パークハイアット杭州 夜の客室

こちらのホテル、夜の客室も美しかったのでアングルは同じですが画像を載せます。そして、前回書き忘れた事なども・・・


リバービューキング

e0365419_20101666.jpg




e0365419_20102914.jpg




e0365419_2013237.jpg




e0365419_20134732.jpg




e0365419_2013347.jpg




e0365419_20142760.jpg




e0365419_20143834.jpg




e0365419_20144763.jpg




e0365419_20145654.jpg




e0365419_2015580.jpg




ウェルカムフルーツは小みかんでした。
毎日部屋を替えたせいか、2日目は置いてありませんでした。3日目は入室後持って来ました。
e0365419_20153836.jpg




部屋からの夜景です。
e0365419_2016041.jpg




e0365419_2016976.jpg




週末だったのでオフィスの灯りが少ないですが・・・(というより、毎日ちょっと虚無感が漂うぐらい外は人が少ないです。)
十分に見応えのある夜景。
e0365419_20163020.jpg




福岡からの直線距離は仙台と同じ位。進む方角が違うだけ、
海を渡るだけで、自分の知らない大都市が存在する様子を体感するだけで刺激的。
e0365419_20164967.jpg




金色に輝くインターコンチネンタル、行くまでは 『ケバッ! ダッサ!!』 と思っていましたが、
風景の良いランドマークやアクセントになっていて、妙なありがたみが(笑)
e0365419_20172882.jpg

ちなみに画像川(橋)向こうに見えるネオン群も、再開発地域です。
初日はあちら側にある新しいシェラトンに宿泊予定でしたが、料金がパークと大差ないので止めました。



中国でいつも感心するのは、高層ビルの外壁自体がモニターのように光る事。
e0365419_20175012.jpg

しかも1つではなく複数、政府機関の建物まで参加しちゃって・・・社会主義なんて信じられませんわ。
いや社会主義だからこそ出来る強引さ・統率力!?


映像は連動していました。パンダに・・・
e0365419_2018153.jpg




ミニーちゃんなどのディズニーキャラクター。(ライセンス取ってる!?)
e0365419_20185024.jpg




花火に・・・
e0365419_20185964.jpg




"我愛中国" 的な映像。昼間は普通の高層ビル、どこに照明を仕込んでいるのでしょう?
e0365419_2019191.jpg

この映像ショー、決まった時間ではなく2日間で全く違う時間に行っていました(20分ぐらい)。
時間がわかれば、地上に出て行って間近で見るのも良さそうです。






デラックスリバービュー
e0365419_20194834.jpg




ターンダウン完了後、天井から床までカーテンが閉められていると空間が引き締まって見えます。
やはり窓がフルハイトって重要です。
e0365419_202034100.jpg

ちなみにターンダウン、1泊目は夜と翌朝のなんと2回!
2泊目は無し(多分ハウスキーパーにゲスト入室認識されてなかったと思われます)
3泊目は夜1回。何も言わないと20時頃がその時間です。

あと気になった事として、部屋・ダイニング共に小バエ(夏場キッチンやバス掃除を怠ると湧いてくるアレ) が居た事です。
真冬なのに何故・・・!? 確かにお部屋内、暖房を付けなくても暖かめでしたが。


やっぱり、パークらしい "モダン・クール" より "美しい" と思います。(小バエから強引に引き戻しますww)
e0365419_20212629.jpg




e0365419_20213674.jpg




e0365419_20214576.jpg




e0365419_20223543.jpg




特にミニバーボックスまわりは、何度見てもうっとり・・・
e0365419_20215629.jpg




e0365419_2022571.jpg




バスルームも、陰影が際立ちさらにドラマチックに。
e0365419_20222349.jpg




e0365419_20225555.jpg



e0365419_2023991.jpg





こちらも、見下ろして撮るから夜景が映りますが、バスタブに浸かるとほとんど空だけ(笑)
e0365419_20231876.jpg




e0365419_20232753.jpg




銭塘江の両岸は、夜になると途切れなく一列の光が。しかも色が変わる・・・
e0365419_20234337.jpg




大陸というのは何でもスケールがデカイです。
e0365419_20235326.jpg


到着から出発まで、4日間のほとんどをホテルで過ごしました。
いつも1泊だけで忙しなく移動するので、どんな気持ちになるだろうと試してみましたが・・・結果として。

・ ビューや部屋タイプに拘り毎日部屋を替えたので相変わらず気持ちは忙しない。
・ といいつつ結構ヒマ。PH広州では使えたLINEやYoutubeは、PH杭州ではやはり無理(政府が規制している)。
・ いくらベッドで横になっても、相変わらず不眠症(何度も目が覚めて疲れが取れていない)
・ 飽きるかなと思ったが、意外に飽きない。あと2~3日は欲しい。

という感想になりました。しかし連泊出来たのも、オフシーズンのお得なレートがあってこそ。
こんなホテルに泊まると、次のホテルへのハードルが上がるというか・・・この値段でこれ以上のクオリティのホテルは無いので困ります。
今年は下半期に集中する、気になるホテルの開業ラッシュ。GWの行先選びに悩んでます。

これにてホテルレポは終了です。あとはおまけの観光が少々続きます。





[PR]
Commented by アリス at 2017-01-30 06:01 x
おはようございます。
部屋からこういうビルの夜景が見えるのは、本当に
得した気分になりますよね。お部屋だけでなく夜の
時間も楽しめますし。

夜の部屋の雰囲気も写真から伝わってきて、泊まっている
気分を味わえました。
素敵なお部屋・・でも毎日部屋をチェンジなんて、
優雅だなあ~まだまだ泊まっていたい気分わかります。
よく眠れなかったのは、辛いですけどね。
Commented by hotelogg at 2017-01-30 16:03
>アリスさん

昔は眺望に拘りはありませんでしたが、差額が少ない場合は積極的に選択するようになりました^^
でもどの都市もですが・・・部屋の電気を消さないと夜景ってあまり見えないんですよね。
電気を付けたり消したり忙しいです(笑)

本当は部屋チェンジ1回のはずが、一泊目が希望の向きが空いておらず
毎泊移動になりました。そちらのほうが飽きずに楽しめた気もしましたが^^
どんな高級ホテルのブランドベッドより、自宅のくたびれたシーツと布団の方が熟睡出来るみたいです(苦笑)
少しずつコツを掴みつつありますが、まだまだ旅先での快眠には慣れませんね。
by hotelogg | 2017-01-27 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(2)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31