ザ サリル ホテル スクンビット 57 トンロー にチェックイン



2泊目は最後に紹介するとして・・・3泊目、バンコク旅行最終泊は
『ザ サリル ホテル スクンビット 57 トンロー(The Salil Hotel Sukhumvit 57 - Thonglor)』
e0365419_939303.jpg




BTSトンロー駅近く、今年4月に出来たばかりのホテルです。マリオットホテルの角の路地を200メートル程入った所にあります。
e0365419_9394584.jpg

前回7月のバンコク旅行、全ての予約を完了した後に気付いたという・・・という事で楽しみにしておりました♪



周囲のローカルな街並みの中、ひときわ目を引く白亜の外観。電線が邪魔ですが(笑)バンコクでは無い方が珍しいので・・・
e0365419_940886.jpg




e0365419_9413735.jpg




エントランスにはドアマンが常駐、こちらのスタッフは良く働いてくれます。
e0365419_9404390.jpg




最初にタクシーを降りた瞬間は、やはりテンションが上がるエクステリア。
e0365419_941826.jpg




こちらのカフェ入口横は、絶好の撮影スポットです。
e0365419_942051.jpg




滞在中、必ずインスタ用に撮影を行うゲストに遭遇します(笑)
e0365419_9421257.jpg




マリアージュフレールの看板と、目の前のどローカルな街並みのギャップが(笑) バンコクらしいと言えばそうですよね。
e0365419_9422890.jpg






エントランスを入ると正面に小さなロビー兼ショップ。
e0365419_9425690.jpg




左手にレセプションカウンターです。
e0365419_943982.jpg




いやここがも〜オシャレで華やか♪
e0365419_9432392.jpg




e0365419_9433948.jpg




インスタ用にセッティングしましたと言わんばかりの演出です。
e0365419_9434991.jpg




e0365419_944073.jpg




世界的にそうなんでしょうが、タイは日本以上にSNSの影響が大きいので、
”インスタ映えするインテリア” は広告費の一環として予算に計上が正解。
e0365419_9441964.jpg




e0365419_9443474.jpg




隣にはカフェバーが。
e0365419_945472.jpg




e0365419_945142.jpg




e0365419_94540100.jpg




壁面の棚にはマリアージュフレールのお茶缶がずらり。
e0365419_9453046.jpg




渋みや深み、引き算の美学は一切無し。前泊のラーウィーカランヤとはスタイルは同じでも対象的
ひたすら今っぽいオシャレ感が、テンション高めに展開されております。
e0365419_10164644.jpg




地上階中央の狭い通路を抜けると・・・
e0365419_9461573.jpg




メインダイニング前のラウンジ的な空間です、こちらもトレンド満載。
e0365419_9463869.jpg




e0365419_9465140.jpg




e0365419_947121.jpg




e0365419_9471140.jpg




天井はガラス貼り、客室フロアのアトリウムが見えます。
e0365419_9472119.jpg




優雅な階段は客室フロアに続いている為、立ち入り禁止となっております。
e0365419_9473274.jpg




ダイニングの 『バー・ストリア・デル・カフェ』 のメニューを見せてもらいましたが、洋食系で美味しそうな料理ばかりでした。
e0365419_9512842.jpg

こちらのホテルに泊まると、スクンビット奥のオシャレカフェやエムクオーティエのダイニングに行かなくても十分満足。



13時前に着きましたがチェックイン可能でした。ただ忙しいのか、スタッフの話し方は相当巻きめ(笑)
e0365419_9515694.jpg




ウェルカムドリンクだけでなく、クッキーも出されます。忙しそうなのでクッキーは部屋でいただきましょう。
e0365419_9534777.jpg




スタッフに案内され客室フロアへ。インテリアのテイストから、優雅な雰囲気を売りにしているのかと思いきや・・・
アップテンポなBGMがかかり、手狭なロビーには沢山の人が行き交い賑やかな雰囲気。
e0365419_9542724.jpg




エレベーターは小さめのものが3基。
e0365419_9544197.jpg




シンドラー社のタッチパネル式です。8階以外は、カードキーをかざさないとアクセス出来ないのでセキュリティも良いです。
e0365419_9545550.jpg




客室フロアのエレベーターホール、最近、なんでこんなに傾いた画像を撮るのか・・・自分でもわかりません(汗)
e0365419_9551682.jpg




廊下はなかなか高級感があります。
e0365419_9553258.jpg




フロアの半分は、アトリウムに面しておりました。
e0365419_9554617.jpg




各フロアを大木の幹が貫いているように見える壁面が印象的。
e0365419_956342.jpg




アトリウム添いの角も丸く処理されており、ラグジュアリーホテル並みの気遣いが。
e0365419_9562986.jpg




これが四角だったら、ここまで素敵には見えなかったはず。
e0365419_9564257.jpg




反対側から見ると、ミラーがしつこいですが・・・(笑)
e0365419_957653.jpg






最後に最上階のフィットネスエリアを。8階は半分が客室、半分がパブリックのファシリティ。
e0365419_9573037.jpg




最上階から見下ろすアトリウムはなかなかの迫力。
e0365419_10183484.jpg




カードをかざして入ると(普通に空いてたけれど)、右手に小さいジム。
e0365419_9574544.jpg




左手にティーラウンジでしょうか・・・誰も利用していませんでしたが、それが勿体無いぐらい素敵なインテリア。
e0365419_9581390.jpg




e0365419_9583250.jpg




テラスに出るとプールです。
e0365419_9584647.jpg




画像で見ると、狭いし屋上なのにインフィニティじゃないし無いわ〜と思っていましたが、
思った以上に雰囲気が良かったです。入ってすぐに、水着がペアの中国人Gカップル登場。
e0365419_959045.jpg




寝そべる事が出来るチェアは3つしか無いので、ゲストが2組以上集まるだけですぐに埋まってしまいます。
e0365419_9592714.jpg

今回の旅行、3ヶ所のホテルを泊まり歩いてプールで過ごしたのは合計約1時間。
曇りやスコールが多かったのもありますし、シティホテルのプール自体に飽き気味になっています。泊まり過ぎ・・・??



あ〜あのユニコーンのフロートに乗りたい! でも1人じゃ恥ずかしいな(笑)
e0365419_9595922.jpg







[PR]
Commented by tz at 2017-09-29 02:38 x
ここは新しくてお洒落ですね!
紅茶はマリアージュフレールを推してるんですね。マリアージュフレールのショップって、本店を模してる木目調のイメージがあるんですが、
ここは期間限定扱いなんでしょうか。でもちゃんとした看板出てるから常設店?
まあどちらにしても、素敵なショップだと思います!
アトリウムも素敵ですね。確かに角が丸く処理されてると洗練されて見えます。

ユニコーンは乗っかってもらいたかったです(笑)



Commented by hotelogg at 2017-09-29 09:06
> tzさん

バンコクではTWGが強い気がしますが、差別化の意味でもマリアージュなんでしょうね。
パークHもそうなんで、最近営業に力入れているのかも(笑)
本店は木目調なんですね~お店を見た事無かったです。
こちらのホテルは、明らかにMフレージュのラベルデザインをアクセサリー感覚で採用していますね。
でも素敵です^^
意外に客室数も多いし、地元資本にしてはお金と手間かけているなーといった印象でした。

ユニコーン、別に知り合いが見ているわけでもないんだから乗れば良かったです(笑)
Commented by tkn at 2017-10-09 20:09 x
インテリアの造り込みすごいですね!
若干てんこ盛り感否めないですが、
テンション上がって面白そうです^^

マリアージュフレールと資本提携?でもしているんでしょうか?他ブランドの世界観をそのままホテル空間に取り入れられるのはいい施策ですね〜。
個人的にはマリアージュフレールってよりラデュレっぽい気もします(笑)

大手ホテルだけではなく、
この手のホテルまで隈なく網羅されていて流石です!!
Commented by hotelogg at 2017-10-09 23:00
> tknさん

タイ人の性質や好みなのか、新旧問わずてんこ盛りなインテリア多い気がします。
私もタクシーを降りた瞬間テンションが上がりました(笑)

紅茶ブランドって、認定サロンのライセンスみたいなものがあるみたいで、
それを持っていれば看板やらショップみたいな演出が出来るんでしょうね。
確かに上手い、ロゴやお茶缶もデザインの魅力的な要素になりますもんね♪
それはスパ・プロダクツなんかと共通している気がします。

マリアージュフレール、お茶缶が黒いので私はもっと渋い店舗なのかと思っていました。
サリルのこちらはTWGっぽい空間だなと…
でもこちらのロビーやパブリックエリアはラデュレっぽいなと思いました^^

パークに泊まると、余所の大手とどうしても比べてしまうし、
もう気になるところは無いという程泊まり歩いたので…
地元資本なのに、こんなデザインのホテルが出来てしまうところがバンコクの凄いところですね♪
by hotelogg | 2017-09-28 09:00 | 2017年9月 香港・バンコク | Comments(4)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31