたります。
e0365419_10351766.jpg




マッサージチェアが6分1万ドン(約50円)と安かったので12分。
日本のものと比べ、動きが単純過ぎて気休め程度にしかならないわ・・・
e0365419_10364936.jpg




ブリッジは工事中なので、地上の待合室へ・・・って、こちらも何でそんなに響くのと思うぐらい子供がうるさい!
幼稚園の運動会かと思うぐらいの騒々しさ。早く着いてこんなに疲れる空港は久々です・・・
e0365419_1037365.jpg



定刻にホーチミンへと向かいます。
e0365419_10375834.jpg




ホーチミン到着! 夜遅めだったのでこの日はホーチミン泊。
e0365419_10384864.jpg




タクシースタンドは国際線より空いていました。手前で声を掛けてくる輩を無視し、
緑シャツ赤ネクタイのビナサン社の案内人がいるスタンドへ。
e0365419_10403452.jpg



初めてのベトナム国内線利用でしたが、フーコック島は外国人旅行者も多いのでアウェイ感も無く
英語のアナウンスもあり、無事に往復出来ました。
GWだったせいか、空港も機内も日本人をかなり見かけました。


ちなみにフーコック島は、ベトナムでは無くカンボジア沖に浮かぶ、淡路島とほぼ同じ大きさの島。
(領土としてはベトナムです)
e0365419_11222940.jpg

元々海がそこそこ綺麗な他には歴史や自然遺産は無く、政府主体のリゾート開発が盛んな島てす。


リゾートホテルは沢山ありますがほとんどが地元ブランド。
高級外資系も少しずつ増えてきて、昨年1月に開業したJWマリオットを皮切りにインターコンチネンタル(もうすぐ開業)や・・・
e0365419_11231872.jpg




e0365419_11232762.jpg




アコーがマネジメントするオールヴィラタイプのプレミアヴィレッジ(JWを超えてフーコック最高額)
などが最近開業しました。
e0365419_11241729.jpg



ちなみに香港―フーコック間は、ベトナム航空HPだとホーチミン経由なのでバラ買いのみで往復約4万。
Ctripだとまとめ売りで往復約3万円でした、とうとう航空券までCtripに依存するなんて(笑)

フライト時間変更のメールも来たし、問題無く利用出来ました^^
私は1月末に購入しましたが、もっと早めに予約すれば往復2万のチケットも出ていました。

フーコック島ってバンコクからしか行けないイメージがありましたが、
ハノイがホーチミンまで行けば、フライト数は多いし香港からベトナムは近い。
予想以上に安く、手軽に行けて良かったです♪






Commented by tz at 2018-05-12 01:48 x
フーコック島って地図で見てみると、カンボジア領?って思ってしまいました。
JWマリオットのリポート、楽しみにしてます!
Commented by hotelogg at 2018-05-12 11:27
> tzさん

そうですよね、カンボジアにガッツリ入っているので勘違いしてしまいます。
JWは撮影スポットが多過ぎて、久々のレポにはハード過ぎました(笑)
沢山画像アップしますね〜^ ^

Commented by g67gtf at 2018-05-12 15:57
以前、バンコクのスコータイでの情報でお世話になりました。
hoteloggさんのレポート通り、電源の確保にやられました。

個人的にはホテルより移動手段にお金を掛けてしまいます(若くないので)
hoteloggさんと恐らく同年齢位かと思われますが、今回は生足披露やらエレベーターでのシルエットやらサービスショットがあったので、思わずコメントしました。

あ、スコータイのプール、中華系のお仲間数名で来てました。わざわざ泳いできてチェックされ‥純粋に1人でゆっくりしたいのに、お仲間遭遇すると1人→見下され感がハンパないです。
ホテルレポートも引き続き楽しみです。
Commented at 2018-05-12 19:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hotelogg at 2018-05-13 10:51
> g67gtfさん

お久しぶりです、スコータイはコンセント少ないですよね…
一昔前のホテルはやはり、どこでもそんな傾向にあるような気がします。
あとはあそこ、バスルームをもう少し明るい雰囲気にしていただきたいな〜

まぁ、旅先のホテルで出会う皆さん…というかGは航空マニアも多いので
基本レガシーキャリアで渡航ですよね。
臨場感を出したり、職場に着ていかない服装でしたらモザイク掛けずに載せております^^

プールのチェック、不快かもしれませんが見に来るというかとは気にされている証拠ですよ。
記事のシャイニーG、私が見えてないような態度でしたもの。
私の見下され感は、向こうのグループがイケてたら感じますね〜
そうでなかったら[どうぞご勝手に♪』と何ともブス思考で…(笑)
Commented by hotelogg at 2018-05-13 10:53
> eさん

お答え出来る範囲であれば可能です。
Commented by ojarudenbo at 2018-05-13 19:34 x
初めまして。
ホテル選びの参考と時折出てくるGネタに「へえ~、そういうものなのねえ」と楽しませていただいてます。
(当方♀です)
久々のup、心待ちにしていましたのでとってもうれしいです。

私は10年ほど前までhoteloggさんよくご存じの中国広東省に住んでました。当時開業したばかりの広州グランドハイアットに宿泊してラウンジに並んだプチフルーツタルトや朝食のキッシュに感動したのを思い出します。今はどうか知りませんが当時そんなこじゃれた粉モン食べる中国人いませんでしたから。

来年のGWが10連休だったらホイアンも入れつつダナンでインタコかな~、と目論んでいるのですがフーコックも捨てがたいですね。ホーチミンではどちらにご宿泊でしょうか?JWマリオットとともにレポート楽しみにしています。


Commented by hotelogg at 2018-05-13 23:01
> ojarudenboさん

初めまして、コメントありがとうございます^^
Gネタは私個人の独断と偏見で書いているので皆そんな視点では無いと思いますが…
まぁ一端としては、こんな感じです(笑)

広東省にお住まいだったんですね! GH広州、当時は大変洗練されたホテルだった事でしょう。
実は今回宿泊予定でしたが、高鉄の予約の都合で叶いませんでした。
当時から中国離れしたサービスだったんですね〜
しかし今ではホテル激戦区、ローズウッド広州の開業時にまた訪れたいです^^

ダナンインタコ+ホイアンって、皆さんにお勧めしたい本当に素敵な組み合わせだと今でも思っております。
10連休ならフーコックを入れるのも可能では?なんて(笑)
ホーチミンは乗り継ぎ滞在だったので、ローカルのプチホテルでした。
しかし香港とは比べ物にならないコスパの良さ…今後も宜しくお願いします♪
Commented at 2018-05-13 23:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hotelogg at 2018-05-14 09:24
>〇さん

ひねくれ〇の旅日記で、9階・19階からの眺め、Hotelog+Gにて4階プールからの眺め画像がありますので、参考になれば幸いです。
オーシャンビューは目の前に遮る建物が無い事、対岸が離れている事で低層階でもそれなりに景色は楽しめるとは思いますが、客室はおそらく5階から始まるので心配ですね。
予約時に出来るだけ高層階に~と英語でリクエストすれば、ハイアットなら高確率で希望を叶えてくれます、
20階台は無理でも10階後半とか・・・
しかしオーシャンビューは1フロアあたり3室、そのうち1室はツインですので
空室状況によっては厳しくなるかもしれません・・・
今までの経験で、数が少ないお部屋はリクエストが通りにくい&アーリーチェックインが出来にくいです。
調べると20000ウォン程度の差なので、思いきってハイフロア予約がいいのかもしれません。
ちなみに最上階からの景色はラウンジにて思う存分楽しめます。
ブリッジの見える夜景は本当に綺麗ですので、素敵な滞在になれば良いですね^^
Commented by katooaki at 2018-05-14 18:40 x
久しぶりの旅行記は勿論ですが、fashionも毎回楽しみにしてます(^_^)vansにsaturdays?ですか?カジュアルも素敵ですね♡
Commented at 2018-05-14 21:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hotelogg at 2018-05-14 23:38
> katooakiさん

はは、ありがとうございます^ ^
Saturdaysのサーフショーツは、東南アジアに行く時は街着兼水着の上(泳ぐ時は脱ぐww)として毎年活用しています。
VANSは今年妙に気分でして…あと安いから旅行で汚れても平気という(笑)
私よく、スーツケースの車輪を靴に引っ掛けてしまうんです。

旅行中体調がすぐれず、私服撮りはしませんでしたが、
気が乗れば後撮りしたものを載せたいと思います^ ^
Commented by hotelogg at 2018-05-15 01:36
> ○さん

客室フロアのレイアウトを無くしてしまったのですが、
03は一番狭いのでキングだと思います。
景色はガラスの傾きはありますが、窓際に行けば見え方はほぼ同じだと思います。
他にはマイレージライフや機上の空論というブログでも
私より沢山滞在経験があるで参考になると思います。

ブログを見て宿泊を決めたなんて嬉しいですね^ ^ ブログ冥利につきます。
誰が撮っても素晴らしく見えるホテルなので、是非素敵な滞在を楽しんで下さい^ ^
Commented by e at 2018-05-15 20:57 x
ありがとうございました。

ブログ、とても楽しく、参考にさせて頂いております。
初海外旅行で、hoteloggさんの、ブログのおかげで、泊まりたいホテルがみつかって、旅の楽しみが、ふえて良かったです。
これからも、楽しみに拝見させて頂きます☆

ご多用の中、ありがとうございました。
by hotelogg | 2018-05-11 09:00 | 2018年5月 香港・深セン | Comments(15)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31