2017年もまだ3ヶ月ありますが、今年の旅行は9月のバンコクで終了です。
e0365419_13475782.jpg

あぁ残念!まだまだ旅行したかったんですが・・・仕事の関係上、10月から年内いっぱいまで、カレンダー通りにしか休めないのです。
それ故の、3ヶ月連続旅行だった訳ですが・・・期間が短いと旅行の余韻も短めですね。
来年まで我慢出来るのかしら?不安だわ〜

という事で、かなり早いですが2017年のホテルステイ総括です^^


とにもかくにもパークハイアット

一番好きなブランドなので、新規開業や旅先にあると予約せずにはらいられません。今年はたまたまそれが重なりました。


中国では最新のパークハイアット杭州。
e0365419_10152451.jpg




アジア地区では初めての、ヤブ・プシェルバーグ設計。
e0365419_10154831.jpg




最初は見慣れないデザインに戸惑いましたが・・・慣れると繊細でモダン、美しい造作で大好きになりました。
e0365419_10161430.jpg




中国で他のブランドにありがちな、地方都市だとデザインが手抜きという事も無く・・・
e0365419_10163562.jpg




今のところ、インテリアではシティタイプのパークの中で1番好きかも^^
e0365419_10165118.jpg




よそに比べてレートもお得だし是非リピートしたいですが、杭州まで行くのが大変ですね。
e0365419_101752.jpg






パークハイアット三亜は、インテリア自体はそこまで好きでは無かったものの、
他とは違う独創的な構成と、プライベートビーチの美しさで選びました。
e0365419_1018331.jpg




ビーチリゾートなのにバルコニー無し(笑)
e0365419_10182993.jpg




客室の窓はフルハイトじゃないし・・・
e0365419_10184946.jpg




リゾートのリラックス感皆無の、モダン過ぎるインテリアとエクステリア。
e0365419_1019883.jpg




夜は壁が光るし(笑)
e0365419_10194171.jpg




大自然に舞い降りた、都会のホテルといった感じ?
e0365419_1020214.jpg




そんな常識破りなホテル空間も、中国ならではですね^^
e0365419_10201876.jpg






そしてパークハイアットバンコク。
e0365419_10205153.jpg




3年間待ち続け、開業早々乗り込もうと早めに飛行機を押さえたらまさかの前倒しオープン。
e0365419_10211724.jpg




そして初めての宿泊は狙っていた部屋が満室と、振り回され続けた(というか自分から積極的に振り回されに行ってるw)ホテル。
e0365419_10374371.jpg




e0365419_10274856.jpg




バンコクには、モダンゴージャスやエレガントゴージャスなLuxホテルはあっても、
モダンエレガントなホテルはパークだけでは無いでしょうか?
e0365419_10215677.jpg




e0365419_10222351.jpg




いつもホテル内のダイニングレポは朝食だけですが・・・
こちらは宿泊レポの遅れを補うように、全ての施設を利用しました。
e0365419_10235754.jpg




e0365419_10245166.jpg




特に朝食はお気に入り♪ こちらのものをいただくと、幾ら種類は多くても作り置きの料理がズラリと並ぶ
ホテル朝食ビュッフェに魅力を感じなくなってしまいます。
e0365419_10242617.jpg




とにかく調理が丁寧で盛り付けが美しい、これからも利用したいです。
e0365419_10243894.jpg




先月は無事にリベンジ宿泊も果たせました〜
e0365419_10253478.jpg


私は特定のホテルプログラム上級会員維持の為の修行とか、特典自慢にはあまり興味がありませんが、
パークハイアットだけは特別贔屓しております。

ラグジュアリーだけでなく、アーティスティックでポリシーを感じる空間が好きなのです^^
e0365419_10282473.jpg

バンコクにはまた泊まりたいし、次にアジアで開業するのはどこでしょう・・・?
これからもパークHのステイケーションは続けて行きたいと思います。





やっと訪れる事が出来た三亜

世界中の高級ホテルブランドが目白押し、しかもお得でずっと気になっていた三亜。
香港のすぐ先、日本からは近いのに直行便が無いし情報も少ないので、今まで後回しにして来ました。


エディションの開業が、三亜行きを後押ししてくれました^^
e0365419_10444510.jpg




アジア地区初のエディションは、デザイン・コンセプトがとにかく新鮮♪
e0365419_10455935.jpg




土地とお金、安価な労働力が余りまくっている大陸ならではのダイナミックな空間造り。
e0365419_10495584.jpg

ここだけではなく、ほぼ全てのホテルがこういうスケール感なのは驚き。
そして、ヴィラタイプ以外は全てのラグジュアリーホテルが、2万円台から予約出来るコスパの良さ。



画像を見せると、『ここどこ!? すごい!!』 と必ず言われるこちらのお部屋も朝食付21500円でした♪
e0365419_10525353.jpg




広々としたお部屋に仕切りのない空間、その中に巨大なバスタブが2つも・・・
e0365419_1054314.jpg




ライフスタイルホテルなので、Luxホテル並みに全てが揃っている訳ではありませんが、
とにかくハードの雰囲気作りに感動したホテルでした。
e0365419_10555670.jpg





"東洋のハワイ" と呼ばれる三亜ですが、ビーチが美しい場所は限られております。

その中でもパークハアット三亜のプライベートビーチは、ハワイや東南アジアの離島にも引けを取らない美しさ。
e0365419_10591159.jpg




客室はエディションや、先月開業したばかりのローズウッドなどがお得だし好みですが、
やはりビーチリゾートは海の透明度があってこそ。いやー中国でこんな景色が眺められるとは・・・
e0365419_1113954.jpg




早めに進出したホテルは、割とコンサバな雰囲気のホテルが多いんですが
ここ2・3年は先鋭的なデザインのホテルが増えて来ており、建築・インテリア好きの方にも十分楽しめる環境に。
e0365419_1135559.jpg




三亜もぜひ定期的に訪れたい場所になりましたが・・・内需で十分に潤っており、
街なかや観光スポットは、言葉の面も含めて外国人向けに積極的に整備されていないのが気になるところ。
e0365419_1171658.jpg

本当に滞在中はずっと、『大陸の皆様、お邪魔しますよ~』 といった気分です(笑)
あとはホテル内で、煩かったりマナーの悪い(あちらでは普通)のゲストに遭遇するか否かは運次第。
エディションは〇、パークHは△でしたね。

三亜はとにかく、"情報が少ないなか、全部1人でスケジュールをこなせた" という達成感が凄いです。
移動はタクシー乗っているだけなんですけどね(笑) やはり日本人未開の地は緊張します。

後編に続きます。






[PR]
# by hotelogg | 2017-10-10 09:01 | その他

高級ホテル宿泊記がメインのブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31