BTSに乗ってアーリーまでやってきました。

e0365419_14493576.jpg




今回は、場所を気にせず気になったお店の料理を食べ歩こうという計画。

e0365419_14493542.jpg



既出の飲茶店も含め参考にさせていただいたのは、
続・Weekender Bangkok” というブログ。

情報量が多く説明も丁寧で、最近のバックナンバーを読むだけで、バンコクの食事の予定がすぐに埋まってしまいそう。


駅からほど近い、『
Ongtong Khaosoi』へやってきました。チェンマイにあるカオソーイが有名なお店らしいです。

e0365419_14493513.jpg




小さな店内は、15時過ぎという中途半端な時間にもかかわらず、
お客さんが次々にやってきます。2階席もある模様。

e0365419_14493443.jpg


ちなみにスタッフの愛想は良くないです
()

頼んだ事はやってくれますが無表情、地元客にも同じだったのでローカル仕様なんでしょう。


メニューは鶏・豚・牛から選べるカオソーイの他に、汁無しカオソーイもあります。

e0365419_14493564.jpg

価格はローカルエリアにしてはお高めですが、常に満席なのを見るとそれでも納得のお味という事でしょう。

テーブルにあるマークシートに印を付けて店員に渡します。


ドリンクはレモングラス・パンダンティー(35B) パンダンの香ばしさが少々くどかった・・・
甘いコーン茶を飲んでいる感じといいましょうか。

e0365419_14493483.jpg




『カオソーイ
ムー() 79B』です。美味しそう~♪

e0365419_14493465.jpg




薄切りの豚肉がたっぷり。麺は相変わらずブツブツ切れたものがちょこっと。

具材と麺、どちらが主役なのかわかりませんが、カオソーイは何処でも麺少なめです。おやつや間食向け。

e0365419_14493512.jpg


スパイシーでクリーミーなカレースープですが、

ココナツミルクのせいでしょうか? 後口にはほんのりとした甘味も。


わたくしカオーソーイ経験が少ないので・・・

美味しいけれどわざわざアーリーまで行く美味しさかどうかは判断しかねますが、

綺麗な店内、ローカルに人気のお店で本場チェンマイのカオソーイという話題性はありますね^^




次に、アーリーからやっとこタクシーを拾い川向こうのウォンウェンヤイへ。


ちょっと離れているので高速を使いましたが、チャオプラヤ川を渡ってからが大渋滞。

1時間程度、250Bもかかってしまいました・・・

e0365419_14584557.jpg




BTSウォンウェンヤイからも徒歩15~20分かかりそうな、

外国人など1人も歩いていないどローカル地区にあるパッタイのお店『Pad Thai Narok Taek』にやってきました。

e0365419_14584462.jpg

調理は歩道で。かなりの人気店なので、ここだけテイクアウト待ちの人だかりが出来ています。



カウボーイハットを被ったオーナーが、勢いよくパッタイを炒めています。

e0365419_15005872.jpg





e0365419_14584476.jpg




店先にあるメニューから選んで(タイ語オンリーだけど)、横のテーブルのスタッフにお金を支払い

テイクアウト or 店内食事を伝える仕組みだと思います。

e0365419_14584435.jpg





店員が全然構ってくれないので
(ここもどローカル仕様) 私はジェスチャーで注文・後払いしました。

e0365419_14584521.jpg




十数席程度の素朴な店内です。

e0365419_14584469.jpg


パッタイを炒めるのはオーナー1
人なので、1度に作れる量は決まっています。

そして、店内客より多いテイクアウトの注文・・・



注文を受けたかどうかもわからない混雑した店内と忙しないスタッフ。

料理が運ばれるまでにかなり待つそうで、色々不安だわ~

e0365419_14584550.jpg




と思っていたら、10分ほどでちゃんと運ばれて来ました。
大きめの海老が2つ添えられた『スペシャルパッタイ(95B)』です。美味しそう~バナナの葉っぱが雰囲気ありますね!

e0365419_15035333.jpg




薄焼き卵を破ると・・・もうなにがなんだかわからない
() パッタイも、店によっては麺少なめですよね。

e0365419_15035361.jpg


一口目は辛いと思いましたが、慣れてくるとズバリ一言『濃い』。

美味しいとかマズいとかではなく、味付けが濃いです。それでも大人気なのは、ローカル好みの味付けなんでしょうね。


私が代表するのもなんですが、日本人ならパッタイ・ティップサマイの方がお口に合うでしょう。

都心に支店も出来て、アクセスも容易ですし。


正直、タクシーで市内中心部から往復1000円近くかけて来るのは時間の無駄。

このあたりの雰囲気を楽しみたい方、そう離れていないワットパクナム観光のついでに良ければという感想です。




夕暮れ時、やっと拾ったタクシーもまた渋滞にハマりました・・・

e0365419_15040077.jpg



途中で降りて、BTSウォンウェンヤイ駅へ歩いて向かいました。

e0365419_15040150.jpg




夕焼けが綺麗・・・2日目にしてもう帰国、あっという間だったわ。

e0365419_15040104.jpg





ウォルドーフ・アストリアのスタッフは、『深夜のフライトなら、22時までにスパのサウナをぜひご利用下さい』
と、
大変親切な説明があったのですが・・・

フライトまでは、いつものチョンノンシー路地裏水シャワーサウナへ。

e0365419_15040100.jpg

今回は久々の惨敗・・・2015~16年のスランプを思い出します。
(スポーツ選手かww)

終わりがダメなら全てダメと思うぐらい帰国後もモヤモヤ・・・リスキーだわ。



予想外の、深夜の大渋滞に焦りながらスワンナプーム到着。

もちろん機内食は出ないので、恒例のマンツリでのガイヤーン♪

e0365419_15040045.jpg



免税店に
HARRNのコーナーもあったので、人気のハンドクリームも購入しました。

お値段は755B。市内だと790Bなので免税の旨味少なめ・・・

e0365419_15111555.jpg


以前エンポリで買ったら15%オフだったので、時期によっては市内購入の方がお得かも。


しかし大体この手のお店は、巨大モールやデパートの上層階の奥にある事が多いので、

搭乗時間待ちにサクっと買えるのが便利ですね^^


青い容器のシンボポゴンシリーズは、レモングラスの香り強めで、

塗った瞬間タイのホテルやスパに居る気分に・・・(うっとり)

伸びが良くベタつかないので、私は顔にも塗ります~お風呂上りに塗って寝ると、翌朝しっとりサラサラ肌に。


これにて今回
今年の旅行記は終了です、次回は来年の正月明け連休後の予定です。

今年も1年、お読み下さりありがとうございました^^





.


[PR]
# by hotelogg | 2018-12-14 09:00 | 2018年11月 バンコク | Comments(0)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31