パークハイアット杭州の客室レイアウトと眺めを解説

今回の滞在は3泊。2泊をリバービューキング、最終日にデラックスリバービューキングを予約しました。

ヒマだったので、メモとボールペンを持って調べ上げた基準階の部屋割りはこちら(笑)
e0365419_17522677.jpg

番号の前に、階数を足せばそれぞれの部屋番号に(40階+01=4001のように)。
最上級スイートのあるフロアと、フィットネス・プライベートダイニングが入りこむ36階は例外だと思います。

●末尾05がパークスイート。
●末尾11・17・25がデラックスルーム。うち11番がリバービューで少し高め(ツインベッド無し)。
●他の番号がパークキング・ツイン。
うち06~10がリバービューで、リバービューではないデラックスルームより高いです。
●末尾12~16番ですが、高層ビル群の奥に川が見える眺めなので、普通のパークルームなのかリバー ビューなのか不明です。

ちなみに東アジア圏らしく、"4"は排除されております。


私が泊まりたかったのは、Mix-Cモールやラッフルズシティ(建設中)、インターコンチネンタルが見える末尾12~16番の南東側。
e0365419_1755430.jpg

街並みも一番迫力があるし、川も見えるので一番お安いパークルームより約2000円高いリバービューを予約。
レイアウトや広さ、設備はパークルームと同じです。
もう片方の北東側リバービューは、街の景色が少し寂しいので、予約時に
『I would like stay Mix-c and Intercontinental hotel side』 とリクエストしておきました。


まず初日、リクエスト通っているかしらと思ったら・・・Oh! Nooooo!! プアリバービュー・・・
e0365419_1756585.jpg


レセプションに戻りルームチェンジをお願いすると、初日は希望する向きは満室との事。

ちょっと言葉の行き違いで、末尾23番の部屋に一旦案内されたのですが、
こちらと末尾10・18番の部屋はベッドが窓向きで、最下カテゴリーながらビューバスでした。
e0365419_17562670.jpg

『初日はこの部屋にしますか?』 と聞かれましたが、料金的にダウングレードなのでとっさに
元の部屋に戻りますと伝えてしまいましたが・・・1~2日目は雨でビュー指定が意味無いぐらい視界が悪かったので、
初日はここにしておけば、3つの部屋タイプを紹介出来たのに・・・と後悔。

ベッドルームは少し手狭でしたが、部屋の入口を開けるといきなりビューバスが視界に入る楽しいレイアウトだったのに(汗)


しかしスタッフの対応には感心しました、『明日は御希望のお部屋向きをご用意します、何時に移動されますか?』
と聞かれたので、12時と答えると翌日その時間きっかりに電話が掛かって来て、スタッフがルームキーの交換と荷物移動に来てくれました。

逆に3日目、デラックスリバービューの移動は少し不満が残りました。
西湖観光後、13時にホテルへ戻りルームチェンジの旨を伝えると
『今案内出来るのは喫煙ルームのみです、禁煙なら1時間後』 と言われました。
前の部屋で待っているから電話してとお願いするも、14時を過ぎても連絡無し・・・

まぁこちらのチェックイン時間は15時なので強い文句も言えず、15時にこちらから連絡すると
すぐにルームキーを持ってやって来ました。なんだ、忘れたてのね・・・

末尾11~17番の銭塘江と新都心が見える部屋は、ワンフロアに数部屋しかないので、眺めに拘る場合は結構手間取ります。
さらにキング・ツインとベッドのタイプによっても選択が狭まりますしね。

特に角部屋のデラックスリバービュー、おそらく10室程度しかないうえに
禁煙・喫煙で分かれているので、ダメモトのアーリーチェックインは厳しそう。



最後にもう一度おさらいです。

末尾25・26・01~05方面の眺め。(いちばん魅力の無い眺め) パークラウンジの1辺もこの眺め。
e0365419_1804629.jpg




末尾18~25方面の眺め。杭州の中心街や西湖が見えますが、距離があるので空がクリアでないとよく見えず
また景観条例のせいか高い建物が少なく迫力はありません。パークラウンジのもう1辺もこの眺め。
e0365419_181974.jpg




末尾05~11方面、壮大なリバービューですが私は追加料金を払う程の魅力は感じません。
e0365419_1813235.jpg




末尾11~17方面が、1番見応えがあると思いますが・・・皆さんはいかが思いますか??
e0365419_181515.jpg




ちなみに末尾16~18番は、隣接するオフィス棟が迫っているので平日は視線が気になるところ。
e0365419_18161530.jpg

それさえ気にならなければ、末尾17番のデラックスルームなんて角部屋だし広いしビューバスだし
正面は新都心ビューだし、その割には安いし。次回はここと、末尾23番指定かな・・・


公式HPは未だに画像が一切掲載されていないし(開業して4ヶ月経つのにどういう事!?)

画像中心の私のブログ、SNS全盛の今はどんな最新ホテルでもすぐに体験画像で溢れかえる今
(中国のホテルならPictaramとCtripの感想欄を見れば、もうトリップアドバイザーの投稿よりずっと早くて画像が多いです。)
画像だけならその早さ・情報量では存在意義が無くなってしまいます。

さらにYoutubeの動画だと、十数時間かけて作成する宿泊レポが、数分で済んでしまいますしね・・・



という事で、こういう詳しいレポートこそ今のホテル宿泊ブログの存在意義なのではないかと思い
今回は頑張って作成して見ました、でも疲れた(笑)

チェックアウトの際も 『眺めはいかがでしたか?』 と聞かれて・・・
多分フロントスタッフの間で 『えらい部屋向きに拘る日本人がいる』 と噂になっていた事でしょう(汗)

※あくまでも個人での調査によるものですので、リクエストの際はご注意下さい。





[PR]
Commented by Peco at 2017-01-21 22:31 x
こんにちは。そんなにお時間使ってブログ作成されているんですね。
室内も景色も、様々な角度から写した画像はどれも興味深く、いつも楽しく拝見しています。
でもずっとブログを続けて頂きたいので無理はなさらないようにして下さいね。
Commented by tz at 2017-01-22 01:48 x
末尾11~17の景色は他の方向よりも確かに風景のバランスが良くて、見応えがあると思いました。

都市部のホテルに宿泊した時は、個人的には超高層のオフィスビルやホテルが程よい距離の視界に入ってて欲しいな~と思います。

Ctripのレビュー欄の画像は、トリップアドバイザーよりもササッと見れるのでなかなか便利ですよね。
Commented by hotelogg at 2017-01-23 00:00
>pecoさん

私自身、ホテルに泊まる前の検索で投稿画像を参考にする事が多いんですが、
どんな部屋名なのか、レイアウトなのか説明の無いものがほとんどでヤキモキするので、
少しはお役に立てるように頑張っております^^ 疲れますがこれは楽しんでやってるので止めませんよ(笑)
どちらかといえば食事・観光レボの方が面倒です…(汗)固有名詞や歴史・食材など色々調べ物が多くなるので〜
Commented by hotelogg at 2017-01-23 00:09
>tzさん

近過ぎてもダメだし遠過ぎても寂しいし…でもPHはその辺は調査済みの上出店していますよね。
逆にマンダリンオリエンタル(東京除く)は、あまり眺望にこだわっていない印象です。

Ctripのレビュー投稿、今まで下までスクロールした事なくて最近気付いたんですが
投稿の早さ多さが凄いスピードですね! 
トリップアドバイザー、最近投稿画像がすぐフリーズするので乗り換え気味。
あと中国の大衆点評も文章は読めなくても、グルメ投稿画像が多く役に立ちました。
とにかく利用者が多いという事は情報も早いんだなと、大陸の凄さを実感します(笑)
by hotelogg | 2017-01-21 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(4)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31