名古屋ガレット対決!?


名古屋に滞在中は、自転車で移動する時に少し遠回りしても
最短ルートとは違う路地を通る事もありました。出来るだけ街の様子を知りたくて^^

とある日、丸の内の路地裏を走っていると急に現れた古い町並み・・・
e0365419_1552248.jpg




調べると 『四間道(しけみち)』 と呼ばれる江戸時代の城下町跡なんだとか。
e0365419_1553813.jpg




地元の方には有名なんでしょうが、名古屋城と熱田神宮ぐらいしか
歴史的観光地が無いと思いこんでいるヨソモノには非常に新鮮でした。
e0365419_15533692.jpg




といいつつ、立派な町家や蔵は連なっておらず点在しており、京都や高山みたいな一体感は出ておりません。
e0365419_15535980.jpg




e0365419_15541795.jpg




このエリアは町家を改装した飲食店も多く、名駅や栄の喧騒から離れてまったりと食事を楽しめる・・・はず。
e0365419_15544691.jpg




名駅と栄の間で賑わいが途切れるこちらのエリア、ビルや住宅は沢山あるのに昼夜問わず静かです。
e0365419_15551164.jpg




e0365419_15553079.jpg





その中で、メニューと価格帯から入りやすそうな 『Pas a pas(パサパ)』 へランチをいただきに。
e0365419_15555318.jpg




使われる食材は有機・無農薬野菜、コーヒー・紅茶にもこだわったカフェだそう。
e0365419_1556867.jpg




12席の小さな店内。日曜13時に入ると、たまたまカウンターがひとつ空いていました。予約は必須ですね・・・
e0365419_15562738.jpg




白い壁のシンプルな店内は、狭いながら明るく居心地が良いです^^
e0365419_1556542.jpg




朝にLe Supremeの菓子パンをガッツリ食べてきたので、ヘルシーにガレットのワンプレートを(1000円)。
e0365419_155719100.jpg




ガレットデカイ! 上半分に隠れてはいますが、たっぷりの野菜サラダとキャベツのピクルス、ヨーグルトが付いています。
e0365419_15574587.jpg




ガレットの中はホワイトソース。
火の通り方が絶妙なエビや、厚切りベーコン、きのこがゴロゴロ入っていて、この内容で1000円はかなりお手頃。
e0365419_15582011.jpg

パリパリのガレットも美味しいんですが・・・皮が薄すぎてソースを持て余します。欲を言えば、追いガレットが欲しい(笑)





ガレットといえば、ずっと気になっていた名駅前の豊田通商ビル1階の
『LA BOBINE Galette Cafe(ラ・ボビン・ガレットカフェ)』 にも行ってみました。
e0365419_15595921.jpg




店構えもオシャレだし、どのメニューも美味しそう♪
e0365419_1602639.jpg




e0365419_1605886.jpg




Billsをライセンス展開している会社が経営しているみたいです。内装もカワイイけれど甘過ぎなくて素敵。
e0365419_1613341.jpg




ガレットは小海老とムール貝が包まれた『フリュイ ド メール』(950円)と、
4日間限定で、650円のシードルが100円だったので、『ローズマリーとレモンバームのスプリッツァー』 を。
e0365419_1643615.jpg




シードルはローズマリーが添えられていて、爽やかながらハーブの渋さもあります。
e0365419_165402.jpg




ガレットは、程よい厚みの皮がいい感じ♪
e0365419_165575.jpg




野菜やムール貝もいっぱい。ヘルシーだわ〜
e0365419_1665160.jpg




ちなみに名古屋市内のクリスマスイルミネーション。1番素敵だなと思ったのはこちらのお店前の短い並木道。
e0365419_168718.jpg

電球色で輝度の高い電球が暖かくも華やかで・・・歳のせいかオーソドックスなものに惹かれますね〜
青い光とか寒々しいもんね。





.
[PR]
by hotelogg | 2017-12-27 09:00 | その他 | Comments(0)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31