パークハイアット杭州のデラックスリバービュールーム

最終泊は角部屋の 『デラックス リバービュー(63㎡)』 に移動。末尾11番のお部屋です。

扉を開けると廊下、入口付近は部屋割り上デッドスペースになるみたいです。
e0365419_10484826.jpg




角を曲がると、またまた長めの廊下。
e0365419_104901.jpg




右手にウォークインクローゼット。パークルームの2倍程あり、身支度も楽々♪
e0365419_10492432.jpg




どの部屋も大きなミラー付です。
e0365419_1050096.jpg




廊下を出ると・・・明るいコーナールームです。
e0365419_10502885.jpg




ただ窓がフルハイトでない上に、構造上仕方がない躯体柱が窓の角に。
e0365419_10512334.jpg




その柱も飾り棚やアート、ミラーなどで装飾していないし、窓際のテレビもハイアットお得意の独立スタンドタイプなので、
内側から眺めるとすごく締まりが無い。オフィスビルを成り行きで改装したホテルみたい。
e0365419_10533220.jpg




画像で初めて見た時、『デラックスルーム無いわ〜』 と思っていましたが、予約した理由はビューバス付だという事。
e0365419_1052293.jpg




ただ実際その空間に居ると、パークルームに比べ窓が多いし、少し広くなったし、
レイアウトが普通と違って楽しく、ダテにワンランク上のカテゴリーじゃないわと実感。
e0365419_10523030.jpg

柱が無くてソファセットが置いてあれば・・・スイートなんて予約する必要が無いぐらい。


見た目は素敵な1人掛けソファチェア、座ると柱ビューだし、横の眺めは迫力の無いリバービューだしで1度も利用せず。
e0365419_105306.jpg




43階と高層なうえに窓は腰壁があるので、ベッドやチェアに居ても意外に街の風景が見えないです。この部屋なら低層階が良いのかも。
e0365419_10554152.jpg




眺めは、長手方向が前日と同じ新都心ビュー。
e0365419_1056599.jpg




短手方向は銭塘江ビュー。
e0365419_10562622.jpg




川の対岸にもこちら側のような再開発地区が2つもあります。本当に中国、気が遠くなる程の開発っぷり。
e0365419_1056423.jpg




設備・アメニティはパークルームと同じです。よく見ると、デスクの脚もアシンメトリーデザイン。
e0365419_10572138.jpg




寂しい窓際のデザインに対し、内側は表情豊かです。
e0365419_10575541.jpg




ミニバーボックスはベッド横に、なんとも美しい並びでございます。
e0365419_10581122.jpg




バスルームは、両開き引戸の開放的な入口。
e0365419_10582936.jpg




e0365419_1059103.jpg




e0365419_10593671.jpg




芸が細かいというか・・・引手までアシンメトリー。引手が重い割に細いので
指に食い込んで機能的では無いのですが、まぁ長期滞在するわけでは無いのでデザインを楽しみます♪
e0365419_10595164.jpg




パークルームに比べて随分と広くなった洗面スペース。美しい洗面台を、ベッドルームから見渡せるというのも良いですね^^
e0365419_1102113.jpg

それにしても脚が細い・・・もしかすると、天板は壁の方で支えているかもしれません。荷重凄そうだし。



ミラーにもベッドが映って・・・ふとした瞬間に気分が上がります♪
e0365419_112299.jpg




眺めは気にしなかったとしても、やはりビューバスは素敵です。
e0365419_1125370.jpg




空間に奥行きや豊かさが生まれますよね。
e0365419_1131636.jpg




e0365419_1141959.jpg




この部屋では夜と翌朝、2回バスタイムを楽しみました。
e0365419_1142952.jpg




パークHのトイレは何処も入口付近に独立して配されるのですが、この部屋はバス・シャワーブースと反対側に。
e0365419_1123869.jpg




パークルームより少し広くなっています。
e0365419_1162499.jpg




こちらのお部屋は素泊まり返金無しで約25000円。
最初は期待していなかった部屋でしたが、いざ宿泊してみると・・・もうパークルームには戻れないと思う程気に入りました♪
e0365419_1165181.jpg

リバービューでなければ、パークルームに少し上乗せすれば予約出来るので(リバービューのパークルームより安い)
レイアウトを楽しみたい方にはこちらがお勧めです。



最終日の朝食は、前日モール内で買ったパンで軽く済まし、
チェックアウト前にハンバーガー(170元)と、朝食ブッフェで感動したオレンジジュース(55元)をルームサービスでいただきました。
e0365419_1174286.jpg

自分でテーブルを窓際に動かして、眺めを堪能しながら食事します。


トッピングはチーズ以外別皿で。全載せも追加無しで可能ですが、目玉焼きだけ抜いてオーダーしました。
e0365419_118145.jpg

ハンバーガーは何処のホテルでも外さないですよね。ボリュームたっぷり、ポテトも盛り盛り、ディップも無駄に沢山入ってます(笑)
特にこちらのフレンチフライ、カットが大きく量も大くてお腹パンパンになりました。




[PR]
by hotelogg | 2017-01-20 09:00 | 2017年1月 杭州 | Comments(0)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31