パークハイアット杭州のプール


2日目の昼下がり、プールで寛いでみる事にしました。客室専用エレベーターで36階のフィットネスフロアへ。
e0365419_18121553.jpg




扉が開くと・・・あれ? 客室フロアと同じデザイン。しかも表示サインもありません。
e0365419_18122762.jpg




とりあえずそれらしき方向に進んで行くと、受付カウンター。しかし誰も居なければ業務用のPCも置いてありません。
e0365419_18124374.jpg




さらに奥に進むと・・・回廊の隙間から階下にプールが。どうやって行くのよ~!?
e0365419_1813163.jpg

色んな扉を開けてみかしたが、プライベートダイニングがあったり、ジムやロッカーも見当たりません。


後日分かった事なんですが、プールの吹き抜け回廊横に、35階に降りるエレベーターがありました。
この廊下の中ほどに小さなホールがあります。
e0365419_18132210.jpg




スタッフもおらず表示サインも無いのでこれは困ります。
e0365419_18142757.jpg




この日は一旦37階のレセプションに戻り尋ねてみました。
『同フロアのダイニングルーム入口前から下りて下さい』 との事。
e0365419_18144696.jpg




35階に降りるとすぐにプールが見えます、スタッフに案内されロッカールームへ。プール横を通りぬけ・・・
e0365419_1815987.jpg




アプローチが長いですね、照明の関係で黄色く映ってしまいますが
サウナやシャワー・パウダールームが並ぶ真白な総マーブルの廊下を進みます。
e0365419_1815217.jpg




突き当りの角がロッカールーム。センサーバンド式なので操作も楽々♪
ちょっと狭苦しいですが・・・2面が窓で、ここで着替えるのが恥ずかしくなるほどの開放感です(笑)
e0365419_18153471.jpg




プールへ戻る途中にスチームサウナと天井壁からお湯が出るマッサージシャワールーム。
サウナは水のせいでしょうか・・・ちょっと生臭かったです、死んだ水の臭いというか。
e0365419_18154662.jpg




同じ部屋にジャグジー。
e0365419_18155857.jpg




ジェット水流は座面からのみ、お尻に当ててもあまり意味ない気がしますが・・・
窓際で眺めは最高ですが、湯温も低めであまり寛げませんでした。デザイン自体は良いのですが。
e0365419_18161187.jpg




プールに入りました。高い天井、ロビー同様個性的な石目に短冊形の木パネルがメインのディティール。
e0365419_18163180.jpg




シティホテルタイプとしては非常に素敵な造作です。
e0365419_18171596.jpg




真冬だったせいかプールには他のゲストがおらず・・・スタッフが付きっきり。
e0365419_1818846.jpg




中国はゲストが居る以上、常に監視するスタイルのホテルがありますが、ここはその方針のようで・・・視線が気になる(汗)
泳いでる時なんか3人に増えていました。ヒマか(笑)
e0365419_18182490.jpg

ちなみに前回あれ程実感したのに、またスイミングキャップを買うのを忘れていました。
『次回から用意して下さいね』と許してもらいました。水温はなんとか我慢出来る冷たさ、冬でも温水ではありません。


チェアは、プールから一段下がった窓際に張り出したようなデッキに配されておりました。
e0365419_18174910.jpg




この数なら夏場でも完全に埋まる事は無いかな・・・ゆったりした配置で素敵です。
e0365419_18183845.jpg




プールサイドは一番眺めの良い新都心側、この日はどん曇りですが、天気の良い日は日差しが眩しすぎる程でしょう。
e0365419_18185573.jpg




風景を眺めながらのんびり・・・のはずが、プールは冷たいし濡れた体、水着一枚でチェアに寝そべるのも寒いし
なにより天気が・・・やはりいくら素敵なプールでも、真冬は寒々しいですね。スタッフの視線も気になります。
e0365419_1819236.jpg

という事で、楽しみにしていたプールですが20分もしないうちに出ました。3泊して利用したのは1回のみ。


ランタンも沢山置いてあったし、夜のライティングも絶対素敵なんでしょうが、
どうせ泳がないしスタッフとのやりとりが面倒で見学には行きませんでした。
e0365419_18213594.jpg

杭州観光も、こちらのプールも、西湖周辺の新緑が生い茂り、暑過ぎない5~6月梅雨入り前がベストシーズンだと思われます。
本当はその時期に行きたかったんですが、杭州は3連休を絡めないとスケジュール的に厳しいし
その時期は宿泊レートも大幅に上がりそうな予感がしたので、オフシーズン真っ只中の今を選びました。
(ちなみに今5・6月のレートを表示すると約37000円から。おったまげ~)

まぁ、とにかく早く泊まりたかったというのが本音ですが(笑)




[PR]
by hotelogg | 2017-01-23 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(0)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31