昨年に続き、まずは香港へ。


今年のGW旅行も、とりあえず香港へ。

行き先は決まっていませんでしたが、昨年11月の大セール中にとりあえず香港往復を押さえておきました。
いつもの香港エクスプレスで、GW期間中なのに往復17000円!
e0365419_1511293.jpg

ただ今回は旅行期間が長いので、手荷物預けで往復8400円プラス。
とりあえず香港に着いておけば、アジア方面は片道2万を超える事は無いので、
あとからじっくり行き先を考えましょうという考えです。



香港に到着。いつもは安くてホテル近くで下車出来る空港バスを利用するのですが、今回はエアポートエクスプレス。
e0365419_1514847.jpg




速いけど高いのがネックですが、KLOOKという旅行関連のクーポンサイトからオンライン購入すれば35%オフ。往復約1600円でした♪
メールで送られてくるQRコードがモバイルチケット。
e0365419_152105.png



詳しい購入の仕方は以下のサイトにお世話になりました。

https://aoitrip.jp/hongkong-airport-express-klook


九龍駅に到着。今回エアポートエクスプレス利用の目的は・・・
明日のフライトが7:55と早朝なので、駅で行えるインタウンチェックインを済ませておきたかったから。
(モバイルチケットは専用の改札なので注意)
e0365419_1532465.jpg



出発2時間前に空港着なら早朝5時台。
流石にその時間は電車も無いし、バスも空港職員向けで停留所が多く時間がかかります。
早起き出来るかも不安ですしね〜

前日にチェックインを済ませてスーツケースを預けておけば、
身軽に香港トランジット滞在&翌日も空港カウンターの長い列に並ばなくて良いですから♪
e0365419_154615.jpg


・・・とカウンターに向かうと、ベトナム航空の表示が無い。
同じスカイチームである大韓のカウンターで尋ねると、『この時間はベトナム航空は閉まっている(16時過ぎ)』 と。
ガーン!! わざわざ高いエアポートエクスプレスで九龍駅に来た意味ないじゃん。
大きめのスーツケースもあるので、バスや地下鉄ではホテルへも厳しいし・・・

仕方なくタクシーでモンコックのホテルへ向かいます。出費が嵩むわ〜もぅ・・・
空港で1泊分の着替えもトートに詰替えたのに、無駄な作業だったわ。
e0365419_1575869.jpg






旺角のホテルへチェックイン後、地下鉄で尖沙咀向かいます。相変わらず人多過ぎ〜
e0365419_1592129.jpg




毎回恒例の、手数料1%ぐらいしかかからない重慶マンションで両替。
e0365419_1593279.jpg




今日は日曜、昨年は実家に送金する出稼ぎ外国人の長い列にイライラしましたが、今回は行列も無くスムーズ。
e0365419_1595337.jpg

また香港ドルだけでなく、世界中の通貨のレートも一律に良いので、中国元も両替しておきます。
ちなみにベトナムドンは取り扱いがありませんでした。

あと久々に、南アジア系のニセモノ時計売りから、
『シャッチョサーン、ニセモノトケイカワナイ!?』と声を掛けられました。
わーい日本人と思われた(喜ぶとこ違うww)。



尖沙咀に来たら、やっぱりひと目見ずにはいられない夜景。
プロムナードへ向かうと、新しいパビリオンが出来ていました。
e0365419_15101694.jpg




パビリオン越しの夜景もまた新鮮。
e0365419_15102890.jpg




どうやらプロムナードは改装中らしく、観光客は皆ここで夜景を鑑賞していました。
e0365419_15104534.jpg




内側の広場も大幅に改装されていました。
e0365419_15105868.jpg




芝生の広場で思い思いに寛いで・・・夜は涼しくて気持ちいい〜♪ 何度見てもPENの存在感といったら(笑)
e0365419_15111866.jpg




ローズウッドホテルも灯りが着いています、秋に開業予定です。
e0365419_1512584.jpg




公衆トイレも、グリーンウォールがおしゃれ。
e0365419_15122185.jpg



尖沙咀はどんどん変わっていきますね~
e0365419_15122913.jpg






尖沙咀で両替後、深水埗へ向かいました。
ディナーは昨年と同じく劉森記。ワンタンの美味しさが印象に残っていて再訪です。
e0365419_15141767.jpg




相変わらず常に満席状態。
e0365419_15143727.jpg




名物の蝦子撈麺は・・・1度でいいかなという印象だったので、
今回は雲呑麺に牛スジを追加してみました(38ドル)
e0365419_15162513.jpg

メニューの中から5ドルで1種類、10ドルで2種類の具の追加が出来ます。
雙併 or 三併+具材を伝えれば筆談でもオーダー可能。


いつもの事ながら香港の麺は具材が下に入っているので、撮影用に引っ張り出す(笑)。
e0365419_15172347.jpg




ワンタンは相変わらずの美味しさ、何が入ってるんだろう? 少し香ばしいんですよね。
乾燥した蝦の卵を入れているんでしょうか? 本当にオススメです^^
e0365419_15193633.jpg


牛スジはボリュームがありました。何洪記のと比べて食感も味付けもワイルド。
お腹いっぱいになりますが、牛スジを煮込んだ濃いスープや牛肉の脂が、クリアなスープを濁してあまり良い組み合わせでは無かったかも・・・



劉森記も人気なんですが、お店前のこちらは昨年から行列が出来ています。どんな料理なんでしょう?
あと数件先のお洒落な小籠包のお店も行列でした。
e0365419_1522045.jpg




深水埗の大通りを渡り、昨年衝撃を受けた通称泥棒市場を通り抜け・・・
e0365419_15242100.jpg




これ、ゴミじゃないんです。れっきとした商品。
e0365419_15244731.jpg




デザートは同じく深水埗の香港スイーツのお店 『康端甜品』へ。 うわーめっちゃ賑わってる!
深水埗の中心街からは少し離れているのに凄いですね。
e0365419_15282143.jpg




行列こそ無いものの、店内は常に満席。
e0365419_15283263.jpg


今回参考にさせていただいたのはこちらのブログ。
在住の方だけあって、情報量と最新のお店の紹介が素晴らしいです。
本当に、ガイドブックや旅行サイトいらず。

https://ameblo.jp/erihktabearuki/


いつも楊枝甘露やマンゴープリンしか食べないので、今回は薬膳系を試してみることに。
体に良さそうな、地味系ローカルスイーツばかり(笑) 全部20~25ドルとお値段も嬉しい。
e0365419_15291599.jpg




お店イチオシの 『特式仙草百配(25ドル)』 色んなぶつぶつ粒々が浮んでいます。
団子やタピオカ、仙草ゼリーにあずき・・・暖かい or 冷たいスープが選べます。
e0365419_15313285.jpg

満席なのに注文を受けてから1分もかからず運ばれて来る・・・香港のスイーツ店は出て来るのが早いです(笑)

甘さはかなり控えめ。たまに甘いなと思うのは、小豆や黒砂糖味のタピオカが口に入った時だけです。
お餅はグニグニ、タピオカはプルプルで、よく噛んで食べるとお腹にも溜まりますが、
下に溜まったふるんふるんの仙草ゼリー(ほのかな薬草風味)のせいか、何故か食後はさっぱり。





ホテルのある旺角に戻りました。
e0365419_15343713.jpg




日曜だからなのか、西洋菜南街は相変わらず凄まじい人出。
e0365419_15345672.jpg




歩行者天国で繰り広げられる、思い思いのパフォーマンスはここだけでしか見られない独特の雰囲気。





パフォーマーも観衆も、少し変わった人が沢山います。(画像の猿はチラシ配りww)
e0365419_15373534.jpg




スーパーやドラッグストアで、お土産やホテルステイ中のドリンクなどの買い出し。
e0365419_15375435.jpg




繁華街の大通り沿いでは、普通に歩いているとなかなか見つからなスーパーですが、
香港は大体大通りから少し入った建物の地下にあります。
e0365419_15381612.jpg




バラマキ土産も早々に購入、最近日本の旅番組でも取り上げられた、念慈庵のど飴にしてみました。
パッケージも雰囲気出てるし、安くて嵩張らないので〜
(空港T2のドラッグストアでも、ほぼ同じ値段で売ってました・・・)
e0365419_15385992.jpg




今回の旅行、香港滞在は今夜のみ。
あとの旅先は田舎リゾートなので、出会いも期待したいなと思っていたら・・・
ホテルに入ってWifiを繋げた途端、瞬殺で近所に住む子が押しかける勢いでやってきました(笑)
e0365419_15403024.jpg

(撮影を失敗していたホテルのベッド画像、ここで使いますww)


ちなみに、最近知ったGネタ・・・私以前から、香港が1番メッセージが来るんです。
日本人G人気は台北やソウルでしょうが、そちらはイマイチ反応が(泣)

街の雰囲気も好きだしメッセージは沢山来るしと好印象だったのですが・・・
香港は不動産と家賃が非常に高い街、ほとんどの地元Gも実家暮らしなのです。

そう、ようは ”タダで場所アリ” の外国人旅行者はお手軽に楽しめるという事。
英語が話せて旅行=海外になってしまう港Gは外国人慣れしているし・・・

という事で、数年私の心の支えであった、香港ではモテる説はもろとも崩れさったのでありました。
まぁ、反応無いよりあった方が楽しいけど(笑)






[PR]
Commented by yue at 2018-05-11 12:48 x
こんにちは。hoteloggさまの旅行記、楽しみにしてました!
私事で恐縮ですが、先日初めて香港に行ってきました。hoteloggさんのおっしゃる通りの、香港島の色気にノックアウトされ、過去記事を何度も拝見してうっとりしています。
九龍側はあまり探索する時間がなかったのですが、次回はこのカオスをぜひ体験したいと思ってます!チラシ配りの猿、雰囲気がツボです〜笑笑
Commented by hotelogg at 2018-05-12 11:24
> yueさん

おお〜初香港でしたか! 楽しまれたようでなによりです^ ^
港島の色気、共感していただいて嬉しいです!
あれ、九電と何が違うんでしょうね…建物やお店はあまり変わらないのに。
といいつつ、乗継では半島側が便利だし美味しくて安い店も沢山あるので、
すっかり九龍の下町に埋没してしまってますが(笑)
今回香港編はこれ一度きりですが、引き続きよろしくお願いします。
by hotelogg | 2018-05-09 09:00 | 2018年5月 香港・深セン | Comments(2)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31