外観が非常に興味をそそられる、シンガポールのアンダーズですが、
オープンは2017年レイトサマーと表示されているので、9月頃になりそうです。
e0365419_13144723.jpg

敬老の日三連休に間に合うかしら? と思っていると、オープンしたとしてもその期間はF1シンガポールGPと丸被りで
高級ホテルは何処も通常の2倍ぐらいの宿泊料金。

10月体育の日の三連休は、中国の中秋節・国慶節がまさかのドッキングで不安・・・
11月は長期出張確定だし、その時期あたりから本当に雨が多くなるのでタイミングが気になります。


間もなく開業なのに画像は少なめ、公式HPからはダイニングの画像しか表示されません。
e0365419_1320779.jpg

大変注目の高かった東京からもう3年も経つんですね・・・

アンダーズ東京のおかげで、日本人はラグジュアリークラスのホテルブランドと思う方も多いと思いますが、
シンガポールの画像を見ると結構シンプル。欧米では最高級というより、ライフスタイル系高級ホテルという位置付けなので納得です。
外観が強烈だけに、内部もさぞ♪ と勝手に期待してしまいました。


客室もなんとか探し出しました。なるほど〜こういうテイストですか、東京に少し似ている気もしますね。
e0365419_13213412.jpg

バスルームやクローゼットは、部屋の両側からアクセス出来るみたいです。
ハイアット、こういうレイアウトたまに採用しますね。グラハイ広州やクアラルンプール等。


バスルームを見ると、他所の大手みたいにコンサバ&コピー・ペーストなデザインでは無くオシャレで素敵ですが・・・
ちょっとトレンドに寄り過ぎてないかな〜? 館内全体で見られる、レトロモダンな照明は好きです♪
e0365419_1322882.jpg

こういうテイスト、ちょっといいブティックやカフェのインテリアなら、今ではアジア中の大都市で体験出来ます。
ハイアット、ましてやアンダーズなら見た事が無いエッジの効いたテイストも、少しは体験してみたいものです。

それでもこちらは、入居する複合施設やルーフトッププールも含めた魅力を感じるので、期待してしまいますね^^




アンダーズとほぼ同じ時期、シンガポール2軒目のインターコンチネンタルも開業予定。
場所はダウンタウンから西に少し外れた、ロバートソンキーという地区みたいです。
e0365419_1340297.jpg




最初に客室画像を見て、『この角部屋いいね~♪ 4・5万ぐらいで予約出来るかな?』 と思っていると・・・
e0365419_13423622.jpg




どうやらスイートルームらしいです、残念~(涙)
e0365419_13432382.jpg




スタンダードタイプはこちら、朝食無しで約4万円。高い~せまい~(汗)
e0365419_13444376.jpg

ブギスのインタコはコロニアルテイストなので、モダンな新タコ(笑) との対比はIHGファンには楽しいでしょうね^^



なんでも高いシンガポール、日本からのLCC直行も無く、
バンコクより遠いのに時差は-1時間と、イマイチ気が進まない行き先ですが、
福岡からベトナム航空で、ハノイ1泊して行くと結構お得である事が判明。三連休+1日有休+帰国後即出勤が必要ですが・・・
e0365419_1424459.jpg

ハノイで安くて美味しいフォーやバインミーを堪能し、街の混沌に身を置いてからの最先端都市への移動も楽しいかなと思います♪





[PR]
# by hotelogg | 2017-06-23 09:00 | ホテルトピック | Comments(2)

高級ホテル宿泊記がメインのブログです